できてしまったシミの対処法は? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2017/07/13

シミは予防することでできる限り発生を抑えることはできますが、それでもできてしまうこともあります。しかし、いつのまにかでいていたシミを悲観しても仕方がありません。できる限りのことをしてできてしまったシミをきれいにすることを考えましょう。

そもそもシミはどうしてできるのかというと、紫外線を浴びた際に肌内部の細胞を守るために色素細胞がメラニン色素を作り出すからです。メラニン色素が日傘のように紫外線を遮り、過度な紫外線が肌に悪影響を及ぼさないようにしているのです。

肌細胞のターンオーバーが正常に行われていれば、メラニン色素は一定の周期で肌から剥がれ落ちていきのですが、何らかの理由でその周期が乱れるとメラニン色素の排出がうまくいかず肌に残ってしまい、そのまま色素沈着を起こしてシミになってしまいます。

できてしまったシミへの対処法は、いくつかの種類に分けられます。大きく分けて「シミに効く外用薬を使う」「シミに効く内服薬を使う」「肌のターンオーバーを促す」「美容クリニックで外科的治療を受ける」のつです。

シミやくすみを薄くする美白医薬品はこちらからご確認ください>>

まず「シミに効く外用薬を使う」対処法は、厚生労働省が効果を認めた成分が配合されている塗り薬をシミ部分に塗ることでシミを薄くします。たとえばトラネキサム酸やアルブチン、プラセンタエキスなどは美白化粧品のCMなどでも聞いたことがあるのではないでしょうか。

シミはメラノサイトという色素細胞が脳からの指令を受けてメラニン色素を作るのが根本の原因となるのですが、これらの有効成分はその伝達物質をブロックし、メラニン色素を作れという指令を届かせない働きがあるのです。合わせて、メラニン色素の活性化を防いだり肌の免疫力を高め、炎症を鎮める効果なども期待できる成分ばかりです。外用薬を使ってのシミ対処法は、基本的にこれ以上シミを濃くしないことを重視したものになります。

「シミに効く内服薬を使う」対処法は、体の内部から働きかけ、シミを薄くすることを目的としたものが多くなります。美容クリニックで処方してもらうことができるハイドロキノンは、メラニン色素の生成をブロックするだけでなく、メラニン色素を作り出す色素細胞メラノサイトの数を減らす働きがあります。

同じく処方薬によく配合されているレチノイン酸は皮膚の再生を促す効果があり、メラニン色素を排出させる作用があります。ハイドロキノンとレチノイン酸を併用することでより効果を実感することができます。内服薬はじっくりと効くものが多いため、短期間で劇的な変化はありませんが、きちんと毎日服用することで確実に効果を出すことができるのが利点です。

「肌のターンオーバーを促す」対処法は、ピーリング剤を使ってシミができる原因となる古い角質を排出させるための時間を早め、肌の再生を促すというものです。シミは角質に色素が染みついてできたものなので、ピーリングによってその角質を剝がしてシミそのものを取り除いてしまうのです。

特殊な薬品を肌に直接塗る方法だけでなく、レーザーを使用してピーリングを行う治療法もあります。シミの深度がどの程度なのか調べて、それにあったピーリング法を選択することになります。

「美容クリニックで外科的治療を受ける」対処法は、美容クリニックで行われているシミ取りの治療を受ける対処法です。レーザー治療や光治療など、ひとくちにシミ取り治療といってもいくつか種類がありますので、無料カウンセリングを受けて自分に合うものを選んでください。

できてしまったシミの対処法はいくつかありますが、市販のものでも有効成分が含まれている商品はたくさんあります。しかし、美容クリニックで処方されるものと比較するとその成分や濃度にはかなり差があるといえます。

市販のシミ対策商品をいろいろ購入するよりも、思い切って美容クリニックでピーリングやレーザーなどの治療を受けたほうが結果的に時間も費用も抑えられる場合もありますので、無料で行っているカウンセリングに足を運び、治療期間や費用などをきちんと知ったうえで納得のいく対処法を選んでいきましょう。

シミやくすみを薄くする美白医薬品はこちらからご確認ください>>

できてしまったシミの対処法は?

