フィンペシア1mg(100錠)

【キノリンイエローフリー新タイプ】フィンペシアは、AGA治療薬のパイオニア「プロペシア」と同成分「フィナステリド1mg」配合の安価なジェネリックです。

有効成分:Finasteride(フィナステリド)1mg

内容量 100錠
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 4,148 4,148
4,880
2箱 2,967 5,934
6,980
3箱 2,545 7,635
8,979
5箱 2,190 10,950
12,880
同じ有効成分(フィナステリド)を含む他の医薬品

商品概要

キノリンイエローフリー」の新タイプのフィンペシア登場!プロペシア後発薬No.1ならこれ!

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬プロペシアと同成分フィナステリド配合のNo.1ジェネリック薬です。

フィンペシアは有効成分としてフィナステリド1mgを含有する経口服用する男性型脱毛症(AGA)治療薬で、5α-還元酵素阻害薬と呼ばれています。

フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品であるので、同等の成分・効果でありながら先発品より安価で購入することができます。

フィンペシアの有効成分フィナステリドは、ミノキシジルと共にAGA診療ガイドラインでは第一選択薬として推奨される成分です。

フィナステリドは元々は5mgの高用量で前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として使用されていましたが、研究で毛髪の成長効果があることが分かり現在は1mgという低用量で男性型脱毛の治療に世界中で広く使用されています。

フィンペシアは基本的に脱毛を予防して毛髪を強くする効果が主ですが継続服用することで毛量が増えた症例も多く、臨床試験でも発毛効果が認められています。

フィンペシア服用1年間で約6割、2年で約7割、3年で約8割確認されているので服用期間に比例して高い効果を得られることが分かっています。

尚、毛髪を現状維持したというグループも含むと約98%の方に脱毛予防、発毛の効果が確認されています。発毛においては従来の髪より強く太い髪が生えると言われています。

AGAは成長期~退行期~休止期という毛周期の中で成長期が短くなり休止期に留まる毛包が多くなることで薄毛の症状が発現します。

通常3年以上続く毛髪の成長期が半年ほどにまで短縮します。日本人男性の約30%に発症する症状です。AGAには男性ホルモンが深く関わっています。

5α-還元酵素の作用により男性ホルモンであるテストステロンからジヒドロテストステロンに変換されますが、このジヒドロステロンは皮脂腺の受容体と結合して過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでAGAを誘発することが知られています。

そこでフィンペシアの有効成分であるフィナステリドが5α-還元酵素を阻害することでAGAを引き起こす原因となるジヒドロテストステロンを抑制しAGAの症状を改善に導きます。

フィンペシア及びフィナステリド含有の内服薬は男性におけるAGAのみの適用であり、円形脱毛症や抗癌剤等による脱毛症、女性の脱毛症に対する適用はありません。

※当社の本商品には、Quinoline Yellow Freeの記載はなく、ピンクの外箱のものを配送しています。

フィンペシアとプロペシアの違い

フィンペシアは国内では承認されていないお薬ですが、同じ有効成分を配合したプロペシアは2005年にMSD株式会社によって承認・販売されています。

同じ有効成分フィナステリドを配合しているため、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品という位置づけになります。

フィンペシアはインドの大手製薬会社であるシプラ社で製造販売されており、インド国内の厳しい規制や国際的な創薬基準をクリアした医薬品のみを販売しています。

有効成分以外の添加物も同一か同一に近い成分が配合されており、ジェネリック医薬品としての品質は担保されています。国内でプロペシアを手に入れようとする際、AGA専門クリニックを受診して医師の処方せんが必要となります。

一方のフィンペシアは個人輸入によって手に入れることができます。すでにプロペシアでのAGA治療歴がある方には安価で購入できる選択肢としてご利用いただけます。

フィンペシアと初期脱毛

プロペシアやフィンペシアなど服用型のAGA治療薬を服用される男性の中には初期脱毛という抜け毛が現れることがあります。

フィンペシアは、インドのシプラ社が開発したプロペシアと同じフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬です。

国内では、2005年にAGA治療薬として承認されたプロペシアと同じ有効成分を配合しており、男性型脱毛症の進行を遅らせる医療用医薬品です。

AGAを引き起こす原因はジヒドロテストステロンであることが判明しており、これはテストステロンが5α還元酵素によって変換された物質です。

フィンペシアに含有しているフィナステリドは5α還元酵素を阻害する作用があるためAGAに効果があります。効果の発現には最低でも3ヶ月~半年はかかるので、お薬とうまく付き合う必要があります。

また、フィンペシアを服用された方の約3割程度に初期脱毛と呼ばれる症状が報告されています。

これはフィンペシアの作用により正常なヘアサイクルに戻ることで、休止期が長引いていた毛が一気に成長期へと移行するため、押し出される形で髪の毛が抜ける現象です。

服用して1週間~3か月程度の間に、平均的には1か月ほど継続すると言われています。

使用方法

フィンペシアを通常成人男性は1日1回1錠服用します。食事の影響は受けないので自身の服用しやすい時間帯に服用してください。

有効成分フィナステリドの血中濃度を一定に保つために毎日同じ時間帯(24時間間隔)に継続して服用することが非常に大切です。

早くて3ヶ月ほどで効果が現れる場合もありますが、多くは6ヶ月以上かかります。

そのため中々効果が現れなくても根気よく服用を続けてください。また効果を持続させるにはフィンペシアを服用し続ける必要があります。

発毛促進の効果がある「ミノキシジル」が含まれた、ミノキシジル外用薬や服用薬と併用することでさらにAGA治療の改善が促進されます。この併用は男性のみで女性は使用できません。

