本日2505人がチェックしました
(4 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

パキシル・ジェネリック(ペクセップ)20mg

ペクセップは国内で抗うつ薬として処方されている、パキシルのジェネリック医薬品です。第三世代の抗うつ薬に分類され、有効成分パロキセチンを20mg配合しています。意欲を高める作用以外に、PMS(月経前症候群)や摂食障害にも効果が期待されます。

有効成分:Paroxetine(パロキセチン)20mg

内容量 100錠
獲得ポイント 98ポイント
送料送料無料

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 ¥8,694 ¥8,694
2箱 ¥7,130 ¥14,260
3箱 ¥6,258 ¥18,774
同じ有効成分(パロキセチン)を含む他の医薬品

商品詳細

「ペクセップ」 は、日本では2000年に厚生労働省により認可され製造・販売している「パキシル」のジェネリック医薬品です。主成分のパロキセチンによって、憂うつな気分を和らげ、意欲を高めるお薬です。また月経前症候群(PMS)や摂食障害にも用いられることがあります。

パロキセチンは「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と呼ばれる第3世代の抗うつ剤です。本来、人間の脳細胞にはそれぞれの細胞の間にシナプスと呼ばれる溝があり、脳細胞がセロトニンやアドレナリンといった神経伝達物質を生成した場合、このシナプスを通って次の細胞に吸収されて、情報を次から次へと伝えまた神経終末に戻る仕組みとなっています。

しかし強いショックやストレスなどによって、セロトニンなどの動きが鈍化されてしまいます。SSRIは、セロトニン再取り込みポンプに直接結合することによって、セロトニンが神経終末に戻ることを抑制し、シナプス間隙のセロトニンの量を増やすことで、症状を改善するお薬で、特にパロキセチンは強力かつ選択的なセロトニン再取り込み阻害作用を有します。

効能効果

  • うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害

使用方法

通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20-40mgを経口服用します。服用は1回10-20mgより開始し、原則1週毎に10mg/日ずつ増量します。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

症状や程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

副作用

主な副作用として、吐き気、睡眠障害、知覚障害、口渇、頭痛、便秘・下痢、めまい、発熱、発疹などが報告されています。

使用上の注意

<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。>

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方
  • ブチロフェノン系抗精神病薬のピモジド(商品名オーラップ)を投与中の方

個人輸入

パキシルジェネリックの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

有効成分

Paroxetine(パロキセチン)20mg

内容量

100錠

カスタマーレビュー

4 レビュー | 評価 4.5 / 5
星5つ 50.00%
星4つ 50.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

90% のお客様が
この商品をオススメしています

パキシル・ジェネリック(ペクセップ)20mg の口コミ (4件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open