レビトラ20mg

レビトラはドイツのバイエル社が開発したED治療薬で、服用から15分弱で勃起力サポートの効き目が現れる即効性のED薬!1錠なら8時間ほど作用が持続し、勃起の強さもバイアグラと同等の勃起不全改善薬。

有効成分:Vardenafil(バルデナフィル)20mg

内容量 4錠
獲得ポイント 56ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 5,780 5,780
2箱 4,790 9,580
3箱 4,427 13,281
5箱 4,156 20,780
7箱 3,354 23,478
同じ有効成分(バルデナフィル)を含む他の医薬品

レビトラジェネリック無料プロモーション!

ただ今、『在庫数限定』でたいへんお得なプロモーション中です!このチャンスをお見逃しなく!

  • 7箱のセット購入で、レビトラ・ジェネリックを1箱無料!7箱セットをカートに入れると、ジェネリックが0円で追加されます。
  • プレゼント商品:レビトラのジェネリック(サビトラ20mg)
  • 期間:在庫状況により終了

商品概要

レビトラの商品概要は製造メーカー(国内・海外)の添付文書の翻訳、抜粋、薬剤師による説明をまとめております。レビトラについの詳細はメーカー(バイエル)の添付文書を参照ください。

最も速く効くED治療薬!作用の強さもバイアグラ並で、早漏防止の効果も!

レビトラはバイエル薬品株式会社が販売するED治療薬です。レビトラの有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で、特徴はその即効性です。

医薬品はその化学構造により吸収率や効果の発現時間が大きくことなります。

レビトラの有効成分である塩酸バルデナフィル水和物は水に溶けやすいという化学構造的な特徴を持っているため、服用後すぐにED治療の薬効を得ることができます。

その即効性の高さはバイアグラよりも高く、空腹時の服用では20分程度で効果を発揮するといわれていますが、持続性についてはシアリスに劣ります。

レビトラの成分バルデナフィルは、効果の持続性が短い分、短時間にしっかりと効くような設計となっています。

バイアグラに比べてレビトラは食事の影響を受けにくいとされていますが、それでも条件によっては吸収率が低下してしまいます。

一般的にED改善薬は胃が空っぽの状態で吸収が高まるため、空腹時の服用が基本とされています。

しかし、5時間の作用時間では間に食事を挟むこともあるでしょう。食事の前にレビトラを服用してしまうことがベストですが、忘れてしまうことや都合もあると思います。

服用と服用の間のタイミングで食事を挟む場合は、総摂取カロリーを700キロカロリー以下に抑えることやなるべく食後2時間以降、性行為1時間前に服用するように心がけましょう。

心血管疾患など自身が今までにかかった病気の既往歴や現在治療中の病気によっては服用注意の場合があるため注意しましょう。

レビトラの成分バルデナフィルは、糖尿病が原因のED男性にも効果的な勃起効果を起こすと言われています。

一般的に糖尿病の患者にはED治療薬が効きにくいと言われますが、通常は十分な効果を感じる男性がほとんどです。

レビトラの成分バルデナフィルは、勃起力を高める効果のほかに、早漏をある程度、改善する効果が期待できます。

勃起力がED薬のサポートにより高まるだけでも射精感を先延ばしにすることができますが、レビトラには他のED薬成分以上にその効果が高いとされますので、早漏症の方には一石二鳥の効果がきたいできます。

同成分の国内市場向けレビトラ

レビトラ処方

  • 商品名:レビトラ20mg
  • 製薬メーカー:バイエル製薬
  • 有効成分:バルデナフィル20mg
  • クリニック参照価格:1錠あたり1,500円(1箱4錠で6,000円)

レビトラにはジェネリック薬があります

世界的に有名で大人気のED治療薬であるレビトラには「バリフ」、「サビトラ」などのジェネリック医薬品も多く販売されています。

有効成分は先発品のレビトラと同様バルデナフィルを含有しているので、もちろん作用や効果もレビトラと同じです。

先発品はゼロから新薬を生み出すため、研究開発に膨大な時間とコストを要します。そのため、先発品の値段にはそれらを回収するための値段が上乗せされることが一般的です。

一方、ジェネリック医薬品は先発品の販売独占期間が終わった後に製造販売が認められる薬です。元々ある薬なので、膨大な研究開発のコストが不要です。

そのためジェネリック医薬品は値段を抑えることができるのです。 製造工程はメーカーによって異なるので完全に100%コピーという医薬品ではありません。

有効成分バルデナフィル以外の成分(添加物)にも若干の違いがあるため、もしかしたら吸湿性や血中濃度の時間などにおいて僅かな差があるかもしれないことを気に留めておいてください。

