【早漏防止】ポゼットの効果と使い方 | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

ポゼットについて

ポゼット(POXET)は世界初の早漏症治療薬である、「プリリジー」のジェネリック医薬品であり、サンライズレメディーズ(Sunrise Remedies Pvt Ltd)社によって製造販売されています。
先発医薬品としては2009年にベルギーのヤンセンファーマ(Janssen Cilag Pharmaceutica)が開発をした医薬品で、日本では未発売となっている薬剤です。
成分としてはプリリジーと同じく「ダポキセチン」が主成分として含有されており、同じ効能効果を発揮します。

ポゼットは早漏症の改善薬としては、画期的な新薬として注目されています。
旧来の早漏防止薬では、陰茎に対する刺激を弱めることで早漏を防いでおり、局所麻酔薬などが用いられていました。
具体的には、陰茎や亀頭に対してジェルやスプレータイプの薬剤を塗布し、射精までの時間を延長させるのです。
しかしながら、この方法では快感そのものも弱まってしまうという欠点がありました。
ポゼットは脳内のセロトニンの量を調節することで、快感に影響を与えずに、早漏症を改善させることができるのです。

ポゼットを販売しているサンライズメディーズ(Sunrise Remedies Pvt Ltd)社は1995年に創業された会社で、製薬会社の中では比較的新しいメーカーとして知られています。
レビトラのジェネリックとしては「ジェビトラ」、シアリスのジェネリックとしては「タダライズ」、ステンドラのジェネリックとしては「アバナ」など、ED治療薬であるPDE-5阻害薬のジェネリックを複数種類販売しています。
早漏改善薬である本剤や、女性用のバイアグラであるフィメールグラなども製造販売されており、非常に人気の高いメーカーとなっています。

成分ダポキセチンとは

ダポキセチンは世界で最初の内服早漏治療薬であり、2009年にベルギーのヤンセンファーマ(Janssen Cilag Pharmaceutica)によって開発されました。
短時間作用型のSSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)で、類薬ではパキシル(パロキセチン)やレクサプロ(エスシタロプラム)が日本国内では用いられています。
しかしながら、これらの薬剤は「うつ病・うつ状態」や「社会不安障害(SAD)」などの適応症が中心で、早漏症に対して用いることができる薬剤は国内では承認されていません。

実際にパキシルを早漏改善のために適応外使用するケースもあるようですが、射精までの時間は数十秒しか変わらないと言われており、効果は十分ではないようです。
ダポキセチンを服用したところ、従来1分程度で射精に至っていた方が3~4分程度まで延長したとのデータもあり、実際に効果も認められている薬剤なのです。

ダポキセチンの薬理作用は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を調節することによって働きます。
脳内において、セロトニンやドパミン、ノルアドレナリンという数種類の神経伝達物質が、お互いに調節を行っています。
性行為による快感はドパミンによって増幅され、ノルアドレナリンの働きが高まると射精へと至ることがわかっています。
さらに、セロトニンはノルアドレナリンの分泌を抑制することで、射精への経路を抑えると言われています。
普段早漏でお悩みの方は、このセロトニンの働きが弱まっているということが考えられます。
ダポキセチンが体内に入ることにより、脳内の神経におけるセロトニンの再取り込みが阻害され、シナプスの間のセロトニンの濃度が高まり、これによって早漏改善の効果が発揮されるのです。

旧来の早漏防止薬との違い

旧来の早漏防止薬では、陰茎に対する刺激を弱めることで早漏を防いでおり、局所麻酔薬などが用いられていました。
具体的には、陰茎や亀頭に対してジェルやスプレータイプの薬剤を塗布する方法がとられています。
しかしながら、この方法では快感そのものも弱まってしまうので、新しい仕組みの早漏改善薬が求められていました。

