本日8470人がチェックしました
(7 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

バイアグラ25mg

ファイザー社が開発したED治療薬バイアグラは、言わずと知れた勃起不全の治療薬です。日本でもクリニックで処方される25mg(シルデナフィル)の用量は、バイアグラを初めて飲まれる方や、副作用が心配な方に最適のお薬です。

有効成分:Sildenafil Citrate(シルデナフィルクエン酸塩)25mg

内容量 4錠
獲得ポイント 60ポイント
在庫 残り130個

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 ¥6,580 ¥6,580
2箱 ¥5,640 ¥11,280
3箱 ¥5,293 ¥15,879
5箱 ¥4,976 ¥24,880
同じ有効成分(クエン酸シルデナフィル)を含む他の医薬品

商品詳細

バイアグラ25mgは、有効成分としてシルデナフィル25mgを含有する勃起不全を改善する医薬品です。

ED(勃起不全)の他にも、肺動脈性肺高血圧症という疾患の治療に用いることが出来る医薬品です。

バイアグラ50mg、バイアグラ100mgがありますが、コストパフォーマンスからはバイアグラ100mgを1/2、1/4に割って服用する方法で節約できます。

後発薬のジェネリックではカマグラゴールド100mgが人気です。

医療用医薬品としてはファイザー製薬が製造販売を行っており、EDに対して用いる場合にはバイアグラ(Viagra)が、肺動脈肺高血圧症に用いる場合にはレバチオ(Revatio)が商品名となります。

現在では特許切れにより、「シルデナフィル」という成分名で、ジェネリック医薬品も登場しています。

バイアグラの商品名である「Viagra」は、「生き生きとした」という意味の「Vital」とナイアガラの滝の「Niagara」の二つの単語を掛け合わせて造られた造語です。

「男性の精力が、ナイアガラの滝のように、生き生きと溢れ出る」ことを願って、このような名前になっているのです。

剤型は青色でひし形の錠剤となっていますが、フィルムコート錠であるので薬剤自体は白色の薬剤です。2016年10月より、日本国内にてODフィルム製剤も発売されました。

これは口の中で溶けるフィルムに薬剤を封入したもので、財布や名刺入れなどに入れて携帯することが出来るので、人気の剤型となっています。

バイアグラはEDの治療薬としては世界で初めて製品化され、1998年1月よりアメリカで発売されました。

発売直後より、インターネットの記事やマスコミにより、「夢の薬」と報道されることで日本国内でも注目が集まり、個人輸

個人輸入代行業者などによって日本へも輸入が行われました。この際に、専門家の指示を受けずに服用したことで、併用が禁忌とされている狭心症治療薬である硝酸薬を服用している方において、バイアグラとの相互作用による複数の死亡例が報告されています。

厚生省はこの事態を重く受け止め、医師の診断および処方箋の必要な医療用医薬品として、認可を行いました。

バイアグラの働きは、生体内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することが分かっています。

これが陰茎周囲のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることで、EDの治療に効果を発揮すると考えられています。

性的なリビドーがない場合や、陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合には、勃起は起こりません。服用したからと言って、絶えず勃起状態が続くということはありません。

また、バイアグラには媚薬や精力剤などとは異なり、性欲を増大させる効果はありません。陰茎の無い女性にも、バイアグラは効果はないことが分かっています。

使用方法

バイアグラの成分シルデナフィルの効能・効果は、「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」です。

用法・用量は、「通常、成人には1日1回シルデナフィルとして25mg~50mgを、性行為の約1時間前に経口投与する。」とされています。

海外ではバイアグラ100mg錠なども承認されていますが、国内での規格は25mg、50mgのいずれかとなるので、注意が必要となります。

食事と共にバイアグラを服用すると、空腹時に投与した場合に比べて効果発現時間が遅れることがあることがわかっています。なるべく空腹時に服用するようにしてください。

高齢者(65歳以上)および、肝障害のある患者、重度の腎障害(Ccr<30mL/min)のある患者については、バイアグラ25mgをより開始するようにしてください。(本剤の血漿中濃度が増加することが認められているため)

また、1日のバイアグラ投与は1回とし、投与間隔は24時間以上空けるようにしてください。

ED治療薬で『目の充血』が気になる場合

充血を取る目薬全てのED治療薬やジェネリック薬は血管拡張の作用で血行を促進し、ペニス海綿体への血流を増やします。
その反応で目の一時的な充血が起こりやすく、気になる場合は『ナファゾリン点眼薬』が検討できます。
この目薬は、TVに出るお仕事やモデル、水泳選手などが目の充血除去に使用している点眼薬(クリアアイズ)のジェネリックです。以前販売していた「クリアリン目薬」は販売終了のため、ナファゾリン点眼薬は同等の代替商品となります。

副作用

シルデナフィルの副作用としては、血管拡張(ほてり、潮紅)、頭痛、CK(CPK)増加などが報告されています。

また、胸痛、動悸、頻脈、高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック、末梢性浮腫といった循環器の症状や、異常感覚、下肢痙攣、記憶力低下、興奮、不安、不眠症といった精神・神経系の症状、悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛といった消化器症状も報告されています。

この他にもバイアグラには複数の副作用も報告されているので、異常を感じた際には服用を中止して、医師に相談をしてください。

めまいや視覚障害が認められているので、自動車の運転や機械の操作に従事する場合には十分に注意をするようにしてください。

使用上の注意

硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を併用することで、心停止などの心臓の症状が発症するおそれがあることが分かっています。

死亡例も複数例報告されているので、これらの薬剤を服用している場合には、バイアグラや他のED治療薬を服用をしないようにしてください。

日本で用いられている薬剤としては、亜硝酸アミル「第一三共」やニトロペン、ミリスロール、ニトロール、フランドルなどが該当となります。後発医薬品などでは名前が異なる場合もあるので、前述のものが全てではありません。

また、心血管系障害や重度の肝機能障害をお持ちの方、低血圧または治療による管理がなされていない高血圧患者、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者、網膜色素変性症患者はバイアグラ使用が禁忌となっているので、服用しないようにしてください。

その他、併用による相互作用が報告されているので、アミオダロン塩酸塩経口剤(アンカロンなど)や可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤であるリオシグアト(アデムパス)を投与中の方は、バイアグラを服用しないようにしてください。

個人輸入

バイアグラの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Pfizer(ファイザー) / 発送国:シンガポール

有効成分

Sildenafil Citrate(シルデナフィルクエン酸塩)25mg

内容量

4錠

カスタマーレビュー

7 レビュー | 評価 4.3 / 5
星5つ 57.14%
星4つ 28.57%
星3つ 0%
星2つ 14.29%
星1つ 0%

86% のお客様が
この商品をオススメしています

バイアグラ25mgの口コミ (7件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open