【アンチエイジング】プラセンタジェルの効果と使い方 | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/02/12

プラセンタ美容液とは

プラセンタは注射・内服・ドリンクなど体内に取り込む形の商品が広く知られていますが、化粧品の成分にもなっています。肌に直接塗布するので、特に美肌効果・肌のアンチエイジングを目指す方にお勧めです。

美容液は保湿成分や美容成分などの有効成分を濃縮して配合された化粧品です。一般的には化粧水の後に使用します。
美容液の役割は肌の水分を保持して有効成分を肌の角質層まで届けることであるため、スキンケアのメインとなる非常に重要なプロセスです。
美白・保湿・シミやしわの改善など何を目的とするか、また何の成分が含まれているかで最適な美容液を選択しなければいけません。

プラセンタにはありとあらゆる栄養素や有効成分が詰まっていて、たくさんの美肌効果・アンチエイジング効果があります。
肌への作用で挙げられるのは、メラニン抑制作用(美白)・抗酸化作用(アンチエイジング)・水分保持作用(保湿、ハリ)・抗炎症作用(ニキビ治療)・成長因子による新陳代謝を高める作用(肌のターンオーバーを高める)などです。
これはほんの一例であり、プラセンタ美容液はあらゆる肌の悩みに対応している万能の美容液です。

プラセンタの副作用

プラセンタは副作用がほとんどなく安全性の高い成分ですが、アレルギー反応(発赤、かぶれなどの皮膚症状)・ニキビなどの肌荒れ・胃のむかつき・下痢などの症状が副作用として報告されています。

しかし、アレルギー反応以外の症状は好転反応といって治療の過程で一時的に起こる身体反応であることがほとんどです。
プラセンタには細胞の代謝を促進して新しい細胞を次々と生み出す作用や自律神経やホルモンバランスを整える作用があり、そういった身体が変わっていく過程で一時的に症状や体調が悪化する好転反応が起こることがあるのです。好転反応(数日~1ヶ月)を終えると、通常は快方に向かっていきプラセンタ使用前より状態が良くなります。

プラセンタは免疫機能の調節によってアレルゲンに対する過剰反応を抑える作用があるためアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の改善を期待できますが、一方でプラセンタに対するアレルギー反応が副作用として稀に報告されています。

重篤な症状は報告されていませんが、食物などにアレルギーのある方はプラセンタの使用に注意が必要です。
かぶれ・かゆみ・発疹・息苦しさなどの症状が現れたらプラセンタの使用を中止してすぐ医師の診察を受けてください。

プラセンタのサプリとは

プラセンタは大昔から医薬品として重宝されてきた成分ですが、今日でも数多くのプラセンタ製品が研究、開発されています。
現在プラセンタはより身近になり、医薬品だけではなくサプリメント・ドリンク・化粧品といった様々な形態で販売されるようになりました。

医薬品は病気の治療や予防目的&サプリメントは栄養の補給目的というような観点で薬事法によって分類されていますが、近年ではサプリメントの質が上がりそれらの境目が小さくなってきました。

プラセンタの成分は胎盤から抽出されるエキスです。
プラセンタの医薬品は人間の胎盤が原料で、様々な安全対策・試験・治験が行われ厳しい基準をクリアしたものですが、サプリメントは人間の他に豚・馬などの哺乳類の胎盤を原料としていることが多く、自社基準によって製造されているため開発販売のハードルは医薬品より低いです。

プラセンタのサプリメントはプラセンタの医薬品である注射に比べると速効性はありませんが、製品によっては毎日長期的に継続服用することで注射と同じくらいの美容健康効果が期待できます。
価格はお高めですが、高品質(人間、馬の胎盤が特に高品質だと言われています。)で配合量の多いプラセンタのサプリメントを選ぶことを推奨します。
また、原材料や産地を確認すると共に日本健康・栄養食品協会(JHNFA)などの安全基準を満たしているか確認しておくと安心です。

プラセンタジェルとは

プラセンタジェルは人間の胎盤から栄養素など有効成分のみを抽出したエキスすなわちヒトプラセンタを1gにつき0.1g含有している外用ジェルです。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素、脂質・脂肪酸、糖質などたくさんの有効成分が詰まっていて、中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を高める成分が含まれているため非常に優れた美容効果を発揮します。

直接肌に塗布することで、若々しく張りや透明感のあるお肌に蘇らせます。
どんなタイプの肌、年齢関係なく使用することが可能です。また、顔だけでなく全身にも使用できます。
細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、高級スキンケアよりも高い効果があると世界的に話題です。
ジェルタイプなので、肌の深層部に浸透しやすいという特徴があります。

国内でヒトプラセンタは医薬品であるため注射剤にしか使用できません。国内のサプリメントや化粧品は馬や豚など人間以外の胎盤が原料となっています。
ヒトプラセンタは高品質で安全性が高く、本来貴重で高価な成分です。そんなヒトプラセンタが多く配合されているプラセンタジェルは非常に価値のあるコストパフォーマンスの高い商品です。

プラセンタジェルの効果

プラセンタジェルは人間の胎盤が原料であり、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、脂質・脂肪酸などありとあらゆる栄養素や成分が含まれています。
中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を高めることで肌のターンオーバーを早める成分が含まれていることがプラセンタジェルの最大の特徴で、非常に素晴らしい様々な美肌効果を発揮します。
細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、高級スキンケアよりも高い効果があると言われているほどです。

プラセンタジェルには水分保持作用・コラーゲン生成促進作用・メラニン抑制作用・抗酸化作用・抗炎症作用・血行促進作用・新陳代謝促進作用などたくさんの作用がありますが、肌に対して具体的には以下の効果が期待できます。

・肌の艶・ハリ・弾力アップ
・化粧ノリアップ
・毛穴を目立たなくする
・しわやたるみの改善(アンチエイジング)
・シミやくすみ、色素沈着の改善(美白)
・ニキビの改善
・やけど跡、傷跡の改善
・敏感肌、アトピー性皮膚炎の改善

まさに万能のアンチエイジング&美肌ジェルです。

プラセンタジェルの使い方

プラセンタジェルを1日1~2回、朝晩もしく晩に気になる部位に適量を塗布します。
塗布する部位は使用する前によく洗い流し、水気を拭いて清潔な状態にしてください。洗顔後やお風呂上がりがベストです。

適量を指にとって肌に直接塗布しますが、軽くマッサージをしながらジェルを薄く塗り広げていくとより効果的なのでお勧めです。
塗布した後は手についたジェルをよく洗い流してください。塗布した部位はそのままで構いません。