ポゼットでは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を調節することで、早漏を防止することが出来るのです。
脳内において、セロトニンやドパミン、ノルアドレナリンという数種類の神経伝達物質が、お互いに調節を行っています。
性行為による快感はドパミンによって増幅され、ノルアドレナリンの働きが高まると射精へと至ることがわかっています。
さらに、セロトニンはノルアドレナリンの分泌を抑制することで、射精への経路を抑えると言われています。
普段早漏でお困りの方は、このセロトニンの働きが弱まっているということが考えられます。
ポゼットを服用すると、脳内の神経におけるセロトニンの再取り込みが阻害され、シナプスの間のセロトニンの濃度が高まり、これによって早漏改善の効果が発揮されるのです。

ポゼットの効果

ポゼットは、早漏症(Premature Ejaculation:PE)に対して効果のある医薬品です。
脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を調節することで、効果を発揮すると考えられています。
ポゼットを服用することで、脳内の神経におけるセロトニンの再取り込みが阻害され、シナプスの間のセロトニンの濃度が高まり、これによって早漏改善の効果が発揮されるのです。

具体的には、性行為時における射精までの時間を3~4倍まで延長させることが出来るのです。
薬剤を未使用の際に50秒程度で射精をしてしまう方では、ポゼットの服用によって3~4分の連続的な性行為を行うことが可能となります。
従来の早漏防止薬では、陰茎に対する刺激を弱めることで早漏を防いでいましたが、この方法では快感そのものも弱まってしまい、結果として射精までうまく導くことが出来ませんでした。
ポゼットではこのような欠点を解消しており、性生活の充実をはかることが可能となりました。

ポゼットの用量(30、60、90mg錠がある)

ポゼットには、30mg、60mg、90mgの3つの規格が存在しています。
ポゼットは30mgから効果の認められているお薬ですが、60mgを服用することでより高い効果が得られることが、大規模臨床試験や患者様からのアンケートでわかっています。
射精までの時間の延長や、早漏症の全般的な改善のいずれにおいても、ポゼットの用量を増やすことで、より高い効果が得られるのです。
90mgの規格においては、日本人では体格が小柄な方が多いため、ピルカッターなどを用いて半錠から服用を開始した方が良いと考えられます。

ポゼットの効き目(効果が現れるまでの時間、薄れて効果がなくなる時間)

ポゼットの効果は内服後1時間前後から発揮され、5~6時間継続します。
性行為の1時間~3時間前に服用することで、効果を最大限発揮することが可能となります。
(性行為の90分前に服用することが推奨されています。)
服用から24時間経過した後には、ポゼットの主成分であるダポキセチンの95%以上が体外に排泄され、効果および副作用は消失します。

抗うつ剤などで使用される一般的なSSRIは効果が途切れないように、24時間近く効果が持続するように設計されていますが、ポゼットは性行為の間に効果を最大限発揮するように設計されているので、高い効果が期待できるのです。

ポゼットの使い方

ポゼット(ダポキセチン)は服用後、1時間程度で最高血中濃度に達し、早漏改善効果を発揮します。
性行為をする1時間~3時間前に服用することで、最も効果を実感できると考えられます。
また、空腹時の方が効果が発揮されやすいことが分かっているので、食事と同時には服用しないようにしましょう。

1日の最大用量は90mgとされています。連続して服用する際には24時間以上の間隔を空けるようにしてください。
日本人では、海外の方に比べると小柄な方が多いといわれています。
高用量を服用する場合には、30mgから服用を開始して、体調をみながら増量していくようにしましょう。

ポゼットとお酒の併用

ポゼットは脳内のセロトニン量を増やす薬剤であるので、中枢神経系に影響を及ぼす薬剤です。 お酒に影響を受けることも知られているので、大量のお酒との併用は控えるようにしてください。

お酒との間隔を空けたとしても、体内にアルコールが残っていることで副作用が強く出ることも考えられます。 体調変化があった場合には服用を中止するようにしてください。

しばらくしても改善が見られない場合には、医師の診察を受けるようにしてください。 まれに強い動悸や呼吸抑制など、重篤な副作用につながった症例も報告されているので、注意をするようにしてください。

