クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲル)

クリンダマイシンゲルはにきびの治療薬として有名な、ダラシンのジェネリック医薬品です。同じ有効成分クリンダマイシンを配合し、大人にきびにだけではなく、背中にきびもしっかり治療します。お求め安い価格設定が魅力です。

有効成分:リン酸クリンダマイシン

内容量 15gm
獲得ポイント 33ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 2,880 2,880
3箱 1,293 3,879
5箱 976 4,880
7箱 840 5,880
10箱 728 7,280
同じ有効成分(クリンダマイシン)を含む他の医薬品

商品詳細

クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲルのジェネリック)にきびの原因であるアクネ菌を殺菌する作用をもっているニキビ治療の有名な医薬品クリームです。

アクネ菌を殺菌することで、初期にきびだけではなく、にきび跡にも効果があるとされています。

にきびに悩む方は国内で250万人いると言われ、その患者数は年々増加傾向にあります。にきびの原因は毛穴の詰まりです。

その毛穴の詰まりの原因として、皮脂の過剰分泌やバランスの悪い食事が影響します。他にもストレスや睡眠不足、ホルモンの乱れから皮脂の分泌が過剰になりにきびの原因となってしまいます。

クリンダマイシンゲルはスイスのガルデルマ社が開発・販売しているお薬ですが、国内の皮膚科で処方される佐藤製薬のダラシンTゲルと同じお薬です。

その効果は臨床試験で証明されています。にきび跡に対しては、53%の方が使用後改善したと報告されています。

抗生物質が入ったジェルのため、その使用方法には注意が必要です。長期間塗ることはよくないとされています。長くても1ヶ月以内の使用に留めてください。

白にきびや黒にきびなど、軽度のにきびには2~3日、おでこや生え際にできやすい赤にきびなどの炎症性のにきびには1週間使用してください。ケロイド状のにきびや背中にきびには、2週間ほど使用してください。

特に背中にきびは治りにくく、市販のお薬やクリームでは治療が難しいとされています。クリンダマイシンゲルを正しく使用することで、肌の露出が増える夏場にも背中を隠さなくてもよくなります。

クリンダマイシンゲルの効果

クリンダマイシンゲルは最も有名で最も使用されているニキビ治療外用薬です。

「ダラシンTゲル」という商品名で広く認知されていますが、クリンダマイシンゲルはダラシンTゲルのジェネリック医薬品です。同成分・効能でありながら安価でお買い得です。

有効成分クリンダマイシンはリンコマイシン系と呼ばれる抗生物質です。細菌の生命活動において必須であるタンパク質合成を阻害することで細菌の増殖を抑制します。

ニキビの原因菌である黄色ブドウ球菌やアクネ菌に対して強い抗菌作用を発揮するため、菌による炎症や化膿を鎮めてニキビを治します。

特に軽度~中等度の赤ニキビに有効で、1ヶ月間の使用でおよそ半分の赤ニキビが減少したというデータがあります。 高いニキビ改善効果がありながら副作用もほぼなく安全性の高い薬なので、幅広い年齢層から非常に人気があります。

