お腹の痛みに多い機能性ディスペプシア(FD)と治療法 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/23

食べすぎてもいないのに胃もたれがするのは何故?

脂っこいものを食べすぎたときに胃がもたれたり、早食いをした後にげっぷが出たりすることは誰にでもありますが、ふつうに食事をしていてもよくこういう症状が出る場合は機能性ディスペプシアという病気の可能性があります。

聞き慣れない病名だと思いますが、最近見つかった病気というわけではなく、以前は慢性胃炎とか神経性胃炎と呼ばれていたものです。名前が変わったの理由は、内視鏡で見てもどこにも炎症を起こしていないことが多く、胃炎という病名がふさわしくないと判断されたからです。

機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシアとは、検査をしてもどこにも異常が見つからないのに何となく胃の調子が悪いという症状です。
ディスペプシアというのは消化不良という意味ですが、病名としての機能性ディスペプシア(FD)はもっとさまざまな症状を含んでいます。

日本人の4人に1人が持っている病気と言われ、生命にかかわるような重い症状はありませんが、QOL(日常生活の質)に影響をおよぼす次のような症状があります。

・食後の胃もたれ
・すぐに満腹してしまう早期飽満感
・みぞおちの痛みあるいは灼熱感

これらの症状は以前は慢性胃炎とか神経性胃炎と言われていましたが、実際には炎症をおこしていないことがあり、最近では機能性ディスペプシアという枠組みで説明されるようになりました。

機能性ディスペプシアの原因

食べたものが胃に入っても胃が広がらず、すぐ満腹を感じたり胃が痛んだりすることがあります。このような胃の運動機能障害が機能性ディスペプシアの原因の1つです。また、胃から十二指腸へ食物を送り出す運動機能の障害もあり、この場合は胃もたれが起きます。

知覚過敏というと歯を連想しますが、胃でも起きることがあります。胃が知覚過敏になると少しの食べ物で満腹を感じたり、正常な量の胃酸でも痛みや灼熱感を感じることがあります。

このような運動機能障害や知覚過敏は仕事や人間関係のストレスなどが原因で起きることがあるとされています。また、ピロリ菌の除去で機能性ディスペプシアの症状が軽減することがあるので、ピロリ菌もこの病気に何らかの関係があると考えられます。

機能性ディスペプシアの治療

機能性ディスペプシアの検査はまず、胃潰瘍などの器質性の病気がないかどうかを検査します。他に悪い所がなく機能性ディスペプシアと診断されたら、生活習慣の改善や薬物療法で治療します。

生活習慣では、充分な睡眠と運動、規則正しい食事時間などが大切です。また禁煙が強く奨励されます。とくに空腹時の喫煙は消化器官にわるい影響を与えます。

薬物療法では、は消化管の運動を活発にする薬や、胃酸の分泌を抑制する薬が使われます。これらの薬で効果がないときは抗うつ剤や抗不安薬が使われることもあります。

お腹の痛みに多い機能性ディスペプシア(FD)と治療法

食べすぎてもいないのに胃もたれがするのは何故?

脂っこいものを食べすぎたときに胃がもたれたり、早食いをした後にげっぷが出たりすることは誰にでもありますが、ふつうに食事をしていてもよくこういう症状が出る場合は機能性ディスペプシアという病気の可能性があります。 聞き慣れない病名だと思いますが、最近見つかった病気というわけではなく、以前は慢性胃炎とか神経性胃炎と呼ばれていたものです。名前が変わったの理由は、内視鏡で見てもどこにも炎症を起こしていないことが多く、胃炎という病名がふさわしくないと判断されたからです。

機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシアとは、検査をしてもどこにも異常が見つからないのに何となく胃の調子が悪いという症状です。 ディスペプシアというのは消化不良という意味ですが、病名としての機能性ディスペプシア(FD)はもっとさまざまな症状を含んでいます。 日本人の4人に1人が持っている病気と言われ、生命にかかわるような重い症状はありませんが、QOL(日常生活の質)に影響をおよぼす次のような症状があります。 ・食後の胃もたれ ・すぐに満腹してしまう早期飽満感 ・みぞおちの痛みあるいは灼熱感 これらの症状は以前は慢性胃炎とか神経性胃炎と言われていましたが、実際には炎症をおこしていないことがあり、最近では機能性ディスペプシアという枠組みで説明されるようになりました。

機能性ディスペプシアの原因

食べたものが胃に入っても胃が広がらず、すぐ満腹を感じたり胃が痛んだりすることがあります。このような胃の運動機能障害が機能性ディスペプシアの原因の1つです。また、胃から十二指腸へ食物を送り出す運動機能の障害もあり、この場合は胃もたれが起きます。 知覚過敏というと歯を連想しますが、胃でも起きることがあります。胃が知覚過敏になると少しの食べ物で満腹を感じたり、正常な量の胃酸でも痛みや灼熱感を感じることがあります。 このような運動機能障害や知覚過敏は仕事や人間関係のストレスなどが原因で起きることがあるとされています。また、ピロリ菌の除去で機能性ディスペプシアの症状が軽減することがあるので、ピロリ菌もこの病気に何らかの関係があると考えられます。

機能性ディスペプシアの治療

機能性ディスペプシアの検査はまず、胃潰瘍などの器質性の病気がないかどうかを検査します。他に悪い所がなく機能性ディスペプシアと診断されたら、生活習慣の改善や薬物療法で治療します。 生活習慣では、充分な睡眠と運動、規則正しい食事時間などが大切です。また禁煙が強く奨励されます。とくに空腹時の喫煙は消化器官にわるい影響を与えます。 薬物療法では、は消化管の運動を活発にする薬や、胃酸の分泌を抑制する薬が使われます。これらの薬で効果がないときは抗うつ剤や抗不安薬が使われることもあります。