また、お酒と睡眠導入剤を併用することは禁じられていますが、ポゼットを服用することでこれらの効果や副作用がさらに増強されてしまいます。 これら3つの併用は絶対に控えるようにしてください。

ポゼット使用の注意点

ポゼットは短時間作用型SSRIに分類されるお薬で、これらのお薬は安全性が高いことが分かっています。
重篤な副作用が発現するリスクは低いといわれていますが、ごくまれに自殺念慮を含む精神神経症状や全身性の重篤な副作用が起こる可能性があります。
体調変化を感じた際には服用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。

最大で1日に90mgまで服用できるお薬ですが、初回服用時には30mgから服用を開始して、体調をみながら増量していくようにしてください。
連続して服用する際には24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

また、ポゼットは継続することでより高い効果が得られることがわかっていますが、連用により副作用のリスクも高まります。
定期的に医師の診察を受けるようにしてください。

ポゼットの服用タイミング

ポゼットの効果は内服後1時間前後から発揮され、5~6時間継続します。
このことから、性行為の1時間~3時間前に服用することが推奨されており、特に性行為の90分前に服用することで期待した効果を発揮すると考えられています。
連続して服用する際には24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

ポゼットと食事の影響

ポゼットは食事の影響を受けることが分かっています。
期待する効果を最大限発揮するためにも、空腹時に服用するようにしてください。
また、食事の際に服用する場合では、吸収の悪い食事は控えるようにしてください。
具体的には油分の多い高脂肪食などでは、医薬品の吸収に影響があると考えられています。

ポゼットの副作用

ポゼットの副作用としては、頭痛、めまい、悪心、嘔吐、下痢、睡眠障害、倦怠感、のどの渇きなどの症状が挙げられます。
特に悪心(気持ち悪さ)は高頻度に発生することがあり、食欲減退などの症状を伴う可能性があります。
これらは服用初期に発現することが多く、連用することで耐性がついてくるので、気にならなくなってきます。
副作用の程度が重篤な場合には、服用を中止して、医師の診察を受けるようにしてください。

また、ポゼットは早漏症(Premature Ejaculation:PE)の治療を目的とした医薬品です。
勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)に対する、直接的な作用は持っていないため、
EDの改善効果を狙ってED治療薬を併用する場合があります。
バイアグラやレビトラなどの各種ED治療薬でも、様々な副作用が報告されています。
これらにおいて、ポゼットを併用することで相加・相乗的に副作用のリスクが上がることが知られています。
ポゼット単体で副作用が出やすい方においては、併用の際は専門家の判断を仰ぐことや、少量から投与を開始するなど、注意を払うようにしてください。

ポゼットが使えない方

ポゼットは、下記の方では使用が出来ません。
該当する可能性のある方は、医師の判断を仰ぐようにしてください。

・ポゼットの主成分であるダポキセチンに対して過敏症の既往歴のある方
・緑内障や前立腺肥大症の治療中の方、既往歴のある方
・不整脈、心不全、冠動脈疾患といった心疾患の治療中の方、既往歴のある方
・重度のうつ病、統合失調症、双極性障害の治療中の方、既往歴のある方
・肝障害・腎障害の治療中の方、既往歴のある方
・起立性低血圧、失神のある方
・出血性疾患や凝固障害の治療中の方、既往歴のある方
・SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬、コリン作動薬など、セロトニン作動性をもつ医薬品
・チオリダジン(フェノチアジン誘導体)を、CYP3A4阻害薬(抗真菌薬、抗HIV薬など)内服中の方。
・20歳未満および65歳以上の方。

先発薬プリリジーの値段

先発医薬品であるプリリジーは国内では認可を受けておらず、薬価にも収載されていません。
国内では厚生労働局から海外医薬品輸入許可証などの許可を得ている医院か、個人輸入代行業者によってもたらされています。
価格はプリリジー30mg(3錠入り)でおよそ9,000円、60mg(3錠入り)でおよそ15,000円で流通しています。
1錠当たりでは3,000~5,000円となるので、非常に高価な薬剤です。