フィンペシアとミノキシジル併用

フィンペシアの成分であるフィナステリドと、リアップの成分であるミノキシジルは、アメリカのFDAや日本の学界で発毛効果がもっとも期待できる医薬品成分として認定されている医療用医薬品です。

多くのAGA専門クリニックでは初めにミノキシジルを処方し、その後フィンペシアを追加処方して2剤を併用する傾向にあります。

脱毛のブレーキのような作用を発揮するフィナステリドと、発毛のアクセルのような作用を発揮するミノキシジルを併用することで、発毛の相乗効果が期待できます。

ただし、体質や持病で特定の薬が使用できなかったり、特定成分が効きにくかったりした場合は、処方がされないこともあります。

2剤は違う機序を持っているため拮抗するなどのデメリットはないとされていますが、ほてりなどの副作用が強くでる場合があります

。また、フィナステリドの場合、専門病院で検査を受けることでお薬の効きやすさが分かります。確かな効果を確かめたい方は体質的にフィナステリドが効くのかどうか、検査を受けることもおすすめします。

フィンペシアとデュタステリドの違い

AGA治療薬として世界でもっとも処方されている医療用医薬品はプロペシアです。有効成分としてフィナステリドを配合しており、国内ではMSD社より承認・販売されています。

現在では特許が切れたため、多くのジェネリック医薬品も販売されています。ジェネリック医薬品の代表的な存在であるフィンペシアは、プロペシアと同様に男性ホルモンであるテストステロンをDHTに変化させる酵素を阻害する作用を持っています。

一方、日本で処方可能な最新のAGA治療薬はザガーロという医薬品であり、フランスのグラクソスミスクライン社より承認・販売されています。有効成分としてデュタステリドを配合しており、フィナステリドと同様にDHTに変化させる酵素を阻害する作用を有しています。

両者の違いとして、デュタステリドはフィナステリドと比較して酵素を阻害する効果が約3倍であるといわれていることから、AGA治療薬として大変注目されている成分です。デュタステリドの副作用は基本的にフィナステリドと同様で、性欲減退・肝機能障害などがあげられます。

副作用

フィンペシアの副作用は少ないですが頭痛、腹痛、下痢、性欲減退、勃起不全、女性化乳房などが報告されています。

また副作用ではありませんが、多くの方でフィンペシアの服用を開始して3日~1週間くらいで逆に抜け毛が増える「初期脱毛」という現象が起こります。

この脱毛はフィンペシアを服用し始めたことでヘアサイクルが正常なサイクルに戻り休止期の毛髪が抜けるためと考えられています。約1ヶ月前後で初期脱毛の症状は無くなるので安心してください。

また滅多に起こりませんが重大な副作用として肝機能障害が報告されています。フィンペシアを服用してから黄疸や倦怠感をはじめ何らかの異常が出た場合は服用を中止してすぐ受診してください。

フィンペシアは女性、未成年の男性は服用できません。 服用中は献血をしないでください。提供した血液が男児を妊娠中&授乳中の女性に使用されると男児の男性器の成長過程に影響がある恐れがあるためです。

服用中止から1ヶ月以上経過したら献血しても大丈夫です。 前立腺の検査をする場合、有効成分フィナステリドは前立腺の腫瘍マーカーを下げる作用があり正確な診断ができなくなる恐れがあるため必ず医師に服用している旨を伝えてください。

フィンペシアの副作用でEDに?

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドには、様々な副作用が報告されています。

3大副作用として肝機能障害・うつ・性機能障害が報告されていますが、中でもリビドー減退(性欲減退)や勃起機能不全(ED)には注意が必要で、射精障害や精液量減少が起こる場合も稀にあります。

このような副作用が起こるメカニズムは、フィナステリドが頭部だけではなく陰部にもあるジヒドロテストステロンの生成を抑制することに起因します。陰部に作用することで、十分な勃起ができないEDを発症するケースがあります。

発症頻度としては臨床試験の結果、1~2%ほどが報告されていますので非常に稀な副作用です。

フィンペシアの服用によりEDを発症した場合、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を服用することで改善できます。

ただし、ED治療薬の服用に適さない方もいらっしゃいますので、AGA専門医や泌尿器科の専門医を受診して相談されることをおすすめいたします。

使用・併用禁忌

フィンペシアは男性の薄毛治療薬として開発されたお薬ですので、女性の服用はお控えください。20歳未満の方が服用された臨床データはございませんので、未成年の方の服用はお控えください。

血管を健康に保ち、毛根への血流を促進することが育毛にとって大切です。睡眠不足やストレスには注意し、バランスの良い食生活を過ごすことで育毛効果が高まります。効果のあらわれ方には個人差がでる場合がございます。 

市販の育毛剤で効果が限定的な理由

育毛剤では発毛しません

薬局や楽天などで購入できる日本国内のみで宣伝・販売されている「市販の育毛剤」には、米国FDA、日本皮膚学会が推奨する、育毛、発毛成分「ミノキシジル」や脱毛防止成分の「フィナステリド(フィンペシアの成分)」は一切含まれておりません。

個人輸入

フィンペシアの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るためにフィンペシアなど商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Cipla(シプラ) / 発送国:シンガポール

有効成分

Finasteride(フィナステリド)1mg

内容量

100錠

カスタマーレビュー

13 レビュー | 評価 4.8 / 5
星5つ 84.62%
星4つ 15.38%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

96% のお客様が
この商品をオススメしています

フィンペシア1mg(100錠)の口コミ (13件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open