本日553人がチェックしました
(0 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

リブチン(リファブチン)150mg

結核などの抗酸菌症の治療薬です。 抗酸菌は肺で繁殖して、痰、血痰・喀血(かっけつ)などの症状をひき起こす菌で、結核の他にマイコバクテリウム、アビウムコンプレックス(MAC)症などの原因になります。

有効成分:リファブチン 150mg


内容量 6 カプセル
在庫 残り30個
獲得ポイント 35ポイント

セット数1箱あたり販売価格  
1箱 ¥3,480 ¥3,480
2箱 ¥2,290 ¥4,580
3箱 ¥1,860 ¥5,580
5箱 ¥1,516 ¥7,580

商品概要

結核などの抗酸菌症の治療薬です。

抗酸菌は肺で繁殖して、痰、血痰・喀血(かっけつ)などの症状をひき起こす菌で、結核の他にマイコバクテリウム、アビウムコンプレックス(MAC)症などの原因になります。

リブチンは他の抗生物質が効きにくい抗酸菌に効力を発揮します。

リブチンの有効成分であるリファブチンを配合したお薬は、日本ではミコブティンカプセル(ファイザー社)が販売されています。

結核は過去の病気と思われがちですが、2015年には世界で1040万人の患者が発生しています。

近年患者数の増加が著しくWHOが警告を出しています。日本でも毎年約2万人の新たな結核患者が発生しています。

結核菌に感染しても発症しない人が多いのですが、免疫力が低下すると発症することがあり、高齢者施設などでの集団感染が問題になっています。

リブチンは抗酸菌に属する結核菌のDNAを破壊することで殺菌します。結核菌以外にもマイコバクテリウム、アビウムなどの抗酸菌は、咳、痰、喀血などの肺の症状をひき起こします。

リブチンは一般的な抗生物質が効きにくいこれらの抗酸菌に効果を発揮します。

使用方法

  • 目安として、1日に1回、150~300㎎を服用します。多剤耐性結核症の治療には1日に1回300~450mgを服用します。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

副作用・使用上の注意

  • 食欲不振、腹痛、胃腸トラブル、下痢、食欲不振、発疹、かゆみなど。
  • 副作用は上記に限りません。

お薬の個人輸入

医薬品の個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

送料無料

個人輸入は全て海外からの発送ですが、くすりエクスプレスではご注文額に関わらず日本全国、送料弊社負担で発送いたします。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Lupin(ルピン) / 発送国:シンガポール

有効成分

リファブチン 150mg

内容量

6 カプセル

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

リブチン(リファブチン)150mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open