ジェネリック医薬品であるポゼットを選択することで、負担を軽減することが可能となります。

ポゼット服用後の運転

ポゼットを服用した際には、運転は控えるようにしてください。
高頻度でふらつきの症状が報告されているので、事故の原因となる場合があるのです。
また、低頻度ですが、失神が起こってしまう場合もあるので、注意をするようにしてください。

ポゼットの効果は内服後1時間前後から発揮され、5~6時間持続します。
効果が切れた後でも、体内にはポゼットの成分であるダポキセチンが残存しているので、服用から6時間以上経過した後でも、注意をするようにしてください。
服用から24時間経過した後には、ポゼットの主成分であるダポキセチンの95%以上が体外に排泄され、効果および副作用は消失することがわかっています。
24時間以上経過すれば副作用の発現する可能性は少なくなっていますが、遅発性の副作用が起こる可能性もあるので、注意をするようにしてください。

ポゼットの併用禁忌薬

ポゼットではいくつかの薬剤の併用が禁止されています。
中でも、SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬、コリン作動薬など、セロトニン作動性をもつ医薬品には注意が必要となります。
ポゼットの効果により、脳内のセロトニン量が増加してしまうため、これらの薬剤を併用することで相加・相乗的に薬剤の効果が強まってしまうのです。
セロトニン症候群などの重篤な副作用が発現する可能性があるので、これらを服用している際にはポゼットは併用しないようにしてください。

また、抗HIV薬(リトナビル、サキナビルなど)、内服の抗真菌薬(イトラコナゾール、ケトコナゾールなど)、CYP3A4を阻害する薬剤についても、薬剤の効果に影響があることが分かっています。
健康食品のセイヨウオトギリソウなどについても、CYP3A4の阻害作用があるので併用は控えるようにしてください。

ポゼットと勃起不全

ポゼットは早漏症(Premature Ejaculation:PE)の治療を目的とした医薬品です。
勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)に対する、直接的な作用は持っていません。
ただし、早漏症による性行為への自信の無さが原因となっている勃起不全に対しては、効果を発揮する可能性があると考えられています。

また、EDの治療効果を狙う場合には、バイアグラやレビトラなどのPDE-5阻害薬を併用することが一般的です。
ポゼットの成分であるダポキセチンに加えて、バイアグラの成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含んだ医薬品、レビトラの成分である塩酸バルデナフィル水和物を含んだ医薬品など、様々な配合薬も発売されているので、PEだけではなくEDも同時に解消することができるのです。
ただし、副作用の発現リスクが上昇することも知られているので、併用する際には注意をするようにしてください。
体調の変化を感じた際には、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

ポゼットとシアリスの併用

ポゼットとシアリスは、併用が可能な薬剤とされています。
タダポックスなど、実際にこれら2剤を含有した配合錠も発売されており、ポゼットの早漏改善効果とシアリスの勃起不全改善効果の双方が期待できる、非常に画期的な薬剤となっています。
ただし、2剤を併用することで副作用の発現率や強さも増強してしまうため、注意が必要となります。

シアリスは現在販売されているED治療薬の一つで、タダラフィルを有効成分として含有しており、効果の長さに特徴のある薬剤です。
シルデナフィルやバルデナフィルといった成分を含有するED治療薬では短時間でガツンと効くことが特徴ですが、シアリスは長時間マイルドに効くことが特徴と言われています。
徐々に効果を発揮することから副作用もマイルドであるため、ポゼットと併用する際にも副作用の増加を抑えることが期待できます。
ポゼット単剤においても、副作用が強く出る方にはおススメの薬剤です。
シアリスの成分であるタダラフィルは、2002年に発売されてから100か国において延べ1,000万人以上に使用されており、世界的にも定評のある医薬品なのです。

