本日1128人がチェックしました
(0 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

塩酸シプロフロキサシン点眼薬0.3%

塩酸シプロフロキサシン点眼薬は結膜炎や角膜炎などに効く目薬です。有効成分はューキノロン系抗菌薬の塩酸シプロフロキサシンで、様々な感染症に有効です。同成分配合の薬は内服薬(シプロ)等がありますが、点眼薬は日本で未発売です。

有効成分:塩酸シプロフロキサシン(Ciprofloxacin Hydrochloride).


内容量 10ml
在庫 残り44個
獲得ポイント 27ポイント

セット数1箱あたり販売価格  
1箱 ¥2,680 ¥2,680
3箱 ¥993 ¥2,979
5箱 ¥656 ¥3,280

商品概要

塩酸シプロフロキサシン点眼薬は、細菌が原因の目の痛みや充血、かゆみ、めやになどが発症する「細菌性結膜炎」や、目の痛みや異物が入った感じがする「細菌性角膜潰瘍」を治療する点眼薬です。

有効成分の塩酸シプロフロキサシンは抗菌薬の成分でニューキノロン系抗菌薬と呼ばれています。細菌が原因の目の症状の角膜潰瘍、細菌性結膜炎の治療に用いる目薬です。

コンタクトレンズをしている人や、さかまつげの人は目の角膜が傷ついて細菌が入りやすく、その結果、角膜潰瘍の原因となります。

シプロフロキサシン点眼薬の成分が角膜潰瘍や細菌性結膜炎の原因菌をDNAレベルで作用して細菌から目を守ってくれます。

この効果を発揮するタイプの抗菌薬をニューキノロン系と呼びます。 シプロフロキサシンは点眼薬の他にも服用薬もあり、特に尿道炎や淋病などの治療には服用タイプのお薬(シプロ)が良く用いられます。

使用方法

角膜潰瘍の場合:

  • 初日:1回2摘を15分の間隔を空けて点眼します。これを6時間続けます。6時間後は1回2摘を30分の間隔を空けて点眼します。
  • 2日目:1回に2摘を1時間の間隔を空けて点眼。
  • 3~14日目:1回に2摘を4時間の間隔を空けて点眼。

細菌性結膜炎の場合:

  • 1~2日目:就寝中以外は1回1摘を2時間の間隔を空けて点眼。
  • 3~7日目:就寝中以外は1回に1摘を4時間の間隔を空けて点眼。

副作用

塩酸シプロフロキサシン点眼薬の副作用は目の周りに発症する症状が多く、以下のような副作用が起こり得ます。

涙目、目やに、刺激、かゆみ、不快感、充血、ドライアイ、異物感、視力の減退など

メーカー・発送国

Cipla(シプラ) / 発送国:シンガポール

有効成分

塩酸シプロフロキサシン(Ciprofloxacin Hydrochloride).

内容量

10ml

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

塩酸シプロフロキサシン点眼薬0.3%の口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open