ロセリルクリーム0.25%

ロセリルクリーム0.25%は、爪真菌症の治療薬!爪に直接塗るタイプなので使いやすい、爪専用の外用薬です。 爪真菌症だけでなく、皮膚糸状菌やイースト菌(酵母)、爪水虫など様々な症状に有効です。

有効成分:アムロジピン0.25%

内容量 10 gm
獲得ポイント 28ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 2,780 2,780
2箱 1,640 3,280
3箱 1,260 3,780
5箱 956 4,780
同じ有効成分(アムロジピン)を含む他の医薬品

商品概要

ロセリルクリーム0.25%は、爪真菌症の治療薬!爪に直接塗るタイプなので使いやすい、爪専用の外用薬です。

爪真菌症だけでなく、皮膚糸状菌やイースト菌(酵母)、爪水虫など様々な症状に有効です。

ラッカータイプの薬で患部だけに塗布することが出来、副作用もほとんど心配ありません。日本ではペキロン、海外ではCuranailなどの商品名で発売されています。

爪白癬の治療薬としては、一般に外用薬や内服薬が使用されます。しかし、爪は硬く、市販の外用薬では有効成分が十分に浸透しません。

一方で、ロセリルクリーム0.25%は市販の外用薬と比較すると有効成分が浸透しやすいことが分かっています。

その理由は有効成分塩酸アモロルフィンです。塩酸アモロルフィンは、強い抗真菌作用と、白癬菌の細胞膜合成をブロックする効果があります。

細胞膜合成をブロックされた塩酸アロルフィンは、増殖することが出来なくなり、やがて死滅していきます。

ロセリルクリーム0.25%は高い効果を期待できますが、長期に亘って治療が必要になることには変わりありません。

爪は生え代わりに時間がかかり、新しい爪に生え変わるには手の爪で3~6か月、足の爪だと6か月~10ヶ月と時間がかかることが分かっています。

そのため、手の爪であれは最低6か月、足の爪に至っては、9か月~1年間は治療を継続することが必要になってきます。

その際、内服薬を併用することで、体の内側からも治療を行うことが出来ます。実際にロセリルクリームと内服薬の併用で高い治療効果が期待できると言う知見も得られています。

しかし、長期に亘って内服を継続する必要があり、消化器系の副作用も出やすく、様子を見ながら併用していくことが大切です。

使用方法

  • 目安として、成人で週に1回、患部に塗ります。症状に応じて週に2回塗ることも可能です。
  • 使用をし忘れた場合はすぐに1回分を使用し、次回の使用時間が近い場合は次回から服用し、一度に2回分を使用することは避けます。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

副作用・使用上の注意

  • 爪の色の変化、変形や損傷など、赤み、刺激感。
  • 副作用は上記に限りません。

お薬の個人輸入

医薬品の個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

送料無料

個人輸入は全て海外からの発送ですが、くすりエクスプレスではご注文額に関わらず日本全国、送料弊社負担で発送いたします。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Galderma(ガルデルマ) / 発送国:シンガポール

有効成分

アムロジピン0.25%

内容量

10 gm

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 3.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 100.00%
星2つ 0%
星1つ 0%

60% のお客様が
この商品をオススメしています

ロセリルクリーム0.25%の口コミ (1件)

click!! --> modal window open