シアリスの作用機序としては、生体内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することによって働きます。
陰茎周囲のNO作動性神経に作用して血管を拡張・血流量の増加を行うことで、EDの治療に効果を発揮するのです。

ポゼットとバイアグラの併用

ポゼットとバイアグラは、併用が可能な薬剤とされています。
スーパーカマグラやスーパーPフォースなど、実際にこれら2剤を含有した配合錠も発売されており、ポゼットの早漏改善効果とバイアグラの勃起不全改善効果の双方が期待できる、非常に画期的な薬剤となっています。
ただし、2剤を併用することで副作用の発現率や強さも増強してしまうため、注意が必要となります。

バイアグラは現在販売されているED治療薬の一つで、シルデナフィルクエン酸塩を有効成分として含有しています。
世界で初めて発売されたED治療薬であり、非常に実績のある医薬品なのです。
多くのED治療薬のベースとなっているお薬なので、効果としてはオーソドックスであるといわれています。
短時間でガツンと効く、短距離走者タイプのお薬であるため、効果の持続期間はポゼットに近いものとなると考えられます。
また、食べ物との相互作用が大きく、食事と同じタイミングで服用すると効果が減弱してしまうという特徴があります。

バイアグラの作用機序としては、生体内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することによって働きます。
陰茎周囲のNO作動性神経に作用して血管を拡張・血流量の増加を行うことで、EDの治療に効果を発揮するのです。

ポゼットとレビトラの併用

ポゼットとレビトラは、併用が可能な薬剤とされています。
サビトラ・マックスなど、実際にこれら2剤を含有した配合錠も発売されており、ポゼットの早漏改善効果とレビトラの勃起不全改善効果の双方が期待できる、非常に画期的な薬剤となっています。
ただし、2剤を併用することで副作用の発現率や強さも増強してしまうため、注意が必要となります。

レビトラは現在販売されているED治療薬の一つで、塩酸バルデナフィル水和物を有効成分として含有しています。
即効性と副作用の少なさ、さらに食事の影響を受けにくいことに定評があるED治療薬で、日本でも非常に人気のあるお薬です。
また、塩酸バルデナフィル水和物は水に溶けやすいという性質を持っているので、食事との相互作用の少なさも知られており、効果が早く出ることから、非常に使いやすい薬剤なのです。
また、従来の薬剤では副作用として動悸やのぼせ、頭痛や鼻詰まりといった症状が報告されています。
レビトラでは副作用についても改善されているので、非常に使いやすいお薬と言えます。

レビトラの作用機序としては、生体内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することによって働きます。
陰茎周囲のNO作動性神経に作用して血管を拡張・血流量の増加を行うことで、EDの治療に効果を発揮するのです。

ポゼットとエバーラストの違い

エバーラストはインドのサバメディカ社が販売している、「プリリジー」のジェネリック医薬品です。
ポゼットも同様にサンライズレメディーズ(Sunrise Remedies Pvt Ltd)社によって製造販売されている「プリリジー」のジェネリック医薬品となっています。
それぞれ成分としてはプリリジーと同じく「ダポキセチン」が主成分として含有されているので、同じ効能効果を発揮します。

先発医薬品である「プリリジー」は2009年にベルギーのヤンセンファーマ(Janssen Cilag Pharmaceutica)が開発をした医薬品で、日本では未発売となっている薬剤です。
高価な薬剤としても知られているので、ポゼットやエバーラストなどのジェネリック医薬品が人気となっているのです。

タダポックスとは

タダポックスとは、早漏症(Premature Ejaculation:PE)を防止する成分であるダポキセチン60mgと、勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)治療薬である成分のタダラフィル20mgの双方を含有した配合剤です。
早漏改善だけではなく、勃起力向上にも効果のある薬剤なのです。

