ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック150mg

【カンジダ治療薬1番人気!】ダイフルカンジェネリックはインドのシプラ社が販売しているカンジダ症の真菌症治療薬です。主成分であるフルコナゾールはカンジダ症治療に最も効果的とされ、病院で処方されるお薬のジェネリックです。

有効成分:Fluconazole(フルコナゾール)150mg

内容量 15錠
獲得ポイント 38ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 3,402 3,402
3,780
2箱 2,196 4,392
4,880
3箱 1,854 5,562
6,180
5箱 1,617 8,085
8,980
7箱 1,502 10,514
11,676
10箱 1,286 12,860
14,280
同じ有効成分(フルコナゾール)を含む他の医薬品

商品詳細

カンジダ治療薬ダイフルカン(ジフルカン)のNo.1ジェネリック!もう悩まないでください!

ダイフルカンジェネリックの主成分はフルコナゾールで、アゾール系の抗真菌薬に分類されており、様々な疾患に使用され、特に女性の膣カンジダ症に多く使用されています。

ダイフルカンジェネリックは、日本でも保険適用のあるジフルカンカプセルのジェネリック医薬品として、世界各国に販売されている医薬品です。

※ダイフルカンとジフルカンは全く同じ成分のお薬で、Diflucanを日本に訳した場合、ダイフルカン、またはジフルカンと発音するだけの違いです。

カンジダ菌は女性の膣内において、普段は悪さをしない常在菌として存在しているのですが、疲労やストレス・睡眠不足や風邪などによって抵抗力が弱まった状態になってしまうと異常に増殖してしまい、膣炎や外陰膣炎を引き起こしてしまうのです。

そのような症状を起こしてしまうと、膣分泌液の量が低下してしまい、性交渉時に痛みを伴ってしまうこともありますので、女性の悩みの種のひとつにもなっています。

そのような症状に対してダイフルカンジェネリックを服用すると、炎症が改善され膣内の健康状態が良くなるので、膣分泌液の量が正常化され、膣内部を潤滑に潤わせることができ、結果的に性交痛の軽減が期待されると言われています。

このような効果があるため女性版のバイアグラとも呼ばれ、不感症に対する効果を求めて服用されている女性が増えてきています。

女性で不感症でお悩みの方や性行為時の感度を高めたい方は女性用バイアグラ(ラブグラ)が検討できます。

ちなみに真菌とはカビの一種であり、自然界や人・動物の体内に幅広く存在していますが、人の体には免疫というものがあり、真菌が体内に存在していても、その免疫力によって普段は真菌の増殖が抑えられた状態が保たれています。

しかしながら免疫力低下によって真菌が異常に増殖することで、まれに人体にとって重大な機能損失をもたらすこともあり、早期発見・早期治療が必要になることもあるのです。

カンジダ症とは

カンジダ症はカンジダという真菌(カビの一種)の感染によって炎症や痛みなどの様々な症状が引き起こされる疾患で、水虫の次にメジャーな真菌感染症です。

カンジダ菌は健康な人の皮膚や粘膜にも常日頃存在している常在菌で、普段は身体に何の影響もありません。 何らかの要因によってカンジダ菌が異常増殖するとカンジダ症を発症します。

主な原因は体調不良による免疫力低下で、その他にもホルモンバランスの変化、ストレス、糖尿病、ステロイド剤の長期使用、抗生物質の使用による常在菌バランスの変化などが挙げられます。

カンジダ症は誰もが発症する可能性を持っています。 特に発生頻度が高く有名なのが腟カンジダです。膣カンジダ症はカンジダ菌による腟炎で、主な症状は外陰部のかゆみや痛み・多量のおりもの・性交痛などです。

膣カンジダを発症すると、治癒しても再発を繰り返しやすいので、薬でしっかり治すことが大切です。 膣カンジダは性感染、蒸れやすい下着、陰部の洗いすぎなどの要因でも発症するので注意が必要です。

その他にもカンジダ症は口腔カンジダや食道カンジダなど様々な部位で起こります。特に高齢者など身体が弱っている方は発症しやすいので注意してください。

ダイフルカンの成分フルコナゾールについて

フルコナゾールは抗真菌薬に分類され、主にカンジダ症(膣炎)に用いられるお薬です。日本では「ジフルカン」という薬剤名で1989年より販売されている歴史のあるお薬です。

十数個のジェネリック医薬品も開発されており、錠剤以外にカプセル剤やドライシロップ、点滴静注といった剤形が展開されています。フルコナゾールは小児だけではなく、新生児から服用できるのも特徴のひとつです。

