本日1205人がチェックしました
(9 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

タケプロンジェネリック15mg

胃酸の分泌を強力に抑えることで、胃潰瘍・逆流性食道炎を治療するお薬です。日本では「タケプロン」という薬剤名で販売されていますが、この商品はインドの製薬会社であるインタスファーマが製造するジェネリック医薬品です。日々飲み続ける胃の薬ですので、コストを抑えることができるジェネリック医薬品がおすすめです。

有効成分:Lansoprazole(ランソプラゾール)15mg

内容量 100カプセル
在庫 在庫あり
獲得ポイント 46ポイント

セット数1箱あたり販売価格 
1箱 ¥4,580 ¥4,580
同じ有効成分(ランソプラゾール)を含む他の医薬品

商品詳細

胃酸の分泌を抑制することで、胃潰瘍などの痛みや胸焼けを和らげ、治りを良くする効果がある、「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれるお薬です。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、流動性食道炎などの病気は「胃酸」の分泌と関係が深く、「胃酸分泌のバランス」をコントロールすることでそれらの病気を改善・治療できます。胃酸はたいへんに強力な酸性のため、食べ物の消化および進入した「細菌の殺菌効果」がありますが、何らかの理由で胃酸の働きが必要以上に活発化した場合、胃粘膜を傷つけ、結果として胃炎、十二指腸潰瘍などの症状に悪化します。

有効成分の「ランソプラゾール」は、胃酸の分泌に関与するプロトンポンプに直接作用し、胃酸の分泌をコントロールすることで症状を改善します。

タケプロンはプロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれ、この系統の医薬品は非常に強力に「胃酸の分泌」を抑えます。難治性潰瘍にも効果を発揮するため、胃潰瘍、逆流性食道炎の治療の主要な医薬品です。

発売当初の効能に加え、胃潰瘍の原因菌である「ヘリコバクター・ピロリ」除菌の補助、「非びらん性胃食道逆流症」の治療、それ以外にも鎮痛の「低用量アスピリン療法」や鎮痛薬が原因の胃潰瘍にも効果を発揮するとされています。

※胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの治療にはプロトンポンプ阻害薬の他にも「ヒスタミンH2受容体拮抗薬」というお薬も用いられますが、胃酸分泌の抑制作用はプロトンポンプ阻害薬(タケプロン)ほど強くありません。

タケプロン、胃腸トラブルのよくある質問

●タケプロンジェネリックとはどんなお薬ですか?
胃酸の分泌を抑えて胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎を治療するお薬で、有名なプロトンポンプ阻害剤「タケプロン」のジェネリック医薬品です。

●プロトンポンプ阻害剤とは何ですか?
それまであった胃酸抑制剤のH2ブロッカーよりも胃酸を抑制する効果が高い、新しいタイプの胃酸抑制剤です。

●タケプロンはロキソニンなどの鎮痛剤の服用が原因の胃潰瘍にも効果がありますか?
はい、あります。鎮痛剤による胃潰瘍はたいへん多く、ときにはあまり痛みが出ないのに潰瘍が進行するケースもあるので注意が必要です。

●鎮痛剤による胃潰瘍の予防にも使われるというのは本当ですか?
関節リュウマチなど、鎮痛剤を長期間使用する必要があるときに予防薬として併用されることがあります。ただし鎮痛剤で胃を荒らす体質の人に限られます。

●タケプロンはピロリ菌の除去にも使用されるのですか?
はい、使用されます。胃にピロリ菌が繁殖していると胃潰瘍や胃がんの発症リスクが高くなるので除菌が奨励されています。ピロ菌に除菌にはタケプロンなどのプロトンポンプ阻害剤と2種類の抗生物質(アモキシシリンとクラリスロマイシン)を1週間服用します。

●タケプロンの使用方法は?
胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の地利用には1日1回30mgを服用します。鎮痛剤による胃潰瘍の再発防止や非びらん性胃食道逆流症の治療には1日1回15mgを服用します。

●副作用はありますか?
副作用の少ないお薬ですが、人によって軟便や下痢、頭痛、めまいなどが出ることがあります。

●胃酸過多になる原因は?
胃酸過多の原因はストレスや辛いものや脂こいものの食べすぎなどがありますが、近年注目されているのはピロリ菌が胃の中で繁殖することで、ガストリンという胃酸の分泌を促進するホルモンが過剰に分泌されることです。

●胃酸が食道に逆流するのはどんなときですか?
肥満している人は腹圧が高くなって胃液が食道に逆流しやすくなります。とくにたくさん食べた後すぐに横になると逆流しやすくなります。その他、加齢などによって食道と胃の関門になっている下部食道括約筋の機能が低下すると胃酸が逆流しやすくなります。

●ピロリ菌の除去は健康保険が適用されますか?
胃炎や胃潰瘍などの症状があるときは健康保険が適用されます。

●ピロリ菌は胃がんの原因にもなるのですか?
ピロリ菌の感染による慢性胃炎やから胃潰瘍、萎縮性胃炎になると、胃がんのリスクも高くなります。

効能効果

  • 胃潰瘍
  • ピロリ菌の除菌
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 非びらん性胃食道逆流症

使用方法

[胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍の場合]

  • 通常成人では、1回30mgを1日1回経口服用
  • 胃潰瘍治療、逆流性食道炎に対しては8週間まで、十二指腸潰瘍の場合、6週間までの服用です。

[ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の場合]

[非びらん性胃食道逆流症の場合]

  • 通常、成人では1日1回15mgを服用。
  • 通常4週間までの服用となります。

副作用

  • 発疹、かゆみ、便秘、下痢など
  • 上記は完全な副作用、注意事項のリストではありません。

個人輸入

タケプロンジェネリック 15mgの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Intas Pharma(インタス ファーマ) / 発送国:シンガポール

有効成分

Lansoprazole(ランソプラゾール)15mg

内容量

100カプセル

カスタマーレビュー

9 レビュー | 評価 4.4 / 5
星5つ 44.44%
星4つ 55.56%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

88% のお客様が
この商品をオススメしています

タケプロンジェネリック15mgの口コミ (9件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open