含有されているタダラフィルはシアリスの成分としても有名で、効果の長さに特徴のある薬剤です。
2002年に発売されてから100か国において延べ1,000万人以上に使用されており、世界的にも定評のある医薬品なのです。
シルデナフィルやバルデナフィルといった成分を含有するED治療薬では短時間でガツンと効くことが特徴ですが、シアリスは長時間マイルドに効くことが特徴と言われています。
徐々に効果を発揮することから副作用もマイルドであるため、ポゼットと併用する際にも副作用の増加を抑えることが期待できます。

スーパーカマグラとは

スーパーカマグラとは、早漏症(Premature Ejaculation:PE)を防止する成分であるダポキセチン60mgと、勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)治療薬である成分のシルデナフィルクエン酸塩100mgの双方を含有した配合剤です。
早漏改善だけではなく、勃起力向上にも効果のある薬剤なのです。

含有されているシルデナフィルクエン酸塩はバイアグラの成分としても有名で、1998年1月にアメリカで発売されました。
EDの治療薬としては世界で初めて製品化された医薬品で、非常に定評がある薬剤です。
もともとは狭心症の薬として開発が進められていましたが、臨床試験の中で勃起力の維持に効果があることがわかり、開発に至っています。

スーパーPフォースとは

スーパーPフォースとは、早漏症(Premature Ejaculation:PE)を防止する成分であるダポキセチン60mgと、勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)治療薬である成分のシルデナフィルクエン酸塩100mgの2種類の成分を含有した男性向けの配合剤です。
早漏改善だけではなく、勃起力向上にも効果のある薬剤なのです。

含有されているシルデナフィルクエン酸塩はバイアグラの成分としても有名で、1998年1月にアメリカで発売されました。
EDの治療薬としては世界で初めて製品化された医薬品で、非常に定評がある薬剤です。
もともとは狭心症の薬として開発が進められていましたが、臨床試験の中で勃起力の維持に効果があることがわかり、開発に至っています。

ポゼットと抗うつ剤の違い

ポゼットと抗うつ剤(SSRI)は、同じ作用機序を持った薬剤です。
しかしながら、それぞれの薬剤は使用する目的が異なり、適応となる疾患も異なります。

抗うつ剤としてのSSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)では、パキシル(パロキセチン)やレクサプロ(エスシタロプラム)が国内では用いられています。
これらの薬剤は「うつ病・うつ状態」や「社会不安障害(SAD)」などの適応症が中心で、早漏症に対して用いることは基本的にはできません。
一方で、ポゼットは世界で唯一の早漏治療薬としての成分であるダポキセチンを含有した医薬品であり、国内では未承認ながらも早漏症の適応のみを有しているのです。

作用機序は同じですが、抗うつ剤では1日を通して効果を発揮する必要があるため、切れ間のない作用時間となるように設計がされています。
一方で、ポゼットでは性行為の際に効果を発揮するように設計されているので、服用後数時間に限り、強力な作用が期待できるのです。

実際にパキシルを早漏改善のために適応外使用するケースもあるようですが、射精までの時間は数十秒しか変わらないと言われており、効果は十分ではないようです。
ダポキセチンを服用したところ、従来1分程度で射精に至っていた方が3~4分程度まで延長したとのデータもあり、実際に効果も認められている薬剤なのです。

ポゼットの購入方法

ポゼットは先発医薬品のプリリジーと同様に、海外からの輸入のみで手に入る医薬品となっています。
一般的な医師の処方箋や薬局での購入を含め、一般的なルートでは購入をすることはできません。
一部の厚生労働局から海外医薬品輸入許可証などによって許可を得ている医院では、自費診療により処方を受けることが可能となっていますが、自由診療のため価格も非常に高価となっています。
自己使用の場合に限り、個人輸入が認められていますが、外国語でのメールや国際間送金の必要性があるので、ハードルは高いと言えます。
現在では個人輸入代行業者などを利用することで、難しい手続きをする必要なく入手することが可能となっています。
一部では粗悪な偽物を取り扱っている業者も知られているので、信頼のおける業者を利用するようにしましょう。

Tagged: