このEDはもしかして薬の副作用? | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

このEDはもしかして薬の副作用?

ふだん服用している薬の影響で勃起不全ぎみになるのを「薬剤性ED」といいます。抗うつ剤や睡眠薬、血圧を下げる薬、コレステロールを減らす薬などに薬剤性EDを起こしやすいものがあります。

EDは生命にはかかわらない症状なので、医師によっては軽視して患者にもその副作用を説明していない場合があります。心当たりのある人はかかりつけの医師に相談して、薬の変更やED治療薬の併用を検討してみましょう。

EDの原因になることがある降圧剤

高血圧の治療に使う次のような薬はEDの原因になる場合があります。

・β ブロッカー「アテノロール」「プロプラノロール」
・利尿剤のサイアザイド系「ヒドロクロロチアジド」
・中枢作用性交感神経抑制薬「メチルドパ」「クロニジン」

高血圧は動脈硬化(血管の老化)を早める病気で、EDの予防のためにもきちんと治療しなければなりませんが、その薬の副作用でEDになることがあるというのはやっかいな話です。そこで耳寄りな話は、最近の研究でバイアグラなどのED治療薬(PDE5阻害薬)に動脈硬化を改善する作用があることが認められたことです。

低用量のシアリス(タダラフィル)の連日服用がアメリカFDAで承認されたのも、PDE5阻害薬に血管を若返らせるアンチエイジング効果があることが認められたからです。

一般的な降圧剤にはED治療薬の併用を禁じているものはありません。念のために医師に相談の上ED治療薬を併用すれば、ED症状の改善はもちろん高血圧の改善にも役立つことが期待できます。

EDの原因になることがある抗うつ剤

うつ病は性欲の減退やEDを高い確率でひき起こす病気ですが、その薬がさらにEDの副作用を起こすという場合があります。

EDの症状を悪化させる可能性があるのは次のような薬です。

・三環系抗うつ薬「イミプラミン」
・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)「パロキセチン」
・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)「ミルナシプラン」

その他の睡眠薬、精神安定剤でも長期にわたって服用することでED症状がでるものがあります。

ED治療薬はこれらの薬と併用することができ、ED症状の改善はうつ病の改善にもつながります。とくに20代、30代で長期にわたってうつ病の治療を受けている場合は、ED症状を「うつ病のせいだから仕方ない」と思いこまないことが大切です。