普段のスキンケアと併用する場合、洗顔→化粧水→プラセンタジェルの順番を推奨します。また、プラセンタジェル使用後は保湿クリームなどでしっかり保湿してください。乾燥は肌荒れ・老化に繋がる恐れがあることと、保湿クリームで肌に蓋をすることで水分や美容成分を閉じ込め浸透させる効果があるからです。
プラセンタジェルは美容液の代わりになるため他の美容液は必要ありませんが、どうしても使用したい場合はプラセンタジェルを塗布して乾いた後に使用してください。

プラセントレックスとは

プラセントレックス(プラセンタジェル)は有効成分として人間の胎盤から有効成分を抽出したエキスすなちヒトプラセンタを配合している外用ジェルで、プラセンタジェルとも呼ばれています。海外の製薬会社アルベルト・デイビッド社から販売されています。

ヒトプラセンタにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素、脂質・脂肪酸、糖質などたくさんの有効成分が詰まっていて、中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を促進する成分が含まれているため非常に優れた美肌・アンチエイジング効果を発揮します。
細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、個人差はありますが高級なスキンケアよりも効果があると話題になっています。美白・しわやたるみ改善(アンチエイジング)・保湿・ニキビ改善などあらゆる肌の悩みに対応します。

ヒトプラセンタは日本では医薬品であるため、最も高品質&安全性が高いにも関わらず医療機関で使用されるプラセンタ注射剤にしか使用されることを許されていません。
プラセンタジェルにはそんなヒトプラセンタが1gにつき0.1gとたっぷり配合されているぶん、効果も絶大です。

男性のプラセンタジェルの効果

プラセンタジェルは化粧品ということもあり女性が使用するイメージが大きいかもしれませんが、もちろん男性にもお勧めできます。

男性がプラセンタジェルを使う場合も、素晴らしいアンチエイジング・美肌効果を発揮します。主な効果としてはシミやしわの改善、たるみやほうれい線の改善、肌のハリや弾力アップ、ニキビ改善、敏感肌やアトピー性皮膚炎の改善などといった様々な美容効果があります。

尚、プラセンタにはホルモンバランスを調整する作用があり更年期障害の治療にも使用されるため、男性が取り入れると女性ホルモンが多くなってしまうのでは・・・と不安に思われる方がいらっしゃいますが、ホルモンバランスを整えて若い頃のように甦らせるという作用なので全く心配いりません。

更に、経口摂取のプラセンタには精力増進効果と毛髪の脱毛予防効果も期待できます。

プラセンタジェルの使用上の注意

肌が弱い方やアレルギー体質の方はプラセンタジェルの使用に慎重な注意が必要です。
少量から開始する、もしくはパッチテストを行い様子を見ることを推奨します。

プラセンタジェルは顔だけでなく全身どこでも使用できますが、炎症や傷のある部位・粘膜・目の極めて周辺の使用は控えてください。
また、プラセンタジェルの塗りすぎには注意してください。少量でも伸びやすく、十分に効果を発揮します。

化粧水の後&保湿クリームや乳液の前にプラセン・ジェルを使用することを推奨します。特に使用後はクリームなどでしっかり保湿してください。

使用開始してから十分な効果が発現するまでおよそ1~2週間かかるため、しばらく使用を続けて様子を見てください。

万が一痒み、かぶれ、ただれ、炎症、発疹などの皮膚症状が現れた場合はプラセンタジェルの使用を中止してすぐ皮膚科を受診してください。

アトピー性皮膚炎など皮膚疾患がある方はプラセンタジェルの使用を開始する前に医師に相談してください。
妊娠中・授乳中の方はプラセンタジェルの使用を控えることを推奨します。

プラセンタの安全性

プラセンタは人間や馬などの哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスです。
生物から抽出されたと聞くと、病原体やウイルスの感染がないかなど不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、公に流通しているプラセンタ製剤は高品質で安全性が非常に高いです。
皮膚炎などアレルギーの副作用の報告は数例ありますが極僅かで、感染症の報告は今まで一切ありません。

医療機関で使用されるプラセンタ注射剤は厚生労働省で認可された医薬品で、厳重な管理下で厳しい製造基準をクリアしています。
原料である胎盤も肝炎やHIVなどのウイルスがないか厳密にチェックされた人間の胎盤で、胎盤中の血液は特殊な高圧蒸気滅菌法などによって完全に除去されています。

サプリメントやドリンクや化粧品に含まれるプラセンタの胎盤は人間よりも馬や豚のものが多いですが、それらも厳重な健康・衛生管理下で飼育された農場から仕入れられているものです。人間の胎盤と同様、有効成分以外は滅菌除去され厳しい自社基準を設けて製造・検査されています。

プラセンタ注射

プラセンタ注射剤は国内でも慢性肝疾患・更年期障害治療での保険適応が認められています。通常およそ2週間~1か月に1回の頻度でプラセンタ注射(皮下もしくは筋肉注射)による治療を行います。直接体内に注入するため、即効性と効果は格段に高いです。

プラセンタ注射剤には「メルスモン」と「ラエンネック」があります。メルスモンは更年期障害治療、ラエンネックは慢性肝疾患治療に対して保険適応が認められています。ただし、美容目的は保険適用外になるため全額自己負担となります。

日本の医療機関で取り扱うプラセンタ注射剤は人間の胎盤を原料としたヒトプラセンタです。プラセンタ注射は日本で特定生物由来製品に指定されているため、 製造工程から市販後までたくさんの安全対策や厳しい基準が取られています。感染症などの事故の報告も今までにありません。

しかし、未知のウイルスや病原体の存在を完全に否定できず感染症などのリスクがゼロとは言えないため、 プラセンタ注射を行う際は同意書を書く必要があったり献血ができなくなるといった不都合があります。
そういったことが不安な方や注射が苦手の方は、プラセンタの内服や化粧品をお勧めします。

プラセンタ注射で献血ができなくなります

プラセンタ注射を一度でも受けた方は献血をすることができなくなります。
プラセンタ注射剤は人間の胎盤を原料としているため、現在の製造工程では除去できない未知のウイルスや病原体の存在の可能性を完全には否定できず、感染症などのリスクがゼロとは言えないことが原因です。

しかしながら、プラセンタ注射剤は国内で特定生物由来製品(人間など動物から抽出された成分を含有している薬剤)に指定されていることからより厳しい製造基準や安全管理の下で製造されているため、非常に安全性が高いです。今までにも感染症の報告があったことは一例もありません。
念のため、リスク回避のための措置として献血禁止となっております。
尚、輸血を受けることに関しては何も問題ないのでその点についてもご安心ください。

プラセンタの内服サプリメントやドリンク、化粧品については注射剤のようなこういった制限はありません。

プラセンタのエビデンス

プラセンタはたくさんの美容・健康効果を発揮する究極のアンチエイジング成分だと言われています。
その根拠(エビデンス)については国内含め世界中でかなりの研究実績があり、実証されています。
例えば健常な成人をプラセンタエキスを摂取するグループと摂取しないグループに分け、3ヶ月間(紫外線が増加する季節)で顔面のしみやしわなどの変化を調査した研究があります。この研究では、プラセンタエキスを摂取しないグループよりプラセンタエキスを摂取するグループのほうがシミ面積の増加が抑制されたという結果が出ました。

元々プラセンタの注射剤は国内の厳しい試験や基準をクリアして認可された医薬品でもあるため、エビデンスに基づく有効性は確かなものがあります。
同成分をサプリメントやドリンクとして経口摂取したとしても、注射剤ほどの速効性はありませんが長期間継続することで注射剤と同じくらいの効果が期待できます。

プラセンタの効果の発現には個人差が大きいため一概にこれだけ効くという絶対的な保証はありませんが、素晴らしい効果を発揮することが多くの臨床の現場で明らかになっております。

プラセンタと更年期障害の関係

50歳前後になると女性は更年期(閉経を迎えるまでの数年間)を迎えます。
更年期に差し掛かると卵巣機能が低下して女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に少なくなり、心身共に多くの不調が起こります。 このことを更年期障害と呼びますが、症状には個人差があります。
主には疲労感、不眠、ほてり、のぼせ、頭痛、めまい、不安感、イライラなどの症状が挙げられます。

プラセンタにたくさんの美容・健康効果がありますが、その中でも自律神経を調節する作用やホルモン分泌を調整する作用があるため、更年期による症状の改善に高い効果を発揮します。
その他、血行促進作用や疲労回復作用なども症状を軽減する一因になります。
実際に臨床の現場でもプラセンタが多く使用されていて、プラセンタ注射の「メルスモン」は更年期障害の治療において保険適応が認められているほどです。

注射はハードルが高いという方はプラセンタのサプリメントや化粧品も非常に有効です。
更年期障害の症状が始まる前に予防的に使用しているとより効果的なのでお勧めです。

プラセンタでシミ改善

絶大な美肌効果を発揮するプラセンタは、シミの予防・改善効果も期待できます。

シミは紫外線などの要因により肌内部で活性酸素が生成され炎症を起こし、その刺激でメラニン色素が処理能力以上に大量に生成されてしまうことが原因です。

プラセンタには活性酸素除去作用や抗炎症作用があることが明らかになっています。
メラニン色素が大量に生成される根本的な原因を取り除いてくれるため、シミに非常に有効なのです。

また、プラセンタには肌の奥深くの細胞の増殖・再生を活性化して肌の新陳代謝・ターンオーバーを高める作用があるため、既に出来てしまったシミの改善にも有効です。
上記の作用から、シミだけでなくニキビ跡などの色素沈着の改善や肌全体の美白効果もあります。

肌のターンオーバーは早くておよそ28日周期なので、プラセンタによるシミ対策の効果が十分に発現されるまでには3ヶ月~数ヶ月ほど様子を見る必要があります。
しばらくの間、正しい用法用量で継続的にプラセンタを使用することを強く推奨します。

プラセンタとコラーゲンの違い

プラセンタとコラーゲンは両者とも美肌成分の代表格ですが、成分や働きかたは大きく異なります。

まず、プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスであり、生命維持に必要なありとあらゆる栄養素が詰まっています。
中でも「成長因子」という成分は細胞を活性化させて新陳代謝を高め新しい細胞を生み出す作用があるため、身体の内側からのアンチエイジングに絶大な効果を発揮します。

一方、コラーゲンはタンパク質の一種であり、肌・血管・骨など身体の色んな部位に元々存在しています。肌においては弾力を保ち、肌の新陳代謝を高める役割を果たしています。加齢に伴い体内のコラーゲンが減少すると、肌のたるみ・しわ・関節痛などといった老化に関わる症状が現れます。

プラセンタのほうが細胞レベルで効果を発揮しますが、美肌・美白・アンチエイジング作用はコラーゲンと似ています。尚、プラセンタには体内でのコラーゲンの生成自体を増やす効果も期待できます。

また、プラセンタとコラーゲンは同時摂取可能なので、併用することで美容・健康の素晴らしい相乗効果が期待できます。

【アンチエイジング】プラセンタジェルの効果と使い方

プラセンタ美容液とは

プラセンタは注射・内服・ドリンクなど体内に取り込む形の商品が広く知られていますが、化粧品の成分にもなっています。肌に直接塗布するので、特に美肌効果・肌のアンチエイジングを目指す方にお勧めです。 美容液は保湿成分や美容成分などの有効成分を濃縮して配合された化粧品です。一般的には化粧水の後に使用します。 美容液の役割は肌の水分を保持して有効成分を肌の角質層まで届けることであるため、スキンケアのメインとなる非常に重要なプロセスです。 美白・保湿・シミやしわの改善など何を目的とするか、また何の成分が含まれているかで最適な美容液を選択しなければいけません。 プラセンタにはありとあらゆる栄養素や有効成分が詰まっていて、たくさんの美肌効果・アンチエイジング効果があります。 肌への作用で挙げられるのは、メラニン抑制作用(美白)・抗酸化作用(アンチエイジング)・水分保持作用(保湿、ハリ)・抗炎症作用(ニキビ治療)・成長因子による新陳代謝を高める作用(肌のターンオーバーを高める)などです。 これはほんの一例であり、プラセンタ美容液はあらゆる肌の悩みに対応している万能の美容液です。

プラセンタの副作用

プラセンタは副作用がほとんどなく安全性の高い成分ですが、アレルギー反応(発赤、かぶれなどの皮膚症状)・ニキビなどの肌荒れ・胃のむかつき・下痢などの症状が副作用として報告されています。 しかし、アレルギー反応以外の症状は好転反応といって治療の過程で一時的に起こる身体反応であることがほとんどです。 プラセンタには細胞の代謝を促進して新しい細胞を次々と生み出す作用や自律神経やホルモンバランスを整える作用があり、そういった身体が変わっていく過程で一時的に症状や体調が悪化する好転反応が起こることがあるのです。好転反応(数日~1ヶ月)を終えると、通常は快方に向かっていきプラセンタ使用前より状態が良くなります。 プラセンタは免疫機能の調節によってアレルゲンに対する過剰反応を抑える作用があるためアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の改善を期待できますが、一方でプラセンタに対するアレルギー反応が副作用として稀に報告されています。 重篤な症状は報告されていませんが、食物などにアレルギーのある方はプラセンタの使用に注意が必要です。 かぶれ・かゆみ・発疹・息苦しさなどの症状が現れたらプラセンタの使用を中止してすぐ医師の診察を受けてください。

