本日11966人がチェックしました
(59 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

メラトニン

欧米、東南アジアでは薬局で買える睡眠改善サプリの定番!ラムネのような味で就寝前に舐めるだけ。自然な睡眠ホルモンなので、睡眠薬のような強い作用はなく、自然に深い眠りに誘う快眠サプリです。

有効成分:Melatonin(メラトニン) 3mg

内容量 100錠
獲得ポイント 49ポイント
在庫 在庫あり
お気に入りリストに追加(ログイン必須)

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 ¥3,582 ¥3,582
¥3,980
2箱 ¥2,421 ¥4,842
¥5,380
3箱 ¥2,064 ¥6,192
¥6,879
5箱 ¥1,725 ¥8,625
¥9,580
同じ有効成分(メラトニン)を含む他の医薬品

商品概要

欧米では薬局で買える「睡眠サプリ」の定番!睡眠薬のような依存性は一切なし!

メラトニンは脳の松果体から分泌されるホルモンで、睡眠ホルモンと呼ばれています。

体内時計に働きかけ、覚醒と睡眠を切り替え眠気を誘う作用があります。

朝は体内時計からの信号でメラトニンの分泌は止まり、覚醒後14〜16時間ほど経過すると再び体内時計からの信号により分泌されます。

メラトニンの分泌が徐々に高まることで深部体温が低下し身体は休息状態に導かれ、眠気を感じるようになります。

メラトニンは眠気を誘う作用の他にも、抗酸化作用で細胞の新陳代謝を促したり免疫力を高めることで老化や癌をはじめとする病気の予防になったり、ストレスやイライラの解消、気分の向上などの様々な素晴らしい効能があると言われています。

メラトニンの分泌は主に光によって調節されています。明るい光によりメラトニンの分泌は抑制されるため、日中はメラトニンの分泌量は低く、夜間には分泌量が十数倍に増加する日内変動が起こります。

そのため夜に強い照明下にいると体内時計が乱れてメラトニンの分泌が抑えられ睡眠覚醒リズムが乱れてしまう原因になります。

生活リズムが不規則だと、このようにメラトニンが正常に分泌されなくなるので不眠の原因となっていきます。

また、メラトニンは加齢と共に体内の分泌量が減少し体内時計の調節機能が低下していきます。

このため高齢者はこのメラトニン不足という原因によって朝早く起きたり夜中に何度も目が覚めてしまう方が多いのです。

そこで研究の結果、夕方以降にメラトニンを摂取することで夜熟睡できるようになることが明らかとなり、海外ではメラトニンを有効成分として含むサプリメントが多く登場するようになりました。

不眠症の方をはじめ、生活リズムが不規則な人、時差ぼけを解消したい人など睡眠に対して不安がある方に非常に人気です。

本来は自然に体内で分泌され存在している物質なので一般的な睡眠導入剤に比べて依存性や習慣性は少ないと言われていますが、メラトニンはホルモン物質であり脳に作用する薬であるため日本では副作用の心配が危惧され販売されていません。

日本ではメラトニンそのものではなくメラトニンの量を増やすためのメラトニン受容体作動薬が処方医薬品として販売されています。

そのためメラトニンを含む薬を購入する際はネットなどで個人輸入の必要があります。

メラトニンは欧米や東南アジアでは薬局でビタミン剤などと一緒に簡単に購入できる睡眠サプリメントで、睡眠薬のような強い作用や副作用、離脱症状はございません。

メラトニンとは

メラトニンは動物や植物の体内にあるホルモンなんです。人間の場合には神経に作用するホルモンと言われています。

メラトニンの働きなんですが、人の睡眠にすごく影響があるホルモンです。

影響がある理由なんですが、昼間に人が動いていてると人間の体内で生成されて分泌されるメラトニンの量が減っていき、夜になって寝ようとするとメラトニンの分泌する量が増えていきます。

しかも面白い事に、メラトニンの生成には光に大きな影響があるんです。そのため昼間に光を強く浴びると、メラトニンの生成する量が減ります。

だから、夜間の仕事をしている人は夜でも強い光を浴びていたりすると、メラトニンの昼間は生成する量を減らして夜は増やすといった生成サイクルがおかしくなってきてしまうので、眠れないなどの不眠症などの症状が出てきたりする場合があります。