レビトラと後発薬バリフの違い

先発品と呼ばれるレビトラに対し、ジェネリックのバリフは製造販売する製薬会社が異なります。

バイアグラの改良品としてバイエル薬品が開発したレビトラは、莫大な開発費用を踏まえてお薬の薬価は高めに設定されています。

そのため、国内のクリニックでは平均して1錠10mgで1,500円、1錠20mgで2,000円ほどの費用がかかります。

一方ジェネリック医薬品であるバリフは、アジャンタファーマ社がレビトラと同じ有効成分を化合して販売しています。開発費用がかからなかった分、安値で販売することができます。

個人輸入で購入する際には、レビトラの半分以下のお値段で購入することができます。ただし、レビトラは医師の処方が必要な医療用医薬品に指定されているため、はじめてED治療薬を服用される方にバリフの個人輸入はおすすめできません。

バリフは全身の血圧に影響があるため、既往や治療中の疾患のある方は医師に相談の上で服用を検討してください。心筋梗塞などの重篤な副作用も発現しているため、心臓系疾患をお持ちの方も注意が必要です。

男性クリニックより大幅節約できます

レビトラ処方

クリニックで処方

クリニックで処方

レビトラ個人輸入
レビトラ20mg レビトラ20mg
成分:バルデナフィル20mg
内容量:4錠(4~8回分)
※複数セット割引なし ※複数セット割引あり
1錠20mg:約1,500円 1錠20mg:838円~1,395円

レビトラの効き目と持続時間

レビトラ(バルデナフィル)はバイアグラの改良品として開発され、即効性が高いのが最大の特徴です。

服用後早い方で15分後に、遅い方でも1時間後には効果を実感いただけます。平均して30分以内に効果が発現することが分かっています。

また、効力も強いとされており、10mgで4時間・20mgで8時間効果が持続します。 10mg・20mgいずれも服用後45分後にピークに達します。そのため、レビトラは性行為の30分~1時間前を目安に服用することがすすめられています。

その後約3~5時間後には体内のレビトラの濃度が半分ほどになり、約12時間後にはほとんどの作用が体の外へ排出されます。服用したあと、45分~4時間の間がもっとも効果的な時間になります。

食事の影響はバイアグラより受けにくく改良されていますが、多少の影響は受けます。脂っこい食事は避けて、なるべく空腹時に服用されることをおすすめいたします。

レビトラ成分バルデナフィルの特徴

塩酸バルデナフィル水和物 を含有する代表的な医薬品はレビトラ及びジェネリック薬のサビトラ、バリフなどです。

バルデナフィルは即効性と副作用の少なさ、さらに食事の影響を受けにくいことに定評があるED治療薬で、日本でも非常に人気のあるお薬です。

従来の薬剤では性行為の1時間前に服用する必要があり、タイミングを合わせることが難しいという特徴がありました。

また、食事と同時に服用することで効果が減弱してしまい、夕食後の性行為に用いるためには不便であると言われていました。 塩酸バルデナフィル水和物は水に溶けやすいという性質を持っているので効果が早く出る上、食事との影響を受けにくいので非常に使いやすいお薬なのです。

また、従来の薬剤では副作用として動悸やのぼせ、頭痛や鼻詰まりといった症状が報告されています。 バルデナフィルでは副作用についても出にくいように改善されているので、非常に使いやすいお薬と言えます。

シルデナフィルやタダラフィルは、肺動脈性肺高血圧症などED治療薬以外にも使用されている成分ですが、バルデナフィルはED治療のみに特化した成分であり、その他の疾患では用いられていません。

海外ではジェネリック医薬品も発売されていますが、国内では未発売となっています。 効果についてはシルデナフィル同様、短時間でガツンと効く、短距離走者タイプのお薬であると言われています。

