本日2062人がチェックしました
(0 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

フェブリク錠ジェネリック40mg

フェブリク錠ジェネリックは尿酸の生成を抑えて排出させる、高尿酸血症治療薬です。尿酸値が高い状態が続くと猛烈な痛みが生じる痛風が起こりますが、尿酸値を低下させることで、さらなる痛風の発作を予防します。

有効成分:フェブキソスタット 40mg

内容量 10錠
在庫 在庫あり
獲得ポイント 29ポイント

セット数1箱あたり販売価格  
1箱 ¥2,880 ¥2,880
3箱 ¥1,193 ¥3,580
5箱 ¥836 ¥4,180
7箱 ¥683 ¥4,780
同じ有効成分(フェブキソスタット)を含む他の医薬品

商品概要

フェブリク錠ジェネリックはシプラ社が販売する高尿酸血症治療薬です。

有効成分はフェブキソスタットで、尿酸の生成に必要な酵素の働きを妨げることで、尿酸値を下げる作用があります。

血液の尿酸値が7.0mg/dl以上の高い状態を高尿酸血症といいますが、この状態を放置しておくと、尿酸が結晶となり体に溜まります。

そこに何らかの原因が加わると、ある日突然、足の親指の付け根などが赤く腫れ上がり、耐えがたいほどの強烈な痛みが起こります。

この症状を痛風と呼びますが、その字の通り、風に当たるだけで痛いほどの激しい痛みです。

この痛みは1週間から10日程度でなくなりますが、尿酸値を下げる治療をせず、高尿酸血症の状態が続いていれば、再び発作が起こります。

さらには、腎障害や尿路結石などの合併症を引き起こしますので、高尿酸血症と分かれば尿酸値を下げる治療が必要です。

尿酸は体内では核酸(DNA、RNA)を元に作られますが、キサンチンオキシダーゼ(XO)という酵素が重要な役割を果たしています

フェブリク錠ジェネリックはこのキサンチンオキシダーゼの働きを妨ぐことで尿酸の生成を妨げ、尿酸値を下げます。このような作用からキサンチンオキシダーゼ阻害薬と呼びます。

フェブリクの発売が開始された2011年までは、同じXO阻害薬のアロプリノールが多く使われてきましたが、フェブリクはアロプリロールより選択的な作用があり、中程度までの腎障害の方も減量せずに服用が可能となりました。

日本では痛風を認識している患者は1600万人ほどとされますが、自覚していない予備軍(尿酸値が高いが痛風の発作が出ていない)を加えるとさらに多いと推測されます。

当薬と同成分のお薬

  • 商品名:フェブリク錠
  • 製薬メーカー:帝人ファーマ
  • 有効成分:フェブキソスタット

使用方法

痛風や高尿酸値血症には、通常、成人の方にはフェブキソスタット1日10mgより始めて、1日1回服用します。

血中尿酸値を確認しながら少しずつ増やします。通常は1日1回40mgの服用を維持し、最大量は1日1回60mgです。

がんの治療を行う方の高尿酸血症には、成人はフェブキソスタットとして60mgを1日1回服用で、治療開始の1~2日前から5日目まで、状態を観察しながら服用します。

がん化学療法によりがん細胞が急に崩壊すると、細胞内の核酸や電解質などが放出されるので高尿酸血症を引き起こします。

フェブリク錠ジェネリックは痛風の発作があるときに使用すると、かえって症状を悪化させる恐れがあります。

発作時には非ステロイド系消炎鎮痛剤などを服用し、痛みが治まってからフェブリク錠ジェネリックによる治療を始めてください。

フェブリク錠ジェネリックは尿酸値を下げる働きがありますが、日常生活の見直しでも改善は可能です。

ビールなどのアルコールは尿酸値を上げたり、尿酸の排出を妨げるので控えましょう。

また、普段から水分をたくさんとるように心がけ、尿量を増やして尿酸結石を予防してください(水分制限がない場合)。

また、肥満はよくありません。カロリーの高い食事を控え、適正な体重を保つことが大切です。

軽い運動は効果的ですが、激しい運動は痛風の発作を招きかねないのでやめましょう。過度のストレスは痛風の引き金となることがありますので、注意してください。

副作用

フェブリク錠ジェネリックの重大な副作用として肝機能障害が報告されています。服用中は定期的に検査を受けるようにして、異常がないか医師の診断を受けてください。

また、全身の発疹などの過敏症の症状が現れた時は、服用を中止してください。

その他、貧血症状、甲状腺ホルモン(TSH)の増加、頭痛や味覚障害という神経系の症状、動悸、下痢や吐き気や腹痛などの胃腸障害が現れることがあります。

また、関節痛や手足の痛みや、筋肉痛が副作用として報告されていますが、激しい痛みの場合は痛風発作も疑ってください。

また、むくみやだるさ、口の渇きが起こることあります。服用中に何か気になる症状があれば、医師に相談してください。

使用・併用禁忌

フェブリク錠ジェネリックには飲み合わせが悪い薬がいくつかあります。

主に白血病の治療に使用するメルカプトプリン水和物、免疫抑制薬のアザチオプリンと一緒に服用すると、骨髄抑制などの副作用が強くなる恐れがあります。併用はしないでください。

また、抗ウイルス薬のビダラビンと抗エイズウイルス薬のジダノシンは、フェブリク錠ジェネリックと一緒に服用すると作用が強く出る可能性がありますので、併用には注意が必要です。

個人輸入

医薬品の個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Cipla(シプラ) / 発送国:シンガポール

有効成分

フェブキソスタット 40mg

内容量

10錠

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

フェブリク錠ジェネリック40mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open