本日747人がチェックしました
(0 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

ナプロシン500mg

関節痛やリウマチ、四十肩、腰痛などの鎮痛剤で炎症を抑えて症状を改善

有効成分:Naproxen(ナプロキセン)

内容量 500mg(90錠)
在庫 残り54個
獲得ポイント 30ポイント

セット数1箱あたり販売価格 
1箱 ¥2,980 ¥2,980
同じ有効成分(ナプロキセン)を含む他の医薬品

商品概要

ナプシロンは炎症による痛みをやわらげる鎮痛剤です。

痛みは大きく分けると神経性の痛みと炎症性の痛みがあります。ナプシロンは炎症性の痛みをやわらげる抗炎症・鎮痛薬です。炎症をしずめて腫れをおさめ、熱と痛みを取る作用があります。

ナプシロンは痛風、腰痛、四十肩、関節痛、リウマチ、腱鞘炎、帯状疱疹、歯の痛みなど、炎症性の痛みに幅広い効果があります。

ナプシロンの有効成分ナプロキセンは鎮痛作用が早く、副作用が少ないお薬です。

※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。

効果効能

痛風、腰痛、四十肩、関節痛、リウマチ、腱鞘炎、帯状疱疹、歯の痛みなどの鎮痛

使用方法

  • リウマチなど慢性の痛みには、1日に1回、症状によって2~4(500~1,000mg)錠服用します。
  • 空腹時にのむと胃腸障害が出ることがあるので、食後に服用します。
  • 痛風発作には1回に2錠服用します。
  • 喘息や潰瘍性の胃腸障害のある人、妊娠中の人は医師に服用を相談してください。

ナプロシンの鎮痛作用

ナプロキセンは炎症を引きおこすプロスタグランジンを作る酵素(シクロオキシゲナーゼ)を阻害する作用があります。この阻害作用で炎症の原因物質の産生を阻止して痛みや腫れを取りのぞきます。

痛みに対する対症療法のお薬で、痛風の尿酸値を低くするなど炎症の原因そのものを治療する薬ではありません。

炎症と腫れ、痛み、発熱の関係

炎症はケガをしたりばい菌が侵入したときに、組織を修復したり外敵を攻撃したりする免疫反応です。患部に血液とリンパ液を集中させるので、腫れて熱や痛みが出ます。炎症が過剰になるとこの反応が逆に組織を壊すこともあります。

炎症反応を引き起こす免疫物質として、ヒスタミンやプロスタグランジンなどがあります。ナプシロンはプロスタグランジンの産生を抑制するお薬です。

ステロイド剤には強い抗炎症作用がありますが、副作用が強いのが欠点です。ナプシロンは選択的にプロスタグランジンの産生だけを抑制する非ステロイド性の抗炎症薬で、副作用が少ないお薬です。

痛みとつきあうコツ

最近は日本でもペインクリニックの考え方が広まってきました。これは痛みが痛みを呼ぶとともに病状を悪化させることが明らかになってきたからです。

痛みには身体に悪いところがあることを知らせるシグナルですが、強い痛みは筋肉を緊張させて患部への血行を滞らせ、病気の回復を遅らせてしまいます。

血行が滞ると患部に老廃物がたまり、それがさらに痛みを生みます。これが痛みの悪循環です。

また、痛みをガマンし続けると、脳に痛みを感じやすい回路が作られてしまうとも言われています。

痛みとつきあうコツは、まずガマンしないで早めに痛みをやわらげる薬をのむことです。もう一つは痛いからと言ってそこを動かさないでいると筋肉の緊張がとれず、かえって痛みが出やすくなります。ようすを見ながら動かして筋肉の緊張をほぐしましょう。

個人輸入

ナプロシン500mgの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

有効成分

Naproxen(ナプロキセン)

内容量

500mg(90錠)

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

ナプロシン500mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open