そのため、不眠症にかかっている人の治療に睡眠薬ではなく、メラトニンを使う事もありますし、不眠症でなくてもぐっすり眠りたい、最近ちょっと眠りが浅いと感じる場合はメラトニン服用で改善します。。

この他にもメラトニンには抗酸化作用で活性酸素の除去を行うアンチエイジングという若返りにとても効果があると言われています。

メラトニンは医薬品ではなく、薬ではメラトニンを増やす効果があるものなどはありますが、メラトニンはアメリカなどではサプリメントの形で販売されています。

メラトニンは幼児が1番生成量が多くて、年齢がいくほど減っていくので、高齢の人がなかなか寝付かれないのはこのメラトニンが不足しているのも原因の一つと言われています。

メラトニンはこんな方におすすめ

  • 夜なかなか寝付けない
  • 不眠症だが、睡眠薬は飲みたくない
  • 眠りが浅く、深夜や朝方に目が覚める
  • 起床時に疲れが残っている
  • もっとぐっすり快眠したい
  • 週末は量質が高い睡眠をしたい
  • 体内時計を調整して時差ぼけを解消したい
  • 質の高い睡眠で肌などアンチエイジングをしたい

使用方法

通常就寝する約30分~1時間前に1錠を目安に服用します。

初めて服用する時は少量から試して、身体の状態など必要に応じて適宜増減することを推奨します。

メラトニン服用量は3~10mgが一般的です。

場合によっては就寝する数時間前に服用したほうが効果が出ることがあり、服用のベストタイミングには個人差があるので様子を見てください。

副作用

元々は体内で分泌されるホルモン物質であるため副作用は少ないですが、疲労、頭痛、悪夢、眩暈、憂鬱症、そう痒、性欲低下、メラトニン生成能の低下などがまれに報告されています。

フルボキサミンなどのSSRI系の抗鬱薬、抗精神疾患薬は併用禁忌です。またエストロゲンなどのホルモン補充療法薬やキノロン系の抗生物質などメラトニンの血中濃度を高める作用がある薬や飲み合わせが良くない薬が多数存在するので、何らかの疾患で服薬治療中の方はメラトニン服用前に飲み合わせをご確認ください。

メラトニンの働き

メラトニンは人間の体内で色々な働きをしてくれるんです。

まず1番大きな働きは規則正しい睡眠についてですね。メラトニンは日中の人間が活動する時間帯では、体内で生成されて分泌される量が減っていくんです。

しかもその時に光が大きく関わっていて強い光を浴びるほど、メラトニンの生成される量は減るんですよ。逆に夜間は暗いですから、自然とメラトニンの生成される量は増えます。

