タケプロンジェネリック15mg

胃酸の分泌を強力に抑えることで、胃潰瘍・逆流性食道炎を治療するお薬です。日本では「タケプロン」という薬剤名で販売されていますが、この商品はインドの製薬会社であるインタスファーマが製造するジェネリック医薬品です。日々飲み続ける胃の薬ですので、コストを抑えることができるジェネリック医薬品がおすすめです。

有効成分:Lansoprazole(ランソプラゾール)15mg

内容量 100カプセル
獲得ポイント 46ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 4,580 4,580
2箱 3,090 6,180
3箱 2,527 7,581
同じ有効成分(ランソプラゾール)を含む他の医薬品

商品詳細

タケプロンジェネリック15mgは、胃酸の分泌を抑える効果を持つ、消化性胃潰瘍治療薬です。

「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」という分類のお薬で、有効成分としてランソプラゾール15mgを含有しています。

胃酸分泌の最終過程で働く酵素を抑えることで、強力に胃酸の分泌を遮断するのです。

医療用医薬品でも「タケプロン」として用いられているお薬で、まだまだ医師の処方の多いお薬なのです。

胃酸の分泌を抑える薬剤としては、攻撃因子抑制薬としてプロトンポンプ阻害薬(PPI)、H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、選択的ムスカリン受容体拮抗薬、抗ガストリン薬、抗コリン薬、制酸剤などが代表的です。

これらに加えて、防御因子増強薬としてプロスタグランジン(PG)製剤、粘膜保護剤、抗ドパミン薬などが併用されることもあります。

タケプロンジェネリックはプロトンポンプ阻害薬(PPI)に当たるお薬で、壁細胞のH+分泌の最終段階のプロトンポンプを特異的に阻害して働きます。

同様に胃酸を抑えるH2ブロッカー(ガスター10など)よりも胃酸抑制効果が協力であるので、消化性潰瘍や逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群にも効果があるとされています。 治癒率が高いことも特徴的で、穿孔(胃に穴があく)の危険性の高い、深掘れ型の潰瘍、吐下血のある出血性潰瘍、H2ブロッカー抵抗性潰瘍では、第一選択となるお薬なのです。

鎮痛薬の投与によって胃潰瘍や十二指腸潰瘍が再発する可能性のある方にも、適応を持っている薬剤です。 一方で、効果が強力であるため、投与制限も設けられている薬剤です。

保険では胃潰瘍で8週間、十二指腸潰瘍で6週間の投与制限があるので、これらを超える場合には医師の診察を受けるようにしてください。

タケプロン、胃腸トラブルのよくある質問

●タケプロンジェネリックとはどんなお薬ですか?
胃酸の分泌を抑えて胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎を治療するお薬で、有名なプロトンポンプ阻害剤「タケプロン」のジェネリック医薬品です。

●プロトンポンプ阻害剤とは何ですか?
それまであった胃酸抑制剤のH2ブロッカーよりも胃酸を抑制する効果が高い、新しいタイプの胃酸抑制剤です。

●タケプロンはロキソニンなどの鎮痛剤の服用が原因の胃潰瘍にも効果がありますか?
はい、あります。鎮痛剤による胃潰瘍はたいへん多く、ときにはあまり痛みが出ないのに潰瘍が進行するケースもあるので注意が必要です。

●鎮痛剤による胃潰瘍の予防にも使われるというのは本当ですか?
関節リュウマチなど、鎮痛剤を長期間使用する必要があるときに予防薬として併用されることがあります。ただし鎮痛剤で胃を荒らす体質の人に限られます。

●タケプロンはピロリ菌の除去にも使用されるのですか?
はい、使用されます。胃にピロリ菌が繁殖していると胃潰瘍や胃がんの発症リスクが高くなるので除菌が奨励されています。ピロ菌に除菌にはタケプロンなどのプロトンポンプ阻害剤と2種類の抗生物質(アモキシシリンとクラリスロマイシン)を1週間服用します。