最近では人気のあまり耐性菌(薬が効かないように変異した菌)の発現が問題視されているため、安易で蔓延的な使用は控えるべきとされています。

ダラシンTゲルとは

ダラシンTゲルは恐らく世界中で最も多く使用されている大人気のニキビ治療外用薬です。

有効成分としてクリンダマイシンを含有しています。 クリンダマイシンはリンコマイシン系と呼ばれる抗生物質です

。体内に侵入した細菌の生命活動に必須である蛋白質の合成を阻害することで、細菌の増殖を抑制して感染による諸症状を改善します。

そのため、ニキビの原因菌である黄色ブドウ球菌やアクネ菌に対して強い抗菌作用を発揮し、菌による炎症や化膿を鎮めてニキビを治癒します。

ダラシンTゲルは特に軽度~中等度の赤ニキビに有効で、高いニキビ改善効果がありながら副作用もほぼなく安全性の高い外用薬です。

広い年齢層から支持されています。 通常、1日2回朝晩の洗顔後に適量を患部(ニキビがある部位)に塗布します。ゲルタイプなので塗りやすくすぐ乾くので便利です。 

臨床実績が非常に多いことから、近年では耐性菌(薬が効かないように変異した菌)の発現が問題視されています。ダラシンTゲルの安易で蔓延的な使用は控えてください。 

クリンダマイシンゲルとディフェリンゲルの違い

クリンダマイシンゲルは「ダラシンTゲル」の薬剤名で有名な、抗生物質を配合したクリームです。

一方のディフェリンゲルは、ピーリング効果を期待した尋常性ざ瘡(にきび)治療剤に分類されるゲル状軟膏です。どちらも医療用医薬品に指定されているため、医師の処方せんが必要です。

ニキビの原因となるアクネ菌に対して、従来は抗菌薬による治療が一般的でした。クリンダマイシンゲルはニキビ治療に汎用される代表的な外用抗生物質です。

一方のディフェリンゲルは、アダパレンという有効成分を配合したニキビ治療専用治療薬として開発され、表皮のターンオーバーを促進することで、目に見えない小さい毛穴のつまりを防ぎ、ニキビの進行を抑える作用を有しています。

国内で2008年に販売された時は画期的なお薬として注目を集め、皮膚科でのニキビ治療においては欠かせない存在となりました。

また、クリンダマイシンゲルとディフェリンゲルを一緒に使用することで、相乗効果が期待されています。

その場合、ディフェリンゲルを塗った後に、クリンダマイシンゲルを塗るのが効果的です。

アクネ菌とニキビの関係

顔にできるニキビの原因となるのは、アクネ菌と呼ばれる細菌です。正しくはプロピオバクテリウム・アクネスというのですが、一般にはアクネ菌という名前で知られています。

アクネ菌は常在菌の一種で、すべての人の皮膚に住み着いている一般的な細菌です。アクネ菌が住み着く場所は、空気の出入りがなく脂肪分が多い場所です。そのため、皮脂が溜まり角栓で塞がれたニキビに入り込んでしまいます。

アクネ菌は常在菌である以上、ゼロにすることはほぼ不可能であり、アクネ菌が好む角栓によって塞がれた毛穴を作らないようにすることが大切です。

ニキビは脂質を分解して毒性のある過酸化脂質を生み出すことで、ニキビの悪化をもたらします。

乾燥などによる肌のバリア機能の低下も、ニキビの悪化の原因となります。また、詰まった毛穴に大量の皮脂分泌が起こる原因として、男性ホルモンが関与していることも分かっています。

男性ホルモンはストレスを感じたときにより多く分泌されることから、ストレスもニキビの大敵と言えます。

男性ホルモンの分泌が多い女性には男性ホルモンの作用を抑制する「抗男性ホルモン(アンドロクール)」が処方されることもあります。

ニキビの種類

一口にニキビと言っても様々なタイプがあります。タイプ別に症状や原因を突き止め、ダラシンゲルの使用を含め適切な治療をほどこすことがニキビを治療する第一歩です。

思春期と呼ばれる10代に多い思春期ニキビは、鼻やおでこのTゾーンにできやすく、皮脂の過剰な分泌や栄養不足・寝不足が原因になることが多いのが特徴です。

20代以上にできる大人ニキビは、頬やあごなどのフェイスラインにできるのが特徴で、治りにくくニキビ後が残りやすいため、潰さずに適切な治療が必要です。

大人ニキビの原因は、肌の乾燥やストレス、生活習慣やホルモンバランスの乱れが影響します。色別で見てみると、ニキビの初期症状として肌表面がプクッと膨れるのが白ニキビです。

この段階で早めにケアすることで症状の進行を抑えることができます。一方の黒ニキビは、皮脂や古い角質によって毛穴が詰まり、コメドとよばれる皮脂の固まりができた状態を言います。

黒ニキビはシミやそばかすになりやすい状態でもあるため、ケアが必要な段階です。炎症を起こしてぷっくりした赤ニキビは痛みを感じることがあり、皮膚科での適切な治療が必要な段階です。