プラセンタのサプリとは

プラセンタは大昔から医薬品として重宝されてきた成分ですが、今日でも数多くのプラセンタ製品が研究、開発されています。 現在プラセンタはより身近になり、医薬品だけではなくサプリメント・ドリンク・化粧品といった様々な形態で販売されるようになりました。 医薬品は病気の治療や予防目的&サプリメントは栄養の補給目的というような観点で薬事法によって分類されていますが、近年ではサプリメントの質が上がりそれらの境目が小さくなってきました。 プラセンタの成分は胎盤から抽出されるエキスです。 プラセンタの医薬品は人間の胎盤が原料で、様々な安全対策・試験・治験が行われ厳しい基準をクリアしたものですが、サプリメントは人間の他に豚・馬などの哺乳類の胎盤を原料としていることが多く、自社基準によって製造されているため開発販売のハードルは医薬品より低いです。 プラセンタのサプリメントはプラセンタの医薬品である注射に比べると速効性はありませんが、製品によっては毎日長期的に継続服用することで注射と同じくらいの美容健康効果が期待できます。 価格はお高めですが、高品質(人間、馬の胎盤が特に高品質だと言われています。)で配合量の多いプラセンタのサプリメントを選ぶことを推奨します。 また、原材料や産地を確認すると共に日本健康・栄養食品協会(JHNFA)などの安全基準を満たしているか確認しておくと安心です。

プラセンタジェルとは

プラセンタジェルは人間の胎盤から栄養素など有効成分のみを抽出したエキスすなわちヒトプラセンタを1gにつき0.1g含有している外用ジェルです。 ビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素、脂質・脂肪酸、糖質などたくさんの有効成分が詰まっていて、中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を高める成分が含まれているため非常に優れた美容効果を発揮します。 直接肌に塗布することで、若々しく張りや透明感のあるお肌に蘇らせます。 どんなタイプの肌、年齢関係なく使用することが可能です。また、顔だけでなく全身にも使用できます。 細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、高級スキンケアよりも高い効果があると世界的に話題です。 ジェルタイプなので、肌の深層部に浸透しやすいという特徴があります。 国内でヒトプラセンタは医薬品であるため注射剤にしか使用できません。国内のサプリメントや化粧品は馬や豚など人間以外の胎盤が原料となっています。 ヒトプラセンタは高品質で安全性が高く、本来貴重で高価な成分です。そんなヒトプラセンタが多く配合されているプラセンタジェルは非常に価値のあるコストパフォーマンスの高い商品です。

プラセンタジェルの効果

プラセンタジェルは人間の胎盤が原料であり、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、脂質・脂肪酸などありとあらゆる栄養素や成分が含まれています。 中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を高めることで肌のターンオーバーを早める成分が含まれていることがプラセンタジェルの最大の特徴で、非常に素晴らしい様々な美肌効果を発揮します。 細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、高級スキンケアよりも高い効果があると言われているほどです。 プラセンタジェルには水分保持作用・コラーゲン生成促進作用・メラニン抑制作用・抗酸化作用・抗炎症作用・血行促進作用・新陳代謝促進作用などたくさんの作用がありますが、肌に対して具体的には以下の効果が期待できます。 ・肌の艶・ハリ・弾力アップ ・化粧ノリアップ ・毛穴を目立たなくする ・しわやたるみの改善(アンチエイジング) ・シミやくすみ、色素沈着の改善(美白) ・ニキビの改善 ・やけど跡、傷跡の改善 ・敏感肌、アトピー性皮膚炎の改善 まさに万能のアンチエイジング&美肌ジェルです。

プラセンタジェルの使い方

プラセンタジェルを1日1~2回、朝晩もしく晩に気になる部位に適量を塗布します。 塗布する部位は使用する前によく洗い流し、水気を拭いて清潔な状態にしてください。洗顔後やお風呂上がりがベストです。 適量を指にとって肌に直接塗布しますが、軽くマッサージをしながらジェルを薄く塗り広げていくとより効果的なのでお勧めです。 塗布した後は手についたジェルをよく洗い流してください。塗布した部位はそのままで構いません。 普段のスキンケアと併用する場合、洗顔→化粧水→プラセンタジェルの順番を推奨します。また、プラセンタジェル使用後は保湿クリームなどでしっかり保湿してください。乾燥は肌荒れ・老化に繋がる恐れがあることと、保湿クリームで肌に蓋をすることで水分や美容成分を閉じ込め浸透させる効果があるからです。 プラセンタジェルは美容液の代わりになるため他の美容液は必要ありませんが、どうしても使用したい場合はプラセンタジェルを塗布して乾いた後に使用してください。

プラセントレックスとは

プラセントレックス(プラセンタジェル)は有効成分として人間の胎盤から有効成分を抽出したエキスすなちヒトプラセンタを配合している外用ジェルで、プラセンタジェルとも呼ばれています。海外の製薬会社アルベルト・デイビッド社から販売されています。 ヒトプラセンタにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素、脂質・脂肪酸、糖質などたくさんの有効成分が詰まっていて、中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を促進する成分が含まれているため非常に優れた美肌・アンチエイジング効果を発揮します。 細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、個人差はありますが高級なスキンケアよりも効果があると話題になっています。美白・しわやたるみ改善(アンチエイジング)・保湿・ニキビ改善などあらゆる肌の悩みに対応します。 ヒトプラセンタは日本では医薬品であるため、最も高品質&安全性が高いにも関わらず医療機関で使用されるプラセンタ注射剤にしか使用されることを許されていません。 プラセンタジェルにはそんなヒトプラセンタが1gにつき0.1gとたっぷり配合されているぶん、効果も絶大です。

男性のプラセンタジェルの効果

プラセンタジェルは化粧品ということもあり女性が使用するイメージが大きいかもしれませんが、もちろん男性にもお勧めできます。 男性がプラセンタジェルを使う場合も、素晴らしいアンチエイジング・美肌効果を発揮します。主な効果としてはシミやしわの改善、たるみやほうれい線の改善、肌のハリや弾力アップ、ニキビ改善、敏感肌やアトピー性皮膚炎の改善などといった様々な美容効果があります。 尚、プラセンタにはホルモンバランスを調整する作用があり更年期障害の治療にも使用されるため、男性が取り入れると女性ホルモンが多くなってしまうのでは・・・と不安に思われる方がいらっしゃいますが、ホルモンバランスを整えて若い頃のように甦らせるという作用なので全く心配いりません。 更に、経口摂取のプラセンタには精力増進効果と毛髪の脱毛予防効果も期待できます。