食べ物との相互作用はあまりないと言われていますが、高脂肪食や大量の食物と一緒に服用した場合には効果が減弱してしまうこともわかっています。

また、抗真菌薬やHIV治療薬を服用中の方は相互作用があるため、服用することは出来ません。 透析導入の方や腎機能の低い方も服用は出来ないお薬となっています。

作用機序としては、生体内でPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することで、cGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を妨げて働きます。

陰茎周囲のNO作動性神経に作用して血管を拡張して血流量の増加を行うことで、EDの治療に効果を発揮するのです。

その他にも、バルデナフィルでは一部の研究では早漏の改善作用も報告されています。

こればバルデナフィル10mgを服用することで射精までの時間を有意に増加させるもので、その他のED治療薬では差がつかなかったことが一部の研究ではわかっているのです。

用法・用量は、「通常,成人には1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する。」とされています。 10mgの投与で十分な効果が得られず、特に問題がないと判断された場合には、20mgに増量することが認められています。

バルデナフィルの作用は10mgで4~5時間、20mgで8~10時間程度、持続すると言われています。 併用が禁止されているお薬も多いので、服用の際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

使用方法

  • セックスの15分~1時間ほど前に10mg(2分の1錠)、または20mg(1錠)を服用します。空腹時にのむ方が効き目は確実になります。
  • 次の服用までは24時間以上あいだをあけてください。
  • 作用は10mgで服用後4~5時間、20mgで8~10時間です。

レビトラは1日1回1錠を服用する医薬品ですが、半分の10mgでも十分な効果が得られる場合は1錠服用する必要はありません。特に初回は少な目から効果を確認してください。

レビトラ1錠(バルデナフィル20㎎)の効果がバイアグラ100㎎と同等とされていますので、レビトラ錠半分で通常は十分な勃起効果を発揮します。

1回に1錠以上の服用をしても効果性は変わらず、思わぬ副作用の発現に直結してしまうだけなので、用法用量は必ず厳守する必要があります。

1回1錠を空腹時に水またはぬるま湯で服用しましょう。食事内容や用法がレビトラを効果的に服用する上で大きな鍵を握ります。

レビトラは水に溶けやすいという化学構造的な特徴を持っているため、一般的には食事の影響を受けにくいとされています。しかし、全く食事の影響を受けないわけではなく条件付きの制限があるのです。