またフルコナゾールはカンジダ症以外に、小児に多いクリプトコッカス症にも適応があります。

カンジダは細菌ではなく真菌(カビ)に分類され、単細胞である細菌に比べて、多細胞である真菌は大きいのが特徴です。

フルコナゾールは真菌の細胞膜構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌作用を発揮します。1日1回の服用で済み、軽度の膣炎の場合は5日ほど、重度の膣炎の場合は2週間~1ヶ月を目処に服用するのが一般的です。

使用方法

ダイフルカンジェネリックはカンジダ菌による膣炎に対し、通常1日1回150mgを服用します。

食事の影響は受けにくい薬剤ですので食前でも食後でもご自身の都合に合わせて服用してください。

ただし、体内でのリズムを整えるためにも、服用のタイミングは毎日決まった時間にできるように決めておきましょう。

他の真菌症に関しては50mg~400mgまで使用可能ではありますが、上記の症状に対しては150mgと規定があります。

150mgの用量を服用することにより、膣分泌液中のフルコナゾールの濃度が一定に保たれ、膣内の真菌に対して効果を発揮します。

150mg以上服用したとしてもさらなる効果は期待できないうえに、過量投与により錯乱状態などがみられたとの報告もありますので、必ず用法用量は守るようにしてください。

また、フルコナゾールは体内にとどまる時間が長いことでも知られていますので、1日1回を超えての服用は治療域を超え、中毒域に移行する可能性があり、健康被害が出る恐れがありますので絶対にしないようにしてください。

服用後1週間ほど経過しても効果が見られない場合は使用を継続せず、医師の診察を受けるようにしてください。

ダイフルカンジェネリックを他の医薬品と併用する場合、注意すべき薬剤がたくさんありますので、どのような種類であっても自己判断での服用はせずに、主治医もしくは薬剤師に相談するようにしてください。

なかには、併用薬の作用が著しく増強してしまい、心臓発作や昏睡状態、健忘と呼ばれる短期的な記憶障害などが発生してしまう恐れがありますので十分ご注意ください。

また、ダイフルカンジェネリックは腎臓での排泄が主に行われる薬剤でもありますので、もともと腎臓になんらかの疾患をお持ちの方は、ダイフルカンジェネリックが体内に必要以上に長い時間とどまってしまい、副作用の発生頻度が高くなってしまうことが考えられます。

そのような場合は隔日服用といって1日おきに服用したり、場合によっては用量を半分以下に減らすことが望ましいと考えられることもありますので、腎疾患をお持ちの方は必ず主治医に相談のうえ、服用が可能かどうかの指示を受けてください。

また腎臓からの排泄の多い薬剤ではありますが、肝臓での処理も行われますので、肝臓疾患をお持ちの方も血中濃度の上昇には注意が必要です。

健常な成人の方でもまれに血液検査異常や肝機能・腎機能異常などがみられることがありますので、定期的に健康診断などの検査を受けるようにしてください。

ダイフルカンとイトリゾールの違い

ダイフルカンもイトリゾールも共にアゾール系と呼ばれる同系統の抗真菌薬です。 ダイフルカンは有効成分としてフルコナゾール、イトリゾールは有効成分としてイトラコナゾールを含有しています。

作用機序も効果も同じで、真菌特有の細胞膜であるエルゴステロールの合成を阻害することで真菌の成長を抑制して死滅させます。

両者の違いはあまりありませんが、ダイフルカンはカンジダ属とクリプトコッカス属に対して特に強い抗真菌作用を発揮するため、国内ではこれら2種の真菌による感染症治療に適応があります。

一方、イトリゾールは抗真菌スペクトルがダイフルカンより広いです。カンジダやクリプトコッカスの他、マラセチア属やアスペルギルス属などの様々な真菌にも有効であるため、より多くの真菌による感染症治療に適応があります。

また、イトリゾールはうっ血性心不全や肺水腫といった重大な副作用が稀に報告されていますが、ダイフルカンにはありません。そのため適応菌種は狭まるもののダイフルカンのほうが安全性は勝っていると言えます。

ダイフルカン(ジフルカン)と飲み合わせが悪いお薬

ピルを服用中の方は、併用薬にも注意が必要です。主にカンジダ症の治療に用いられるダイフルカンは、有効成分としてフルコナゾールを配合しており、抗真菌作用を有します。

女性に多いカンジダ症は免疫が落ちたときに発症し、女性の5人に1人は罹患したことがある身近な感染症です。

ダイフルカン(フルコナゾール)とピルを同時に服用すると、ピルの効果が強くですぎてしまい思わぬ副作用が現われる可能性があります。これは二つの薬剤が肝臓の同じ代謝酵素によって代謝されるため、同時に服用することで一方が代謝されないことが原因です。

そのため、ピル服用中は、ダイフルカン(フルコナゾール)との併用を控えてください。多くの医療機関ではピルの服用を一旦ストップし、カンジダ症の治療を優先させることが多いようです。