起床してから15~16時間でメラトニンの生成される量はピークとなりますから、それは眠る直前ということですよね。

メラトニンは精神を落ち着かせて体内の活動を抑える役割をしますので、快適な睡眠をとる事が出来るわけなんですね。

次に、不眠症やうつ病の改善にも効果があるんですよ。

不眠症やうつ病の人は睡眠のサイクルが乱れている人が多いですから、それを整える効果がメラトニンにはありますから、不眠症やうつ病の治療に使われるんですね。

最後に、健康に気を使っていてる人にはとても大事な事だと思いますが、メラトニンにはアンチエイジングの働きがある抗酸化作用があります。

メラトニンがしっかりと分泌されていれば、抗酸化作用で活性酸素の量を減らす事が出来ますので、あなたの体も若返ってくるということですよね。

メラトニンが不足する原因

メラトニンが不足する原因ですが、まず正常な時に1日でメラトニンがどのように生成されていくかの過程と比較すれば分かりやすいと思いますよ。

まず、朝起きて活動を始めるとメラトニンの生成される量は減っていきます。

特に強い光を浴びたりすると大きく減ります。そして、夜になって暗くなってくるとメラトニンの生成量は増えていくんですよ。

逆に考えると昼間に光をあまり浴びない人や、逆に夜間の間で光を浴びる人には1日のメラトニン生成サイクルがおかしくなっているので生成量が減ってくる。

このような条件は夜勤などをする人が考えられますよね。

次に、メラトニンが減っている昼間に寝たりする人など、夜勤で働いている人だけではなく、生活リズムが乱れている人も考えられますよね。

このように夜勤のように夜間に働いている人や生活リズムが乱れている人が体内のメラトニン生成サイクルが乱れていているので、メラトニン不足になるのですよね。

これは生活習慣や病気とも違いますが、加齢による自然な減少も考えられますよね。

メラトニンは幼児などの小さい頃が1番生成する量が多く、年齢を重ねるほど生成する量は減っていきます。

このような加齢による減少は、個人差はありますが、誰にでもある事なのですよ。

メラトニンとセロトニンの関係

メラトニンとセロトニンの関係ですが、簡単に言ってしまえば原料と生成物の関係です。

細かく説明していくと、神経伝達物質であるセロトニンはトリプトファンという必須うアミノ酸から作られます。

ホルモンであるメラトニンはセロトニンから作られるという事なのです。

だから日中はセロトニンが増えて、夜寝る前に減るというメラトニンとは逆の増え方になるのです。

そしてこの最初の原料となるトリプトファンというアミノ酸なのですが、タンパク質が多い食物に多く含まれているんです。

例えば肉、魚、乳製品、豆類といった食物に多く含まれています

。食物以外に薬ではないのですが、トリプトファンの摂取のためにサプリメントを利用される人が多いです。

次にセロトニンについてですが、セロトニンは感情をコントロールする神経伝達物質なのですが、この量が少なくなるとうつ病などになると言われています。

そのためうつ病の治療にはSNRIやSSRIといった体の中のセロトニンの量を多くする薬を使います。

このセロトニンが減ってしまうと、セロトニンから作られるメラトニンも減ってしまいますよね。

そうなるとメラトニンが減る事で寝つきが悪くなったり、十分な量の睡眠が確保出来なくなったりして、ますます体調が悪くなり、セロトニンの量が減ってしまうという悪循環になってしまうのですね。

メラトニンの飲み方アドバイス

メラトニンの服用方法ですが、睡眠薬と併用して使うのではなく、睡眠薬の代わりに使うのが普通ですね。

まず大事な事なのですが、全ての睡眠の問題について解決してくれるものではないという事でしょう。

海外旅行からの帰国で時差ぼけを起こしていたり、徹夜仕事などで体の睡眠サイクルがおかしくなっていたり、スマホやパソコンなどといった強い光の刺激でメラトニンの量が減っていたりした場合に有効なんですね。

メラトニンは年齢が高くなるほど分泌量が減ってきますから、高齢の人の睡眠で起きる問題の解決に役立つんですね。

メラトニンが効きづらい原因としては生活環境から来るストレスや食事内容からくる不眠などにはメラトニンと関係ない原因なのであまり効かないかなと思いますね。

メラトニンの服用量ですが、1回の服用は3mgから10mg位と言われていますが、もっと少ない量で効いたと言う日ともいますし、20mg飲まないと効かないって人もいます。

メラトニンの特徴としては、副作用がほとんどないことじゃないでしょうか。

さすがに大量に飲みすぎると急激な眠気に襲われたなどといった報告もありますが、短期だけではなくて長期に渡っての服用でも副作用の報告がほとんどないというのはすごいと思いますよ。

それにアンチエイジングで不老の効果があると言われています。

メラトニンは睡眠薬のような依存性、副作用はありません

メラトニンと睡眠薬の違いは一言で言ってしまえば、睡眠薬は薬の力で強引に体を眠らせるのですが、メラトニンはメラトニンという睡眠ホルモンの力で体のリズムを取り戻して自然に眠る事です。

つまり睡眠薬は様々な不眠の人間を眠らせる事が出来ますが、メラトニンの場合にはメラトニンが不眠の原因である場合にしか効果がありません。

例えば海外旅行から帰ってきての時差ぼけや、夜勤や徹夜などの生活リズムが乱れたための不眠やスマホやパソコンといった強い光を夜間に浴びることでメラトニンの分泌量が減ってしまった時などに効果があります。

メラトニンと睡眠薬の大きな違いとして副作用の問題です。睡眠薬には服用すると副作用の問題が起きる事がありますが、メラトニンには睡眠薬と違って副作用の報告がほとんどありません。