ED改善薬は標準的な食事による影響を受けないとされているものが多いのですが、標準的な食事という点がポイントとなります。

一般的に男性の1回の食事の平均カロリーは約700キロカロリーといわれており、この700キロカロリーが一つの基準となるのです。

またレビトラ成分は水に溶けやすい性質を持つということは油分が多ければそれだけ溶けにくいということ。

そのため、レビトラを食後に服用する際は食事内容やカロリーに注意をする必要があります。

高脂肪、高カロリーな食事を摂ってしまうとレビトラをせっかく服用してもその効果を満足に得ることができません。

レビトラを服用する間は特に食事内容に気を配るようにしましょう。レビトラを服用している間は飲酒量にも注意が必要です。

適度のアルコールは体の緊張を緩めてED治療薬と相乗効果をもたらすことが知られています。

適度とは自分自身の適正量ではなく一般的な適量のことでビール1〜2杯程度の軽い晩酌をイメージしてください。

過度の飲酒は勃起の際に必要な脳の指令をブロックしてしまう恐れがあるため、性行為前にレビトラを服用しても効果を得られないことも考えられます。

レビトラ服用中は適度なアルコール摂取を心がけるようにしたいものです。

またレビトラは血流を改善することで勃起を生じさせる働きを持つ医薬品であるため、顔面紅潮やほてりなどの副作用が高頻度で起こりやすいことも覚えておきましょう。

レビトラのアンチエイジング効果

動脈硬化とEDには深い繋がりがあります。

動脈硬化とは血管内が硬く狭くなって血液が詰まりやすくなっている病態で、加齢・生活習慣病・喫煙・不規則な生活などといった様々な要因で引き起こされます。

普段は無症状ですが、心筋梗塞や脳梗塞などといった命に関わる重い疾患を誘発する危険な因子です。 動脈硬化はEDの原因にもなります。

動脈硬化は血管内皮障害と呼ばれる状態(血管の内部の壁の障害)ですが、勃起の一連の流れである血管の弛緩・拡張が血管内皮に依存している機能なのです。

そのため血管内皮障害が起こっていると、血管の反応が悪くなり勃起が難しくなってしまうのです。

しかし、バイアグラなどのED治療薬に動脈硬化の予防効果や改善効果があることが近年明らかになりました。

ED治療薬には血管壁の過緊張を改善させる作用や血管内皮を保護・修復して柔らかくする作用があることが報告されています。

まだ研究途中の段階であるため更なる検証が必要ですが、性生活の向上だけでなく健康・長生き効果もある可能性が高いED治療薬は中高年男性にとってまさに夢のような薬だと言えるでしょう。

レビトラと抗不安薬の服用

レビトラとデパスやバスパーなど抗不安薬の併用に関して、飲み合わせは特に問題ありません。

むしろ心因性EDに対しては、抗不安薬の気分をリラックスさせる効果や不安や緊張を軽減する効果がED改善自体に繋がります。

緊張や心配によるEDで悩んでいる方はレビトラと抗不安薬の併用をお勧めします。

ただし、抗不安薬には副作用として性欲減退・射精障害が報告されています。つまり、薬剤性EDの原因である場合もあるのです。 抗不安薬にはED治療薬としての可能性・EDの原因としての可能性の二面性があるため自身のEDのタイプを正しく把握してください。

また、肝臓や腎臓が悪い方はレビトラと抗不安薬の併用に慎重な注意が必要です。必ず医師の判断に従ってください。

レビトラとアルコール

レビトラ(バルデナフィル)の製品文書には、アルコール摂取に関する注意点などについて明記されておりません。

性行為前のムード作りとして、たしなむ程度のアルコールの摂取は性的興奮を得やすくなり、良い結果をもたらすとされています。

緊張をほぐしパートナーとの距離を縮めることにも役立ちます。ただし、過度なアルコールの摂取は、レビトラの本来の効果が薄れてしまうことがあります。

特にお酒に弱い方がレビトラ服用後にアルコールを摂取すると、酔いが周りやすく泥酔状態になりかねます。泥酔状態により勃起反応が起こりにくくなることがわかっています。

アルコールを飲まれる際は、適度な量に抑えるよう注意して下さい。また、カクテルを飲まれる際に、グレープフルーツジュースが入ったアルコールの摂取は控えてください。レビトラと服用することでお薬の効果に影響があります。

レビトラとロキソニンの服用

レビトラ、その他ED治療薬を服用した時に比較的起こりやすい副作用に「頭痛」があります。約1割の方が経験する副作用だと言われています。

ED治療薬は陰茎海綿体の血管を拡張して血流を増加させることで勃起を促しますが、この血管拡張作用が頭痛の原因とな流のです。

陰茎海綿体の部位ほどではありませんが全身の血管も拡張され、脳内の血管が拡張して周りの神経が刺激されることで頭痛が発現します。 この頭痛はロキソニンなどの消炎鎮痛薬(NSAIDs)で対処することが可能です。

レビトラ服用時にロキソニンを一緒に服用しておくと頭痛を回避することができます。

ただし、レビトラはバイアグラほどではありませんが食事の影響を受けるために空腹時の服用が推奨されています。

一方、ロキソニンなどのNSAIDsは空腹時に服用すると胃を荒らす恐れがあります。 そのため同時服用の際は胃薬(ムコスタ・セルベックスなどの胃を保護するタイプ)の併用をお勧めします。

また、多めのお水で服用してください。 レビトラ服用後に頭痛が起きてからでもロキソニンは服用可能です。ロキソニン服用後は30 分〜1時間程度で鎮痛効果が現れます。

尚、消化性潰瘍・重い肝障害・重い腎障害・アスピリン喘息を患っている方はロキソニンの服用を控えてください。

健康な方のレビトラ服用は問題ありません

レビトラはED(勃起不全)治療薬であるため、性生活に不満を感じていたり、勃起力に自信が無かったりする方向けに開発された医薬品です。

医師の処方箋が必要な医療用医薬品に指定されているため、ドラッグストアなどで手軽に購入できるお薬とは規制が違う医薬品です。

効果が高いため副作用にも注意が必要で、服用に適さない方もいらっしゃいますが、20歳以上の健康な男性が服用いただくことは基本的に問題がありません。

ただし、勃起が十分ではない勃起不全に当てはまる方が対象となります。血圧が高めの方や、肝機能に異常のある方、心血管障害をお持ちの方は原則服用できず、生活習慣病予備軍など健康診断で指摘があった方は注意が必要です。