プラセンタジェルの使用上の注意

肌が弱い方やアレルギー体質の方はプラセンタジェルの使用に慎重な注意が必要です。 少量から開始する、もしくはパッチテストを行い様子を見ることを推奨します。 プラセンタジェルは顔だけでなく全身どこでも使用できますが、炎症や傷のある部位・粘膜・目の極めて周辺の使用は控えてください。 また、プラセンタジェルの塗りすぎには注意してください。少量でも伸びやすく、十分に効果を発揮します。 化粧水の後&保湿クリームや乳液の前にプラセン・ジェルを使用することを推奨します。特に使用後はクリームなどでしっかり保湿してください。 使用開始してから十分な効果が発現するまでおよそ1~2週間かかるため、しばらく使用を続けて様子を見てください。 万が一痒み、かぶれ、ただれ、炎症、発疹などの皮膚症状が現れた場合はプラセンタジェルの使用を中止してすぐ皮膚科を受診してください。 アトピー性皮膚炎など皮膚疾患がある方はプラセンタジェルの使用を開始する前に医師に相談してください。 妊娠中・授乳中の方はプラセンタジェルの使用を控えることを推奨します。

プラセンタの安全性

プラセンタは人間や馬などの哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスです。 生物から抽出されたと聞くと、病原体やウイルスの感染がないかなど不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、公に流通しているプラセンタ製剤は高品質で安全性が非常に高いです。 皮膚炎などアレルギーの副作用の報告は数例ありますが極僅かで、感染症の報告は今まで一切ありません。 医療機関で使用されるプラセンタ注射剤は厚生労働省で認可された医薬品で、厳重な管理下で厳しい製造基準をクリアしています。 原料である胎盤も肝炎やHIVなどのウイルスがないか厳密にチェックされた人間の胎盤で、胎盤中の血液は特殊な高圧蒸気滅菌法などによって完全に除去されています。 サプリメントやドリンクや化粧品に含まれるプラセンタの胎盤は人間よりも馬や豚のものが多いですが、それらも厳重な健康・衛生管理下で飼育された農場から仕入れられているものです。人間の胎盤と同様、有効成分以外は滅菌除去され厳しい自社基準を設けて製造・検査されています。

プラセンタ注射

プラセンタ注射剤は国内でも慢性肝疾患・更年期障害治療での保険適応が認められています。通常およそ2週間~1か月に1回の頻度でプラセンタ注射(皮下もしくは筋肉注射)による治療を行います。直接体内に注入するため、即効性と効果は格段に高いです。 プラセンタ注射剤には「メルスモン」と「ラエンネック」があります。メルスモンは更年期障害治療、ラエンネックは慢性肝疾患治療に対して保険適応が認められています。ただし、美容目的は保険適用外になるため全額自己負担となります。 日本の医療機関で取り扱うプラセンタ注射剤は人間の胎盤を原料としたヒトプラセンタです。プラセンタ注射は日本で特定生物由来製品に指定されているため、 製造工程から市販後までたくさんの安全対策や厳しい基準が取られています。感染症などの事故の報告も今までにありません。 しかし、未知のウイルスや病原体の存在を完全に否定できず感染症などのリスクがゼロとは言えないため、 プラセンタ注射を行う際は同意書を書く必要があったり献血ができなくなるといった不都合があります。 そういったことが不安な方や注射が苦手の方は、プラセンタの内服や化粧品をお勧めします。

プラセンタ注射で献血ができなくなります

プラセンタ注射を一度でも受けた方は献血をすることができなくなります。 プラセンタ注射剤は人間の胎盤を原料としているため、現在の製造工程では除去できない未知のウイルスや病原体の存在の可能性を完全には否定できず、感染症などのリスクがゼロとは言えないことが原因です。 しかしながら、プラセンタ注射剤は国内で特定生物由来製品(人間など動物から抽出された成分を含有している薬剤)に指定されていることからより厳しい製造基準や安全管理の下で製造されているため、非常に安全性が高いです。今までにも感染症の報告があったことは一例もありません。 念のため、リスク回避のための措置として献血禁止となっております。 尚、輸血を受けることに関しては何も問題ないのでその点についてもご安心ください。 プラセンタの内服サプリメントやドリンク、化粧品については注射剤のようなこういった制限はありません。

プラセンタのエビデンス

プラセンタはたくさんの美容・健康効果を発揮する究極のアンチエイジング成分だと言われています。 その根拠(エビデンス)については国内含め世界中でかなりの研究実績があり、実証されています。 例えば健常な成人をプラセンタエキスを摂取するグループと摂取しないグループに分け、3ヶ月間(紫外線が増加する季節)で顔面のしみやしわなどの変化を調査した研究があります。この研究では、プラセンタエキスを摂取しないグループよりプラセンタエキスを摂取するグループのほうがシミ面積の増加が抑制されたという結果が出ました。 元々プラセンタの注射剤は国内の厳しい試験や基準をクリアして認可された医薬品でもあるため、エビデンスに基づく有効性は確かなものがあります。 同成分をサプリメントやドリンクとして経口摂取したとしても、注射剤ほどの速効性はありませんが長期間継続することで注射剤と同じくらいの効果が期待できます。 プラセンタの効果の発現には個人差が大きいため一概にこれだけ効くという絶対的な保証はありませんが、素晴らしい効果を発揮することが多くの臨床の現場で明らかになっております。

プラセンタと更年期障害の関係

50歳前後になると女性は更年期(閉経を迎えるまでの数年間)を迎えます。 更年期に差し掛かると卵巣機能が低下して女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に少なくなり、心身共に多くの不調が起こります。 このことを更年期障害と呼びますが、症状には個人差があります。 主には疲労感、不眠、ほてり、のぼせ、頭痛、めまい、不安感、イライラなどの症状が挙げられます。 プラセンタにたくさんの美容・健康効果がありますが、その中でも自律神経を調節する作用やホルモン分泌を調整する作用があるため、更年期による症状の改善に高い効果を発揮します。 その他、血行促進作用や疲労回復作用なども症状を軽減する一因になります。 実際に臨床の現場でもプラセンタが多く使用されていて、プラセンタ注射の「メルスモン」は更年期障害の治療において保険適応が認められているほどです。 注射はハードルが高いという方はプラセンタのサプリメントや化粧品も非常に有効です。 更年期障害の症状が始まる前に予防的に使用しているとより効果的なのでお勧めです。

