チニバ500mg(チニダゾール)

トリコモナス症の治療薬ハイシジンのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながらお安く購入することが可能です。有効成分チニダゾールは抗原虫・抗菌薬であり、主に抗トリコモナス薬として世界中で広く使用されています。

有効成分:チニダゾール500mg

内容量 100錠
獲得ポイント 46ポイント
在庫 残り35個

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 4,880 4,880
2箱 3,690 7,380
3箱 3,293 9,879
同じ有効成分(チニダゾール)を含む他の医薬品

商品概要

※チニバは当ページに表示のブランド商品箱ではなく、「簡易箱」に錠剤シートを同梱してお送りいたします。中身は同メーカーの同じ商品ですのでご安心くださいませ。

チニバは有効成分としてチニダゾール500mgを含有する抗菌薬です。

トリコモナス症の治療薬ハイシジンのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながらお安く購入することが可能です。

有効成分チニダゾールは抗原虫・抗菌薬であり、主に抗トリコモナス薬として世界中で広く使用されています。

トリコモナスとは原虫という単細胞生物で、感染により様々な症状が発現します。一番多いトリコモナス症は性感染症で、膣や尿道、前立腺にトリコモナスが寄生することによって外陰部の痛みや痒み、排尿時の不快感、泡立ったおりもの、悪臭などの不快な症状が発現します。

一般的にはトリコモナス症は女性の性感染症のイメージですが、実際は男性も感染しますのでチニダゾールは女性だけの抗生物質ではありません。

男性は尿と共にトリコモナスが排出されることが多く自覚症状が少ないため、尿道炎と診断されたりであまり知られていません。感染ルートは主に性交ですが、タオルや便器などからの感染も報告されています。

トリコモナスの潜伏期間は個人差があり3日~2週間です。女性は放置すると卵管まで感染が広がり不妊症になる恐れがあり、男性は潜在感染者としてトリコモナスをばらまくことになる恐れがあるのでパートナー同士での早期の発見、チニダゾールやメトロニダゾールによる治療を強く推奨します。

チニダゾールは生物のDNA合成を阻害したりDNAの機能に障害をきたすことで生物細胞の分裂や増殖を抑えます。殺虫的に作用するので根治治療が可能です。

チニダゾールは 一般的な抗生物質とは異なる作用機序で原虫や細菌を駆除する効果があるため、トリコモナス以外の原虫や抗生物質があまり効かない嫌気性菌にも有効です。

例えば赤痢アメーバ、ディフィシル菌による感染性腸炎、ランブル鞭毛虫(ジアルジア)、毛包虫(ニキビダニ)、胃腸疾患の原因菌であるヘリコバクターピロリ菌にも効果を発揮しますが、国内でチニダゾールの適用はトリコモナスのみとなっています。

トリコモナス以外の原虫や菌に有効で適用があるのは同系統類似薬のメトロニダゾールです。 抗トリコモナス薬には膣錠など外用剤もありますが、内服薬は全身的に作用するので強い効果を発揮します。

チニダゾールとメトロニダゾールの違い

チニダゾールは抗トリコモナス剤で、飲む錠剤と膣に直接挿入する膣錠があります。腟トリコモナスに対し、殺虫的に作用する特効薬と言われています。

一方のメトロニダゾールは国内で「フラジール」などの薬剤名で販売されており、抗原虫剤に分類されます。トリコモナス症以外に嫌気性菌感染症に効果があり、深在性皮膚感染症や骨髄炎、腹膜炎や肝膿瘍にも効果を示します。

トリコモナスにしか効かないチニダゾールに対し、メトロニダゾールは幅広い原虫や嫌気性菌感染症に適応があります。その服用方法も異なります。

チニダゾールは成人に対し、通常1クールとして1日1回200mgを7日間使用します。一方のメトロニダゾールは成人に対し、通常1クールとして1日2回、1回250mgを10日間使用します。

トリコモナス症とは

性感染症の1つであるトリコモナス症は、トリコモナス原虫に感染する事で発症し、女性器のおりもの量が増えたり、異常を感じじたり、性器に普段感じない違和感が現れたりと様々な症状があります。

トリコモナス原虫が、膣内の健康を保つ働きをしている常在菌を弱らせてしまう事で、このような症状がひき起こします。男性に比べて女性の方が発症しやすく10日前後の潜伏期間を経て、症状が現われることが多いようです。

トリコモナス原虫に感染したからと言って必ずしも発症するわけではありません。潜伏期間のまま、何も起こらずに終わってしまう無症状であることも多く、男性の場合は感染しても9割以上の人には何も起こりません。

無症状の方が性行為をすることでパートナーに感染することがありますが、コンドームの使用により感染が防ぐことが出来ます。

症状が現われた場合は検査で病原体を特定し、早くチニダゾールまたはメトロニダゾール配合のお薬で治療することが大切です。飲み薬以外に、膣に直接挿入する膣剤がより効果が高いと言われています。

使用方法

チニバをチニダゾールとして通常成人は2,000mgすなわち4錠を1回服用します。 服薬終了後にトリコモナスを検出した場合は1週間以上間隔を空けて再び服用します。

副作用

チニダゾールの副作用は少ないですが、吐き気、下痢、腹痛などの胃腸症状、頭痛、倦怠感、発疹などが報告されています。

軽度であり徐々に症状が収まればさほど問題ありませんが、血便や激しい腹痛あるいは症状が改善しないなどの身体の異常をきたしたらすぐ受診してください。

チニダゾールに重大な副作用はほぼありませんが、同系統類似薬であるメトロニダゾールでは重大な副作用として末梢神経障害や中枢神経障害、皮膚障害、血液障害、大腸炎などが稀ですが報告されているのでしびれやふらつきをはじめチニダゾール服用後に身体に異常が出ないか念のため注意してください。

チニダゾールによる猫のトリコモナス治療

トリコモナス感染症は猫にも多く見られる原虫疾患で、症状として大腸性の下痢を発症することが多いとされます。

2歳くらいまでの子猫に発症しやすく、人と同様にトリコモナスに感染した猫の90%が無症状であり、無治療のまま2年以内に改善すると言われています。猫に感染するトリコモナスの種類は、「トリコモナス・フィータス」と呼ばれる種類が最も多く、感染力も強いとされます。

猫の感染症が疑われて病原体を特定する際、検便法では検出が低く遺伝子検査(PCR法)を用いたトリコモナス原虫の検出が必要な場合があります。多くの動物病院では、治療薬としてチニダゾールを投与しています。

猫の場合、メトロニダゾール(フラジール)よりもより高い効果が認められるとされています。

また、チニダゾールは耐性寄生虫が発生しにくいのも特徴です。海外では猫のトリコモナス感染症に対し、ロニダゾールを使用するのが一般的ですが、日本国内では現在承認・販売されていません。

チニダゾールの通販・個人輸入

チニダゾールの通販・個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Zydus Healthcare(ザイダス ヘルスケア) / 発送国:シンガポール

有効成分

チニダゾール500mg

内容量

100錠

カスタマーレビュー

3 レビュー | 評価 4.3 / 5
星5つ 66.67%
星4つ 0%
星3つ 33.33%
星2つ 0%
星1つ 0%

86% のお客様が
この商品をオススメしています

チニバ500mg(チニダゾール) の口コミ (3件)

click!! --> modal window open