本日8729人がチェックしました
(5 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

サビトラ10mg

サビトラは、ED治療薬であるED治療薬レビトラのジェネリック医薬品でコストパフォーマンスに優れています。レビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルが配合された、インドの製薬会社であるサバ・メディカ社が製造・販売しているお薬です。

有効成分:Vardenafil(バルデナフィル)10mg

内容量 10錠
獲得ポイント 33ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 3,444 3,444
3箱 1,673 5,019
5箱 1,298 6,490
7箱 1,069 7,483
同じ有効成分(バルデナフィル)を含む他の医薬品

商品詳細

ED治療薬レビトラ10mgの安価なジェネリック薬がサビトラです。

成分バルデナフィルが10㎎のため、効果の高さをお求めの方はバルデナフィル20mg配合のサビトラ20mgをご検討ください。

サビトラ10mgは、男性の悩みの一つである勃起不全を改善するED治療薬であり、有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物10mgを含有する医薬品です。

バルデナフィル塩酸塩水和物を含有する薬剤としては、日本で承認されている3種類のED治療薬のうちの1つである「レビトラ」が有名ですが、現在ではサビトラを含む複数のジェネリック医薬品が発売されています。

サビトラは「サバメディカ社」という製薬会社が製造販売を行っている医薬品で、非常に人気の高い薬剤です。

先発医薬品である「レビトラ」は効果にも優れて大変良いお薬ですが、価格が高いことが欠点と言われています。

サビトラは同一の有効成分、効果を発揮することが出来ますが、先発医薬品に比べて薬価が安いことが特徴です。

ED治療薬の先発医薬品としては「バイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩)」、「レビトラ(塩酸バルデナフィル水和物)」、「シアリス(タダラフィル)」の3つが有名です。

バイアグラやレビトラ(サビトラ)は短時間でガツンと効くことが特徴で、シアリスは長時間マイルドに効くことが特徴と言われています。

短期間で効果を得たい場合には、前者のものを選択すると良いでしょう。

また、サビトラ及びレビトラの主成分である塩酸バルデナフィル水和物は水に溶けやすいという性質を持っているので、バイアグラよりも効果が早く出ると言われています。

添付文書上では性行為の1時間前の服用が推奨されていますが、多くの場合には20~30分前でも効果を期待することが出来ると言われています。

レビトラ系のED治療薬は食事の影響を受けにくいことも特徴で、バイアグラのように食事と性行為のタイミングを考える必要も無いので、非常におススメできる薬剤なのです。(ただし、食事の量があまりに多い場合には影響を受けるので、注意が必要となります。)

サビトラの主成分である塩酸バルデナフィル水和物は、cGMPの分解を行っている PDE-5という酵素の活性を阻害することで、効果を発揮します。

これが陰茎周囲のNO作動性神経に働き掛けることで血管を拡張させ、血流量が増えることで勃起力の増強を促し、EDの治療に効果を発揮するのです。

服用中は絶えず勃起状態となるのではないかと心配される方も多いですが、陰茎に対する適切な刺激や、性的なリビドーがない場合には勃起は起こりませんので、普段は正常時と同じですが、性的な妄想や刺激を与えることで勃起を強くサポートします。

使用方法

効能・効果は、「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」とされています。

用法・用量は、「通常,成人には1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する。」とされています。

また、10mgの投与で十分な効果が得られず、特に問題がないと判断された場合には、20mgに増量することが認められています。

サビトラの成分バルデナフィルの作用は10mgで服用後は4~5時間、20mgでは服用後8~10時間持続すると言われています。

高齢者(65歳以上)および中等度の肝障害のある方では、サビトラ5mgから開始して最高用量は10mgとするようにして下さい。

なお、1日の投与は1回を限度として、投与間隔は24時間以上空けるようにして下さい。

食事の影響は受けにくいことがわかっていますが、製造販売を行っているメーカーの資料によると、標準的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)である場合に吸収に変化が無いことがわかっています。

極端に脂肪の多い食事や、量の多い食事を摂る場合には注意が必要となりますので、なるべく空腹時に服用するか、食前に服用して30分以上してバルデナフィル成分が吸収されてから食事すると効果は落ちません。

副作用・使用上の注意

サビトラ成分の成分バルデナフィルの主な副作用としては、ほてり、頭痛、鼻の詰まり、心悸亢進等が報告されています。

その他にも、めまいや視覚障害が認められているので、自動車の運転を伴う職業や危険な作業に従事する場合には十分に注意をするようにしてください。

NO(一酸化窒素)供与剤であるニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等(亜硝酸アミル「第一三共」やニトロペン、ミリスロール、ニトロール、フランドルなど)、あるいは硝酸剤をレビトラやサビトラと併用することで、心停止などの心臓の症状が発症する可能性があることが分かっています。

また、リオシグアト,CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ケトコナゾール(外用剤を除く)、イトラコナゾール、コビシスタットなど)を投与中の方は服用をしないようにして下さい。

脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者、網膜色素変性症患者、血液透析が必要な腎障害、低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)、不安定狭心症心血管系障害や重度の肝機能障害をお持ちの方は使用が禁忌となっているので、服用しないようにしてください。

サビトラの個人輸入

レビトラジェネリック(サビトラ)の個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

使用上のご注意

併用禁忌薬があります。レビトラジェネリックの服用は成人男性に限ります。レビトラの成分バルデナフィルは、1日に1度以上服用は避けてく ださい。

ご注意

必ずご利用規約をご理解の上、くすりエクスプレス輸入代行サービスにお申し込み下さい。個人輸入については、こちらをご確認くださ い。レビトラジェネリックの使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、くすりエクスプレス輸入代行サービスでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。※現在、配送中のパッケージは、予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Sava(サバ) / 発送国:シンガポール

有効成分

Vardenafil(バルデナフィル)10mg

内容量

10錠

カスタマーレビュー

5 レビュー | 評価 4.4 / 5
星5つ 40.00%
星4つ 60.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

88% のお客様が
この商品をオススメしています

サビトラ10mgの口コミ (5件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open