プラセンタでシミ改善

絶大な美肌効果を発揮するプラセンタは、シミの予防・改善効果も期待できます。 シミは紫外線などの要因により肌内部で活性酸素が生成され炎症を起こし、その刺激でメラニン色素が処理能力以上に大量に生成されてしまうことが原因です。 プラセンタには活性酸素除去作用や抗炎症作用があることが明らかになっています。 メラニン色素が大量に生成される根本的な原因を取り除いてくれるため、シミに非常に有効なのです。 また、プラセンタには肌の奥深くの細胞の増殖・再生を活性化して肌の新陳代謝・ターンオーバーを高める作用があるため、既に出来てしまったシミの改善にも有効です。 上記の作用から、シミだけでなくニキビ跡などの色素沈着の改善や肌全体の美白効果もあります。 肌のターンオーバーは早くておよそ28日周期なので、プラセンタによるシミ対策の効果が十分に発現されるまでには3ヶ月~数ヶ月ほど様子を見る必要があります。 しばらくの間、正しい用法用量で継続的にプラセンタを使用することを強く推奨します。

プラセンタとコラーゲンの違い

プラセンタとコラーゲンは両者とも美肌成分の代表格ですが、成分や働きかたは大きく異なります。 まず、プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスであり、生命維持に必要なありとあらゆる栄養素が詰まっています。 中でも「成長因子」という成分は細胞を活性化させて新陳代謝を高め新しい細胞を生み出す作用があるため、身体の内側からのアンチエイジングに絶大な効果を発揮します。 一方、コラーゲンはタンパク質の一種であり、肌・血管・骨など身体の色んな部位に元々存在しています。肌においては弾力を保ち、肌の新陳代謝を高める役割を果たしています。加齢に伴い体内のコラーゲンが減少すると、肌のたるみ・しわ・関節痛などといった老化に関わる症状が現れます。 プラセンタのほうが細胞レベルで効果を発揮しますが、美肌・美白・アンチエイジング作用はコラーゲンと似ています。尚、プラセンタには体内でのコラーゲンの生成自体を増やす効果も期待できます。 また、プラセンタとコラーゲンは同時摂取可能なので、併用することで美容・健康の素晴らしい相乗効果が期待できます。

冷え性やむくみ改善薬のご購入なら

人気商品

【アンチエイジング】プラセンタジェルの効果と使い方

プラセンタ美容液とは

プラセンタは注射・内服・ドリンクなど体内に取り込む形の商品が広く知られていますが、化粧品の成分にもなっています。肌に直接塗布するので、特に美肌効果・肌のアンチエイジングを目指す方にお勧めです。 美容液は保湿成分や美容成分などの有効成分を濃縮して配合された化粧品です。一般的には化粧水の後に使用します。 美容液の役割は肌の水分を保持して有効成分を肌の角質層まで届けることであるため、スキンケアのメインとなる非常に重要なプロセスです。 美白・保湿・シミやしわの改善など何を目的とするか、また何の成分が含まれているかで最適な美容液を選択しなければいけません。 プラセンタにはありとあらゆる栄養素や有効成分が詰まっていて、たくさんの美肌効果・アンチエイジング効果があります。 肌への作用で挙げられるのは、メラニン抑制作用(美白)・抗酸化作用(アンチエイジング)・水分保持作用(保湿、ハリ)・抗炎症作用(ニキビ治療)・成長因子による新陳代謝を高める作用(肌のターンオーバーを高める)などです。 これはほんの一例であり、プラセンタ美容液はあらゆる肌の悩みに対応している万能の美容液です。

プラセンタの副作用

プラセンタは副作用がほとんどなく安全性の高い成分ですが、アレルギー反応(発赤、かぶれなどの皮膚症状)・ニキビなどの肌荒れ・胃のむかつき・下痢などの症状が副作用として報告されています。 しかし、アレルギー反応以外の症状は好転反応といって治療の過程で一時的に起こる身体反応であることがほとんどです。 プラセンタには細胞の代謝を促進して新しい細胞を次々と生み出す作用や自律神経やホルモンバランスを整える作用があり、そういった身体が変わっていく過程で一時的に症状や体調が悪化する好転反応が起こることがあるのです。好転反応(数日~1ヶ月)を終えると、通常は快方に向かっていきプラセンタ使用前より状態が良くなります。 プラセンタは免疫機能の調節によってアレルゲンに対する過剰反応を抑える作用があるためアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の改善を期待できますが、一方でプラセンタに対するアレルギー反応が副作用として稀に報告されています。 重篤な症状は報告されていませんが、食物などにアレルギーのある方はプラセンタの使用に注意が必要です。 かぶれ・かゆみ・発疹・息苦しさなどの症状が現れたらプラセンタの使用を中止してすぐ医師の診察を受けてください。

プラセンタのサプリとは

プラセンタは大昔から医薬品として重宝されてきた成分ですが、今日でも数多くのプラセンタ製品が研究、開発されています。 現在プラセンタはより身近になり、医薬品だけではなくサプリメント・ドリンク・化粧品といった様々な形態で販売されるようになりました。 医薬品は病気の治療や予防目的&サプリメントは栄養の補給目的というような観点で薬事法によって分類されていますが、近年ではサプリメントの質が上がりそれらの境目が小さくなってきました。 プラセンタの成分は胎盤から抽出されるエキスです。 プラセンタの医薬品は人間の胎盤が原料で、様々な安全対策・試験・治験が行われ厳しい基準をクリアしたものですが、サプリメントは人間の他に豚・馬などの哺乳類の胎盤を原料としていることが多く、自社基準によって製造されているため開発販売のハードルは医薬品より低いです。 プラセンタのサプリメントはプラセンタの医薬品である注射に比べると速効性はありませんが、製品によっては毎日長期的に継続服用することで注射と同じくらいの美容健康効果が期待できます。 価格はお高めですが、高品質(人間、馬の胎盤が特に高品質だと言われています。)で配合量の多いプラセンタのサプリメントを選ぶことを推奨します。 また、原材料や産地を確認すると共に日本健康・栄養食品協会(JHNFA)などの安全基準を満たしているか確認しておくと安心です。

プラセンタジェルとは

プラセンタジェルは人間の胎盤から栄養素など有効成分のみを抽出したエキスすなわちヒトプラセンタを1gにつき0.1g含有している外用ジェルです。 ビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素、脂質・脂肪酸、糖質などたくさんの有効成分が詰まっていて、中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を高める成分が含まれているため非常に優れた美容効果を発揮します。 直接肌に塗布することで、若々しく張りや透明感のあるお肌に蘇らせます。 どんなタイプの肌、年齢関係なく使用することが可能です。また、顔だけでなく全身にも使用できます。 細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、高級スキンケアよりも高い効果があると世界的に話題です。 ジェルタイプなので、肌の深層部に浸透しやすいという特徴があります。 国内でヒトプラセンタは医薬品であるため注射剤にしか使用できません。国内のサプリメントや化粧品は馬や豚など人間以外の胎盤が原料となっています。 ヒトプラセンタは高品質で安全性が高く、本来貴重で高価な成分です。そんなヒトプラセンタが多く配合されているプラセンタジェルは非常に価値のあるコストパフォーマンスの高い商品です。