日本よりED治療が一般的な欧米では、女性のピルに対して男性のバイアグラ(レビトラ、アイリス)といった位置づけで汎用されています。

その服用目的は様々であり、性生活の満足度を高めることによる生活の質(=QOL)の向上や、男性のアンチエイジングにも効果が期待されています。

レビトラの食事の影響

レビトラはバイアグラの短所であった食事の影響を受ける点を改良して作られています。標準的な食事であれば、食事をした後にレビトラを服用しても影響がないことがわかっています。

標準的な食事とは成人男性の1食分の食事のことで、およそ700kcalと定義されています。また、総エネルギーに占める脂肪の割合が30%までという制限もあり、およそ牛丼の並み盛が700kcalに該当します。

レビトラ(バルデナフィル)は15~30分で効き始める即効性があるので食後は30分以上空けてから服用し、性行為の30分前~2時間前までに服用するのがおすすめです。

ただし、食事の影響を多少受けるため、脂質の量が多く700kcal以上の食事は避ける必要があります。昼食の量を多めにしたり、間食をとったりすることで、夕食の量を少なくする工夫もあります。

食事を気にせずに服用されたい方は、食事の影響がほとんどないED治療薬であるシアリス(タダラフィル)の服用をおすすめいたします。

グレープフルーツのED治療薬への影響

レビトラなどED治療薬には併用禁忌の薬や併用に注意が必要な薬が幾つか存在しますが、ごく身近にあるものでひとつだけ注意しなければいけないものがあります。

それはグレープフルーツです。

ED治療薬と一緒にグレープフルーツを摂取すると、グレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分が体内のCYP3A4という代謝酵素の働きを阻害して薬の分解を邪魔してしまうのです。

薬の分解が通常よりも遅れるために血中濃度が上がって、重い副作用が発現する恐れがあります。 そのため、グレープフルーツとED治療薬の同時摂取は危険であるため控えるべきとされています。

グレープフルーツだけでなく、グレープフルーツジュースも対象なので注意してください。

同時に摂取しなければ問題ないかというと、10時間間隔を空けてもグレープフルーツによる影響があったというデータがあるため、ED治療薬を服用する予定のある方は1日以上(タダラフィルは長時間型なので2日以上)グレープフルーツ及びグレープフルーツジュースを控えることを推奨します。

副作用

  • 血管の拡張作用によるほてり、鼻づまり、軽い頭痛、動悸など
  • 血圧低下によるめまい
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等の薬または心臓病を治療する薬を服用している人は服用できません。

レビトラの服用において気をつけたい副作用は血流改善がもとでおこる症状です。

顔面紅潮や頭痛、動機などの副作用は比較的起こりやすいといえ、特に火照りは効果の表れととらえることができます。

レビトラは医薬品の錠剤も小さく飲みやすいため人気がありますが、比較的上記のような副作用が起こりやすいため注意が必要です。

個人差があるので、服用して全く問題がない人もいれば副作用を起こしてしまう人もいます。

何か体に異変を感じた際の基本は一旦中止をして様子をみることです。

何か変だなと感じつつも服用を続けることは症状の悪化に繋がるため、気をつける必要があります。

またレビトラには併用禁忌とされている医薬品があり、併用禁忌の医薬品を服用中の人は命に関わる重大な副作用の発現の可能性があるため、絶対に服用してはいけません。

レビトラと動脈硬化

動脈硬化とは高血圧・高血糖・脂質異常症などの生活習慣病や加齢が原因となり、動脈(血管)が硬くなって心臓に大きな負担がかかったり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクファクターとなる疾患です。