メラトニンの1回の服用は、3mgから10mgと言われているんですが、メラトニンは1回に大量に飲みすぎても急激な眠気に襲われたなどの報告くらいで、短期でも長期でもほとんど副作用はないって言われています。

それに、メラトニンには抗酸化作用もあるので不老の効果が高いと言われていますので、メラトニンの分泌量が若い人より少ないって言われている高齢者には、睡眠薬ではなくメラトニンの服用が良いかなって思いますね。

メラトニンや睡眠のよくある質問

●メラトニンはどんなお薬ですか?
睡眠ホルモンのメラトニンの不足を補い、不眠症を解消するお薬です。

●メラトニンは、どんなときに服用するするお薬ですか?
夜なかなか寝つけないときに睡眠導入剤として服用します。メラトニン不足による中途覚醒や早朝覚醒にも効果があります。海外旅行の時差ぼけの解消にもよく使用されます。

●メラトニンとはどのようなホルモンですか?
人には昼の活動と夜の睡眠の自然なリズム(体内時計)があります。このリズムを作るのが夜になると分泌が盛んになるメラトニンと昼になると分泌が盛んになるセロトニンという2つのホルモンです。

●メラトニンは不足することがあるのですか?
セロトニンは20代をピークに加齢によって分泌量が減少します。また、睡眠のリズムを乱す不規則な生活や夜型生活によっても分泌が阻害されます。

●メラトニンは体外で合成することもできるのですか?
メラトニンは化学的な構造式が明らかになっていて、合成することができます。

●メラトニンは欧米や東南アジアでは薬ではなくサプリメントとしてドラッグストアで販売されているのはなぜですか?
アメリカには、体内で自然に作られる物質を薬とは認めないという法律があるからです。また、メラトニンは副作用がない安全な成分でサプリメント(食品)としての販売が可能だということもあります。

●日本ではメラトニンは医薬品扱いなのですか?
はい、そうです。ただし日本では医薬品としての承認もまだなので、医師が処方するときは厚生労働省に許可を取って輸入しています。

●メラトニンはいつ服用したらよいのですか?
就寝20分前に服用します。昼間服用すると眠くなるので注意してください。

●メラトニンはどれくらい服用したらよいのですか?
1日1回、1~3mgから服用を始め、症状によって6mgまで増やせます。ただしこれはアメリカでのサプリメントとしての用量で、医師が処方する場合はもっと高用量になる場合があります。

●自然のメラトニン分泌を増やす工夫は?
昼は活動的に、夜はゆっくり休息するという生活のリズムが大切です。セロトニンとメラトニンは同じものの表と裏の関係にあり、昼のセロトニンの分泌が盛んだと夜のメラトニンの分泌も盛んになります。

●体内時計のリセットとは?
人には約24時間周期の体内時計がありますが、それをリセットするのが朝の太陽の光です。毎朝日光を浴びることは不眠症の改善にも効果があります。

●メラトニンの分泌の邪魔をする生活は?
夜明るい光の下で活動する、パソコンゲームなどで神経を興奮させる、夜中まで起きているなどの「夜型行動」がメラトニンの分泌を阻害します。

●メラトニンを摂取すると免疫力がアップする効果もあるのですか?
メラトニンにはナチュラルキラー細胞を活性化して免疫力を高める作用があります。

●メラトニンは身体の抗酸化作用を高めるはたきがあるのですか?
メラトニンには活性酸素を消して組織の酸化変性を防ぐ抗酸化作用があると言われています。

個人輸入

メラトニン(メロセット)の個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

使用上のご注意

特にありません。睡眠導入剤、睡眠薬ではないため、自然に眠りを促進する安全な睡眠導入、睡眠改善のサプリメントです。メラトニン自体が脳内で生成される「睡眠ホルモン」で、加齢やストレスで減少するメラトニンホルモンを補充して睡眠の改善や促進が当商品の目的です。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Aristo Pharmaceuticals(アリスト ファーマスーティカル) / 発送国:シンガポール

有効成分

Melatonin(メラトニン) 3mg

内容量

100錠

カスタマーレビュー

59 レビュー | 評価 4.3 / 5
星5つ 47.46%
星4つ 37.29%
星3つ 13.56%
星2つ 1.69%
星1つ 0%

86% のお客様が
この商品をオススメしています

メラトニン の口コミ (59件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open