スポラノックスジェネリック100mg(イトラコナゾール)

爪水虫の治療薬で、イトラコナゾール(Itraconazole)を主成分としており、体のさまざまな部位の真菌感染症の治療に用いられます。真菌の細胞膜の材料となるエルゴステロールの合成を阻害することで効果を発揮します。

有効成分:Itraconazole(イトラコナゾール)100mg

内容量 40カプセル
獲得ポイント 86ポイント
在庫 入荷待ち
6,552 6,552
同じ有効成分(イトラコナゾール)を含む他の医薬品

商品概要

治りにくい爪水虫にも効果の高いスポラノックスは有効成分としてイトラコナゾール100mgを含有する抗真菌薬です。

本剤はジェネリック医薬品であるため、先発品スポラノックスと同じ成分・効果ですが安価でお買い得です。 真菌はカビの仲間であり、特に水虫(白癬)は白癬菌というカビで起こるかなりメジャーな真菌症です。

白癬菌は足に感染することが多いですが、全身どこでも感染します。足の場合は水虫ですが、その他の部位では爪白癬、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、頭部白癬(しらくも)などと呼ばれています。

皮膚真菌症は白癬菌の他にもカンジダ菌、癜風菌、クリプトコックス、アスペルギルスなどがあります。 スポラノックスジェネリックは抗真菌薬の中でトリアゾール系に属します。

強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを持っているため、白癬菌やカンジダをはじめ様々な真菌に高い殺菌効果を発揮します。

スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは真菌特有の細胞膜の成分であるエルゴステロールの合成を阻害することで真菌の発育を抑制し死滅させます。

エルゴステロールは人間の細胞には存在しないため人間の細胞には影響は無く安全性が高いです。

また、有効成分イトラコナゾールは病巣の移行性が良く貯留性も優れていて効果が長く持続することから様々な真菌症治療に多く使用されていますが、特に爪白癬治療に非常に多く使用されます。

爪白癬は爪の中に真菌が潜んでしまうため治療が長く難しいと言われていますが、スポラノックスジェネリックを使用したパルス療法(短期大量間欠療法)という治療法で完治に導きます。

服用方法

内臓真菌症(深在性真菌症)、深在性皮膚真菌症に対する治療の場合、スポラノックスジェネリックをイトラコナゾールとして通常成人は100~200mgを1日1回食直後に服用します。

表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)に対する治療の場合、スポラノックスジェネリックを通常成人は50~100mgを1日1回食直後に服用します。

どの場合も年齢や症状により適宜増減しますが、1日の最大用量はイトラコナゾール200mgです。 爪白癬のパルス療法を行う場合、スポラノックスジェネリックを通常成人は1回200mgを1日2回食直後に1週間服用し、その後3週間休薬します。

この合計4週間を1サイクルとし、3サイクル繰り返します。 服用終了後も有効成分は爪甲中に長期留まるので、効果判定は爪が伸びる期間を考慮してください。

スポラノックスジェネリックは食事の影響を受けるため、食後すぐに服用してください。空腹時など食後時間が経過してからの服用だと有効成分の吸収が悪くなり、十分な効果を得られなくなります。

指示された期間続けて服用してください。自己判断で安易に中止すると真菌症が再発する可能性が高いです。

副作用・注意事項

スポラノックスジェネリックの副作用は少ないですが胃部不快感、吐き気、腹痛、下痢、発疹、かゆみ、光線過敏、肝機能値の異常などが報告されています。

胃腸症状は軽度であればさほど問題ありませんが、症状が重い場合や皮膚症状が起きた場合やその他何らかの明らかな身体の異常をきたした場合は重大な副作用に繋がる恐れがあるのですぐに受診してください。

滅多に起こりませんが、重大な副作用として重い肝障害、うっ血性心不全、皮膚・粘膜障害、アナフィラキシーショック、間質性肺炎などが報告されているので念のため注意してください。

スポラノックスジェネリックを長期服用する場合は定期的に肝機能や心機能などの検査を受けることを推奨します。 重い肝臓病や妊娠中の方はスポラノックスジェネリックを服用できません。

また、アレルギー体質、肝臓病、腎臓病、心臓病、高齢者の方はスポラノックスジェネリックの服用に慎重な注意が必要です。服用を開始する前に医師に相談してください。

スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは他の薬と相互作用を起こしやすい特徴があり、飲み合わせに注意しなければ薬がたくさんあります。 ピモジド、キニジン、ベプリジル、トリアゾラム、シンバスタチン、アゼルニジピン、ニソルジピン、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、エルゴメトリン、メチルエルゴメトリン、バルデナフィル、エプレレノン、ブロナンセリン、シルデナフィル、タダラフィル、アスナプレビル、バニプレビル、スボレキサント、イブルチニブ、チカグレロル、アリスキレン、ダビガトラン、リバーロキサバン、リオシグアトは併用禁忌です。

また、肝障害、腎障害がある方で痛風やペーチェット病に使用されるコルヒチンを服用している方はスポラノックスジェネリックを服用できません。

抗血液凝固薬のワルファリン、結核治療薬、抗けいれん薬、抗ヒスタミン薬、プロトンポンプ阻害薬、マクロライド系抗菌薬などは併用禁忌ではありませんが慎重な注意が必要です。 何らかの疾患で服薬治療中の方はスポラノックスジェネリックの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

個人輸入

イトラコナゾールの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
医薬品の個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。スポラノックスジェネリックの説明文は各製品の販売国における説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量等が日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。個人輸入医薬品の使用に際しては、ご自身の責任のもと参考までとしていただき、当商品についての詳細は医師にご相談下さいますようお願い致します。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Cipla(シプラ) / 発送国:シンガポール

有効成分

Itraconazole(イトラコナゾール)100mg

内容量

40カプセル

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

スポラノックスジェネリック100mg(イトラコナゾール)の口コミ (0件)

click!! --> modal window open