しかし、アフターピルの場合は、ダイフルカンの服用を中止するのが望ましいと言えます。かかりつけ医や専門医に相談の上で、副作用の発現に注意してください。

ダイフルカンを飲めない人

ダイフルカンは抗真菌治療において代表的な薬ですが、服用できないケースがあるため注意が必要です。

まず、妊娠中の方はダイフルカンを服用できません。 また、腎臓病・肝臓病・心臓病・電解質異常・高齢者の方は副作用が現れる可能性が高くなるため服用に慎重な注意が必要であるのと、状態によっては服用できない場合もあるため必ず医師に相談してください。

また、併用禁忌薬があります。 睡眠薬のトリアゾラム(商品名ハルシオ ン)、片頭痛治療薬のエルゴタミン製剤(クリアミン)、安定剤のピモジド(オーラップ)、抗不整脈薬のキニジン、C型肝炎治療薬ねアスナプレビル(スンベプラ)やダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル配合錠(ジメンシー)はダイフルカンと併用してはいけません。

また、他にも禁忌ではないものの飲み合わせに注意が必要な薬が多数あります。 何らかの疾患で薬を服用している方はダイフルカンの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に確認してください。

クリプトコッカス症とダイフルカン

クリプトコッカス症は膣カンジダなどのカンジダ症と同様に真菌感染症の一種です。クリプトコッカス属という真菌の感染によって炎症や痛みなどの症状が引き起こされます。

カンジダ症ほどメジャーな疾患ではありませんが、クリプトコッカス症は命の危険や身体障害に繋がる疾患なので注意が必要です。 クリプトコッカス症は免疫力や体力が低下していると発症しやすい「日和見感染」の一つと考えられています

。正常な状態であれば、身体の免疫システムが勝つため発症しません。  主な感染部位は肺や皮膚で、無症状であることも多いですが、主に咳、痰、胸痛、皮膚の炎症や腫れといった症状が見られます。

怖いのはクリプトコッカスが全身に移行し脳に感染した場合で、倦怠感や疲労感、食欲不振、発熱、頭痛、吐き気、意識障害などの症状の末に視神経・動眼神経・外転神経などの脳神経麻痺、髄膜炎、脳炎に至ることもあるため一刻も早い治療が必要です。

ダイフルカンはクリプトコッカスに対して特に強力な抗真菌作用を発揮するため、クリプトコッカス症の治療に非常に多く使用されています。

ダイフルカンは体内への吸収が良く、肺や髄液まで高濃度で到達することも選択される理由のひとつです。

副作用

ダイフルカンジェネリック単剤での副作用の発生頻度は非常に少ないのが特徴です。

AST(GOT)、ALT(GPT)といった肝機能検査異常が100人に1人ほどの割合で報告されているようですが、それ以外の副作用はあまり気にするほどの発生頻度ではないでしょう。

例えば、吐き気や下痢などの消化器症状がまれに現れることがありますので、服用後そのような症状がみられた際には、気になるようでしたら医療機関を受診するようにしてください。

また頻度不明ではありますが、重大な副作用の報告もごくまれにありますので、万が一全身倦怠感や黄疸、急な発熱や呼吸困難などがみられた際には服用を中止し、ただちに医療機関を受診するようにしてください。

使用・併用禁忌

心疾患をお持ちの方は、ダイフルカンジェネリックと一緒に飲むことのできない心臓系の薬剤が多数ありますので、必ず処方薬を主治医または薬剤師に確認してもらうようにしてください。

最悪の場合、心臓発作などで死に至る恐れがありますので自己判断での服用は絶対にしないでください。

また、不眠症に使われることのあるハルシオン(一般名:トリアゾラム)も禁忌に該当し、一般的に幅広く使われていますので注意してください。

いずれの薬剤におきましても、最近はジェネリック医薬品が幅広く普及しておりますので、服用中の薬剤の商品名が必ずしも注意書きに記載されている薬剤
と一致するとは限りません。

ご自身のみで薬剤名が違うから大丈夫だ、といった安易な判断はせずに、必ず専門家に相談するようにしてください。

また、妊婦および妊娠の可能性のある方や授乳中の方は、催奇形性(胎児に奇形がみられること)および母乳中への移行が確認されていますので、絶対に服用しないでください。

個人輸入

フォルカンの上記説明文は、各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Cipla(シプラ) / 発送国:シンガポール

有効成分

Fluconazole(フルコナゾール)150mg

内容量

15錠

カスタマーレビュー

30 レビュー | 評価 4.6 / 5
星5つ 73.33%
星4つ 16.67%
星3つ 10.00%
星2つ 0%
星1つ 0%

92% のお客様が
この商品をオススメしています

ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック150mgの口コミ (30件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open