過度なストレスや喫煙、運動不足も動脈硬化になりやすいことが分かっています。

症状に気づきにくいことで「沈黙の殺人者」とも言われる動脈硬化になると、ED(勃起不全)になりやすいことが明らかになってきました。

ED(勃起不全)の症状がある方は、心筋梗塞や脳梗塞の発現率が高い臨床結果が発表されています。

このため、ED(勃起不全)の症状を適切に治療することで、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを軽減する効果も期待されています。

レビトラやバイアグラなどのED治療薬は、ペニスの血管を拡張することで勃起不全を改善しますが、 同時に動脈硬化の予防や改善効果も確認されつつあります。

ED治療薬が血管に直接作用することで、血管が硬くなったり詰まっている状態を緩和し、動脈硬化を予防する効果が期待されています。

高血圧治療中のレビトラ服用

レビトラ(バルデナフィル)は元々血圧を下げるための治療薬としてアメリカで開発された経緯があり、心疾患の治療薬や血圧を下げる薬と併用した場合、血圧が下がりすぎることでショック状態を引き起こすことがあり大変危険です。

そのため、低血圧の方(90/50以下)や治療を受けていない高血圧の方(170/100以上)は、レビトラを服用できません。ただし、上記に該当しない血圧治療中の方は、主治医と相談の上でレビトラを服用いただけます。

自己判断は危険ですので、必ず専門医に相談の上で服用を検討してください。高血圧気味の方の場合、狭心症のお薬(ニトログリセリンなどのNO供与剤)を服用している場合はレビトラを服用できません。

高血圧の方以外でも、不整脈の方、直近で脳梗塞・心筋梗塞・心不全を患ったことがある方、不安定狭心症や肝臓障害、末期腎不全患者、遺伝性網膜変性症既往歴のある方もレビトラを服用できない場合があります。

海外では心不全の方がレビトラを服用したことで心筋梗塞を発症した例が報告されており、十分な注意が必要です。

糖尿病が原因のEDとレビトラ

EDの最大の原因は加齢と言われていますが、他にも糖尿病が原因となる糖尿病性勃起障害があります。

糖尿病を発症するのは40代以降が多く、糖尿病予備軍の男性は非常に多いですが、含めると中高年男性の4〜5人に1人は糖尿病を患っていると言われています。

糖尿病の合併症の一つである自律神経失調症の症状の一つとして、泌尿器系や生殖器系にも影響を及ぼすことが分かっています。その結果引き起こされるのがEDをはじめとする勃起障害や射精障害、精子形成障害などの性機能障害です。

糖尿病の方が全員EDという訳ではありませんが、糖尿病の罹病期間が長い方・1日20本以上のタバコを吸う方・インスリン治療を受けている方・起立性低血圧、網膜症などの合併症がある方はEDを合併しやすいと言われています。

国内の臨床試験では糖尿病性勃起障害の患者さんにレビトラを3ヶ月服用した結果、症状が改善し結果が報告されています。

使用・併用禁忌

レビトラは狭心症の治療で用いられるニトロ製剤、HIV治療薬を服用中の人、透析中の人は服用することができません。

また不整脈の治療、水虫や白癬などの抗真菌薬の処方を受けている人も一部飲み合わせの悪い医薬品があるため注意が必要です。

高血圧の治療中の方も薬でコントロールが上手にできていれば服用は問題ないとされていますが、血圧に変動があったり、高かったりと数値が安定しない人はレビトラの服用に関しては医師に相談してから決めた方がいいでしょう。

狭心症の治療に用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤はレビトラと併用することができません。硝酸剤は一酸化窒素NOを供給して血管を広げる作用のある薬なので、レビトラと併用すると血圧が下がりすぎて、心臓発作を起こす危険もあります。

硝酸剤は内服薬だけでなく、舌下錠、吸入薬、貼り薬、注射薬などいろいろなタイプのものがあります。

レビトラの通販・個人輸入

レビトラの通販・個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Bayer(バイエル) / 発送国:シンガポール

有効成分

Vardenafil(バルデナフィル)20mg

内容量

4錠

カスタマーレビュー

47 レビュー | 評価 4.6 / 5
星5つ 65.96%
星4つ 27.66%
星3つ 4.26%
星2つ 2.13%
星1つ 0%

92% のお客様が
この商品をオススメしています

レビトラ20mgの口コミ (47件)

click!! --> modal window open