プレマリン0.3mg

最も有名な女性ホルモン剤プレマリンのジェネリックで更年期障害の改善に

有効成分:結合型エストロゲン0.3mg(Conjugated Estragens)

内容量 28錠
獲得ポイント 39ポイント
在庫 入荷待ち
4,074
同じ有効成分(結合型エストロゲン)を含む他の医薬品

プレマリンはどんなときにのむお薬ですか

  • 更年期障害による心身の不調の改善。
  • 肌や髪のはり、つやを保つ。
  • 女性らしい体つきや乳房のはりを保つ。
  • 膣の潤い不足を解消して、性交痛をなくす。
  • セックスの快感を高める。
  • 尿失禁を改善する。
  • 骨粗鬆症を予防する。

女性ホルモンの働き

妊娠、出産のための身体づくりをするのが女性ホルモンですが、この他に女性らしい体つきをつくる、自律神経や心のバランスを保つなど、さまざまな作用に女性ホルモンが関与しています。

使用方法

1日1回プレマリンを0.625mg~1.25mg服用します。

卵胞ホルモンの働き

卵胞ホルモンは卵胞を成長させて排卵を準備することの他に、次のような働きをしています。

  • コラーゲンの生成を促進して、肌にハリとつやを与える。髪や爪につやを与える。
  • 女性らしい丸みのある体つきを作る。
  • 骨を丈夫にする。
  • 自律神経のはたらきを安定させる。
  • 心のバランスを保つ。記憶力をよくする。
  • 血中コレステロールを調整して、血管を若く保つ。

更年期障害は卵胞ホルモンの不足が原因

女性は閉経を境に卵胞ホルモンの分泌が急激に低下します。それにともなって上記のようなはたらきが低下して、心身にさまざまな不調が生じるようになります。それが更年期障害です。

とくに影響がおおきいのが、自律神経の失調です。心身はたらきの自動調節装置である自律神経のバランスがくずれると、不定愁訴といわれるようなさまざまな症状がでてきます。

めまい、のぼせ、動悸、不眠、イライラ、不安感、冷え、発汗、肩こり、倦怠感、頭痛、など更年期障害の症状は人によって実にさまざまです。

これらの症状の根本的な原因は女性ホルモンの不足にあるので、個々の症状に合わせた薬をのむだけではなかなか改善しません。

更年期障害は家族、とくに夫の理解が得られにくい症状です。男性は女性のような閉経前後の急激なホルモンバランスの変化を経験することがないからです。しかし夫の無理解はストレスになり、更年期障害の症状を悪化させる大きな要因で「夫源病」などとも言われています。

女性ホルモンの補充療法をするときは、夫にそれを話して理解を求めることもたいせつです。

プレマリンはMTF(性同一性障害)のホルモン療法にも使用されます。

性同一性障害の人が女性として生きることを選択した場合は、女性らしい体型(女性化)をつくるためのホルモン療法として、プレマリン(卵胞ホルモン)を使用します。

個人輸入

プレマリンの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

使用上のご注意

併用禁忌薬があります。使用方法のご注意はここに記載の限りではありません。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Pfizer(ファイザー) / 発送国:シンガポール

有効成分

結合型エストロゲン0.3mg(Conjugated Estragens)

内容量

28錠

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 4.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 100.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

80% のお客様が
この商品をオススメしています

プレマリン0.3mg の口コミ (1件)

click!! --> modal window open