使用方法

  • 洗顔後、清潔なタオルでふき取ってください。
  • にきびの発生部位にクリンダマイシンゲルを薄く塗って下さい。
  • 使用は1日2回までです。
  • 化粧水を塗られている方は、化粧水の後に使用してください。
  • 保湿クリームは、クリンダマイシンゲルを塗った後にご使用ください。
  • 背中にきびには、お風呂のあとに使用してください。
  • 抗生物質が含まれた外用薬のため、1ヶ月以上の長期使用は控えてください。
    • 白にきびや黒にきびなどの軽度のにきび:2~3日程度
    • 生え際やおでこにできやすい赤にきび:1週間程度
    • ケロイド状のにきび:2週間程度
    • 背中にきび:2週間程度
  • 2週間以上使用しても効果が見られない場合は、使用を中止してください。
  • アクネ菌以外の原因で炎症が起こっている可能性があります。
  • また効果が認められても、1ヶ月以上の使用は控えてください。
  • 妊娠中の妊婦さんには使用を控えるのが望ましいとされています。どうしても使用したい場合は自己判断せず、産婦人科医や専門医に相談してください。
  • 授乳中の方はクリンダマイシンゲルの使用を控えてください。
  • 成人の方を対象としたお薬のため、中学生や高校生の使用はお控えください。皮膚科専門医を受診の上でご相談ください。
  • アトピー性皮膚炎の方は、担当医や専門医にご相談の上で使用を検討してください。
  • ビタミン類の摂取はにきびが出来にくい肌を作り出してくれます。ビタミンB2やB6をサプリメントなどで積極的に摂られることをおすすめいたします。

副作用

クリンダマイシンゲルの副作用はほとんどなく、安全性の高い外用薬だと言われています。現存するニキビ治療外用薬(ベピオゲルやディフェリンゲルなど)の中で比べても特に少ないです。

ただし、刺激感・ヒリヒリ感・つっぱり感・かゆみ・痛み・発赤・かぶれなどの皮膚症状が稀に報告されているので、軽度であればさほど心配いりませんが症状が強い場合は使用を中止して早めに皮膚科を受診してください。

全身的な副作用はまずありませんが、有効成分クリンダマイシンを含有する内服薬では過去に副作用として下痢、腹痛、発熱などの症状が報告されているので念のため気に留めておいてください。 

  • クリンダマイシンゲルは飲む抗生物質と同じ薬理作用を持っていますので、便がゆるくなることがございます。
  • 下痢の症状がひどい場合は、使用を中止して医療機関を受診してください。
  • 用法用量を守り正しく使用いただければ、安心して使用いただけるお薬です。
  • 臨床試験ではそう痒(かゆみ)、発赤(赤み)、つっぱり感、パリパリ感などの副作用が報告されていますが、いずでもごく稀な症状です。
  • これらの作用は一過性で、時間の経過と共に消失するのが一般的です。
  • 症状が悪化したり長引いたりした場合は、使用を中止して専門機関を受診してください。
  • 20歳未満の方は使用を控えてください。
  • 他のにきび治療成分が配合された外用剤との併用はお控えください。

使用・併用禁忌

  • リンコマイシン系抗生物質に対し過敏症の方は使用をお控えください。
  • エリスロマイシンを配合したお薬とは使用を控えてください。
  • 抗生物質を飲んで下痢になったり大腸炎になった方は、使用をお控えください。
  • アトピー性皮膚炎の方は、専門医に相談の上で使用を検討してください。
  • 誤って口の中に含んでしまった場合には、水で洗い流してください。
  • 成人のにきびに対して開発された外用剤のため、小児などには使用を控えてください。
  • 小さなお子さんやペットの手の届かない場所で保管してください。

個人輸入

クリンダマイシンゲルの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Galderma(ガルデルマ) / 発送国:シンガポール

有効成分

リン酸クリンダマイシン

内容量

15gm

カスタマーレビュー

8 レビュー | 評価 4.8 / 5
星5つ 75.00%
星4つ 25.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

96% のお客様が
この商品をオススメしています

クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲル)の口コミ (8件)

click!! --> modal window open