プラセンタジェルの効果

プラセンタジェルは人間の胎盤が原料であり、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、脂質・脂肪酸などありとあらゆる栄養素や成分が含まれています。 中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を高めることで肌のターンオーバーを早める成分が含まれていることがプラセンタジェルの最大の特徴で、非常に素晴らしい様々な美肌効果を発揮します。 細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、高級スキンケアよりも高い効果があると言われているほどです。 プラセンタジェルには水分保持作用・コラーゲン生成促進作用・メラニン抑制作用・抗酸化作用・抗炎症作用・血行促進作用・新陳代謝促進作用などたくさんの作用がありますが、肌に対して具体的には以下の効果が期待できます。 ・肌の艶・ハリ・弾力アップ ・化粧ノリアップ ・毛穴を目立たなくする ・しわやたるみの改善(アンチエイジング) ・シミやくすみ、色素沈着の改善(美白) ・ニキビの改善 ・やけど跡、傷跡の改善 ・敏感肌、アトピー性皮膚炎の改善 まさに万能のアンチエイジング&美肌ジェルです。

プラセンタジェルの使い方

プラセンタジェルを1日1~2回、朝晩もしく晩に気になる部位に適量を塗布します。 塗布する部位は使用する前によく洗い流し、水気を拭いて清潔な状態にしてください。洗顔後やお風呂上がりがベストです。 適量を指にとって肌に直接塗布しますが、軽くマッサージをしながらジェルを薄く塗り広げていくとより効果的なのでお勧めです。 塗布した後は手についたジェルをよく洗い流してください。塗布した部位はそのままで構いません。 普段のスキンケアと併用する場合、洗顔→化粧水→プラセンタジェルの順番を推奨します。また、プラセンタジェル使用後は保湿クリームなどでしっかり保湿してください。乾燥は肌荒れ・老化に繋がる恐れがあることと、保湿クリームで肌に蓋をすることで水分や美容成分を閉じ込め浸透させる効果があるからです。 プラセンタジェルは美容液の代わりになるため他の美容液は必要ありませんが、どうしても使用したい場合はプラセンタジェルを塗布して乾いた後に使用してください。

プラセントレックスとは

プラセントレックス(プラセンタジェル)は有効成分として人間の胎盤から有効成分を抽出したエキスすなちヒトプラセンタを配合している外用ジェルで、プラセンタジェルとも呼ばれています。海外の製薬会社アルベルト・デイビッド社から販売されています。 ヒトプラセンタにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素、脂質・脂肪酸、糖質などたくさんの有効成分が詰まっていて、中でも成長因子という細胞を活性化して新陳代謝を促進する成分が含まれているため非常に優れた美肌・アンチエイジング効果を発揮します。 細胞レベルで肌の内側から効果を発揮するため、個人差はありますが高級なスキンケアよりも効果があると話題になっています。美白・しわやたるみ改善(アンチエイジング)・保湿・ニキビ改善などあらゆる肌の悩みに対応します。 ヒトプラセンタは日本では医薬品であるため、最も高品質&安全性が高いにも関わらず医療機関で使用されるプラセンタ注射剤にしか使用されることを許されていません。 プラセンタジェルにはそんなヒトプラセンタが1gにつき0.1gとたっぷり配合されているぶん、効果も絶大です。

男性のプラセンタジェルの効果

プラセンタジェルは化粧品ということもあり女性が使用するイメージが大きいかもしれませんが、もちろん男性にもお勧めできます。 男性がプラセンタジェルを使う場合も、素晴らしいアンチエイジング・美肌効果を発揮します。主な効果としてはシミやしわの改善、たるみやほうれい線の改善、肌のハリや弾力アップ、ニキビ改善、敏感肌やアトピー性皮膚炎の改善などといった様々な美容効果があります。 尚、プラセンタにはホルモンバランスを調整する作用があり更年期障害の治療にも使用されるため、男性が取り入れると女性ホルモンが多くなってしまうのでは・・・と不安に思われる方がいらっしゃいますが、ホルモンバランスを整えて若い頃のように甦らせるという作用なので全く心配いりません。 更に、経口摂取のプラセンタには精力増進効果と毛髪の脱毛予防効果も期待できます。

プラセンタジェルの使用上の注意

肌が弱い方やアレルギー体質の方はプラセンタジェルの使用に慎重な注意が必要です。 少量から開始する、もしくはパッチテストを行い様子を見ることを推奨します。 プラセンタジェルは顔だけでなく全身どこでも使用できますが、炎症や傷のある部位・粘膜・目の極めて周辺の使用は控えてください。 また、プラセンタジェルの塗りすぎには注意してください。少量でも伸びやすく、十分に効果を発揮します。 化粧水の後&保湿クリームや乳液の前にプラセン・ジェルを使用することを推奨します。特に使用後はクリームなどでしっかり保湿してください。 使用開始してから十分な効果が発現するまでおよそ1~2週間かかるため、しばらく使用を続けて様子を見てください。 万が一痒み、かぶれ、ただれ、炎症、発疹などの皮膚症状が現れた場合はプラセンタジェルの使用を中止してすぐ皮膚科を受診してください。 アトピー性皮膚炎など皮膚疾患がある方はプラセンタジェルの使用を開始する前に医師に相談してください。 妊娠中・授乳中の方はプラセンタジェルの使用を控えることを推奨します。

プラセンタの安全性

プラセンタは人間や馬などの哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスです。 生物から抽出されたと聞くと、病原体やウイルスの感染がないかなど不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、公に流通しているプラセンタ製剤は高品質で安全性が非常に高いです。 皮膚炎などアレルギーの副作用の報告は数例ありますが極僅かで、感染症の報告は今まで一切ありません。 医療機関で使用されるプラセンタ注射剤は厚生労働省で認可された医薬品で、厳重な管理下で厳しい製造基準をクリアしています。 原料である胎盤も肝炎やHIVなどのウイルスがないか厳密にチェックされた人間の胎盤で、胎盤中の血液は特殊な高圧蒸気滅菌法などによって完全に除去されています。 サプリメントやドリンクや化粧品に含まれるプラセンタの胎盤は人間よりも馬や豚のものが多いですが、それらも厳重な健康・衛生管理下で飼育された農場から仕入れられているものです。人間の胎盤と同様、有効成分以外は滅菌除去され厳しい自社基準を設けて製造・検査されています。