●タケプロンの使用方法は?
胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の地利用には1日1回30mgを服用します。鎮痛剤による胃潰瘍の再発防止や非びらん性胃食道逆流症の治療には1日1回15mgを服用します。

●副作用はありますか?
副作用の少ないお薬ですが、人によって軟便や下痢、頭痛、めまいなどが出ることがあります。

●胃酸過多になる原因は?
胃酸過多の原因はストレスや辛いものや脂こいものの食べすぎなどがありますが、近年注目されているのはピロリ菌が胃の中で繁殖することで、ガストリンという胃酸の分泌を促進するホルモンが過剰に分泌されることです。

●胃酸が食道に逆流するのはどんなときですか?
肥満している人は腹圧が高くなって胃液が食道に逆流しやすくなります。とくにたくさん食べた後すぐに横になると逆流しやすくなります。その他、加齢などによって食道と胃の関門になっている下部食道括約筋の機能が低下すると胃酸が逆流しやすくなります。

●ピロリ菌の除去は健康保険が適用されますか?
胃炎や胃潰瘍などの症状があるときは健康保険が適用されます。

●ピロリ菌は胃がんの原因にもなるのですか?
ピロリ菌の感染による慢性胃炎やから胃潰瘍、萎縮性胃炎になると、胃がんのリスクも高くなります。

使用方法

本剤の用法用量は、下記の通りです。

  1. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群の場合: ランソプラゾールとして1回30mgを1日1回経口投与する。 なお、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間までの投与、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする
  2. 逆流性食道炎の場合: ランソプラゾールとして1回30mgを1日1回経口投与し、なお、8週間までの投与とする・ 再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回15mgを1日1回経口投与するが、効果不十分の場合は、1日1回30mgまで増量を可能とする。
  3. 非糜爛性胃食道逆流症の場合: ランソプラゾールとして1回15mgを1日1回経口投与し、4週間までの投与とする。
  4. 低用量アスピリンまたはNSAIDs投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の場合: ランソプラゾールとして1回15mgを1日1回経口投与する。
  5. ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の場合: ランソプラゾールとして1回30mg、アモキシシリン水和物として1回750mg及びクラリスロマイシンとして1回200mg(400mgまで適宜増減も可能)の3剤を1日2回、7日間経口投与する。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。

副作用

副作用としては「軟便、下痢、大腸炎、血便、便秘、悪心、発疹、味覚異常、胃食道逆流、ALT・AST上昇」などが報告されています。

特に、重大な副作用としては「血小板減少、貧血、顆粒球減少、アナフィラキシー、全身発疹、顔面浮腫、呼吸困難、ショック」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

禁忌は「本剤の成分に対する過敏症の既往歴のある患者、アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の患者」とされています。

テオフィリン、タクロリムス水和物、ジゴキシン、メチルジゴキシン、イトラコナゾール、ゲフィチニブ、メトトレキサート、ジアゼパム、フェニトインを服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので、服用する際には医師に相談をするようにして下さい。 (ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。)

このお薬では、動物試験(ラット)において胎児血漿中濃度は母動物の血漿中濃度より高いことが認められています。

妊娠又は妊娠している可能性のある婦人に対しての投与においては、医師の判断を仰ぐようにして下さい。 授乳婦についても、成分が母乳に移行する可能性があるので、授乳を控えるようにして下さい。

個人輸入

タケプロンジェネリック 15mgの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Intas Pharma(インタス ファーマ) / 発送国:シンガポール

有効成分

Lansoprazole(ランソプラゾール)15mg

内容量

100カプセル

カスタマーレビュー

9 レビュー | 評価 4.4 / 5
星5つ 44.44%
星4つ 55.56%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

88% のお客様が
この商品をオススメしています

タケプロンジェネリック15mgの口コミ (9件)

click!! --> modal window open