プラセンタ注射

プラセンタ注射剤は国内でも慢性肝疾患・更年期障害治療での保険適応が認められています。通常およそ2週間~1か月に1回の頻度でプラセンタ注射(皮下もしくは筋肉注射)による治療を行います。直接体内に注入するため、即効性と効果は格段に高いです。 プラセンタ注射剤には「メルスモン」と「ラエンネック」があります。メルスモンは更年期障害治療、ラエンネックは慢性肝疾患治療に対して保険適応が認められています。ただし、美容目的は保険適用外になるため全額自己負担となります。 日本の医療機関で取り扱うプラセンタ注射剤は人間の胎盤を原料としたヒトプラセンタです。プラセンタ注射は日本で特定生物由来製品に指定されているため、 製造工程から市販後までたくさんの安全対策や厳しい基準が取られています。感染症などの事故の報告も今までにありません。 しかし、未知のウイルスや病原体の存在を完全に否定できず感染症などのリスクがゼロとは言えないため、 プラセンタ注射を行う際は同意書を書く必要があったり献血ができなくなるといった不都合があります。 そういったことが不安な方や注射が苦手の方は、プラセンタの内服や化粧品をお勧めします。

プラセンタ注射で献血ができなくなります

プラセンタ注射を一度でも受けた方は献血をすることができなくなります。 プラセンタ注射剤は人間の胎盤を原料としているため、現在の製造工程では除去できない未知のウイルスや病原体の存在の可能性を完全には否定できず、感染症などのリスクがゼロとは言えないことが原因です。 しかしながら、プラセンタ注射剤は国内で特定生物由来製品(人間など動物から抽出された成分を含有している薬剤)に指定されていることからより厳しい製造基準や安全管理の下で製造されているため、非常に安全性が高いです。今までにも感染症の報告があったことは一例もありません。 念のため、リスク回避のための措置として献血禁止となっております。 尚、輸血を受けることに関しては何も問題ないのでその点についてもご安心ください。 プラセンタの内服サプリメントやドリンク、化粧品については注射剤のようなこういった制限はありません。

プラセンタのエビデンス

プラセンタはたくさんの美容・健康効果を発揮する究極のアンチエイジング成分だと言われています。 その根拠(エビデンス)については国内含め世界中でかなりの研究実績があり、実証されています。 例えば健常な成人をプラセンタエキスを摂取するグループと摂取しないグループに分け、3ヶ月間(紫外線が増加する季節)で顔面のしみやしわなどの変化を調査した研究があります。この研究では、プラセンタエキスを摂取しないグループよりプラセンタエキスを摂取するグループのほうがシミ面積の増加が抑制されたという結果が出ました。 元々プラセンタの注射剤は国内の厳しい試験や基準をクリアして認可された医薬品でもあるため、エビデンスに基づく有効性は確かなものがあります。 同成分をサプリメントやドリンクとして経口摂取したとしても、注射剤ほどの速効性はありませんが長期間継続することで注射剤と同じくらいの効果が期待できます。 プラセンタの効果の発現には個人差が大きいため一概にこれだけ効くという絶対的な保証はありませんが、素晴らしい効果を発揮することが多くの臨床の現場で明らかになっております。

プラセンタと更年期障害の関係

50歳前後になると女性は更年期(閉経を迎えるまでの数年間)を迎えます。 更年期に差し掛かると卵巣機能が低下して女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に少なくなり、心身共に多くの不調が起こります。 このことを更年期障害と呼びますが、症状には個人差があります。 主には疲労感、不眠、ほてり、のぼせ、頭痛、めまい、不安感、イライラなどの症状が挙げられます。 プラセンタにたくさんの美容・健康効果がありますが、その中でも自律神経を調節する作用やホルモン分泌を調整する作用があるため、更年期による症状の改善に高い効果を発揮します。 その他、血行促進作用や疲労回復作用なども症状を軽減する一因になります。 実際に臨床の現場でもプラセンタが多く使用されていて、プラセンタ注射の「メルスモン」は更年期障害の治療において保険適応が認められているほどです。 注射はハードルが高いという方はプラセンタのサプリメントや化粧品も非常に有効です。 更年期障害の症状が始まる前に予防的に使用しているとより効果的なのでお勧めです。

プラセンタでシミ改善

絶大な美肌効果を発揮するプラセンタは、シミの予防・改善効果も期待できます。 シミは紫外線などの要因により肌内部で活性酸素が生成され炎症を起こし、その刺激でメラニン色素が処理能力以上に大量に生成されてしまうことが原因です。 プラセンタには活性酸素除去作用や抗炎症作用があることが明らかになっています。 メラニン色素が大量に生成される根本的な原因を取り除いてくれるため、シミに非常に有効なのです。 また、プラセンタには肌の奥深くの細胞の増殖・再生を活性化して肌の新陳代謝・ターンオーバーを高める作用があるため、既に出来てしまったシミの改善にも有効です。 上記の作用から、シミだけでなくニキビ跡などの色素沈着の改善や肌全体の美白効果もあります。 肌のターンオーバーは早くておよそ28日周期なので、プラセンタによるシミ対策の効果が十分に発現されるまでには3ヶ月~数ヶ月ほど様子を見る必要があります。 しばらくの間、正しい用法用量で継続的にプラセンタを使用することを強く推奨します。

プラセンタとコラーゲンの違い

プラセンタとコラーゲンは両者とも美肌成分の代表格ですが、成分や働きかたは大きく異なります。 まず、プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスであり、生命維持に必要なありとあらゆる栄養素が詰まっています。 中でも「成長因子」という成分は細胞を活性化させて新陳代謝を高め新しい細胞を生み出す作用があるため、身体の内側からのアンチエイジングに絶大な効果を発揮します。 一方、コラーゲンはタンパク質の一種であり、肌・血管・骨など身体の色んな部位に元々存在しています。肌においては弾力を保ち、肌の新陳代謝を高める役割を果たしています。加齢に伴い体内のコラーゲンが減少すると、肌のたるみ・しわ・関節痛などといった老化に関わる症状が現れます。 プラセンタのほうが細胞レベルで効果を発揮しますが、美肌・美白・アンチエイジング作用はコラーゲンと似ています。尚、プラセンタには体内でのコラーゲンの生成自体を増やす効果も期待できます。 また、プラセンタとコラーゲンは同時摂取可能なので、併用することで美容・健康の素晴らしい相乗効果が期待できます。