シミは予防することでできる限り発生を抑えることはできますが、それでもできてしまうこともあります。しかし、いつのまにかでいていたシミを悲観しても仕方がありません。できる限りのことをしてできてしまったシミをきれいにすることを考えましょう。 そもそもシミはどうしてできるのかというと、紫外線を浴びた際に肌内部の細胞を守るために色素細胞がメラニン色素を作り出すからです。メラニン色素が日傘のように紫外線を遮り、過度な紫外線が肌に悪影響を及ぼさないようにしているのです。 肌細胞のターンオーバーが正常に行われていれば、メラニン色素は一定の周期で肌から剥がれ落ちていきのですが、何らかの理由でその周期が乱れるとメラニン色素の排出がうまくいかず肌に残ってしまい、そのまま色素沈着を起こしてシミになってしまいます。 できてしまったシミへの対処法は、いくつかの種類に分けられます。大きく分けて「シミに効く外用薬を使う」「シミに効く内服薬を使う」「肌のターンオーバーを促す」「美容クリニックで外科的治療を受ける」のつです。 シミやくすみを薄くする美白医薬品はこちらからご確認ください>> まず「シミに効く外用薬を使う」対処法は、厚生労働省が効果を認めた成分が配合されている塗り薬をシミ部分に塗ることでシミを薄くします。たとえばトラネキサム酸やアルブチン、プラセンタエキスなどは美白化粧品のCMなどでも聞いたことがあるのではないでしょうか。 シミはメラノサイトという色素細胞が脳からの指令を受けてメラニン色素を作るのが根本の原因となるのですが、これらの有効成分はその伝達物質をブロックし、メラニン色素を作れという指令を届かせない働きがあるのです。合わせて、メラニン色素の活性化を防いだり肌の免疫力を高め、炎症を鎮める効果なども期待できる成分ばかりです。外用薬を使ってのシミ対処法は、基本的にこれ以上シミを濃くしないことを重視したものになります。 「シミに効く内服薬を使う」対処法は、体の内部から働きかけ、シミを薄くすることを目的としたものが多くなります。美容クリニックで処方してもらうことができるハイドロキノンは、メラニン色素の生成をブロックするだけでなく、メラニン色素を作り出す色素細胞メラノサイトの数を減らす働きがあります。 同じく処方薬によく配合されているレチノイン酸は皮膚の再生を促す効果があり、メラニン色素を排出させる作用があります。ハイドロキノンとレチノイン酸を併用することでより効果を実感することができます。内服薬はじっくりと効くものが多いため、短期間で劇的な変化はありませんが、きちんと毎日服用することで確実に効果を出すことができるのが利点です。 「肌のターンオーバーを促す」対処法は、ピーリング剤を使ってシミができる原因となる古い角質を排出させるための時間を早め、肌の再生を促すというものです。シミは角質に色素が染みついてできたものなので、ピーリングによってその角質を剝がしてシミそのものを取り除いてしまうのです。 特殊な薬品を肌に直接塗る方法だけでなく、レーザーを使用してピーリングを行う治療法もあります。シミの深度がどの程度なのか調べて、それにあったピーリング法を選択することになります。 「美容クリニックで外科的治療を受ける」対処法は、美容クリニックで行われているシミ取りの治療を受ける対処法です。レーザー治療や光治療など、ひとくちにシミ取り治療といってもいくつか種類がありますので、無料カウンセリングを受けて自分に合うものを選んでください。 できてしまったシミの対処法はいくつかありますが、市販のものでも有効成分が含まれている商品はたくさんあります。しかし、美容クリニックで処方されるものと比較するとその成分や濃度にはかなり差があるといえます。 市販のシミ対策商品をいろいろ購入するよりも、思い切って美容クリニックでピーリングやレーザーなどの治療を受けたほうが結果的に時間も費用も抑えられる場合もありますので、無料で行っているカウンセリングに足を運び、治療期間や費用などをきちんと知ったうえで納得のいく対処法を選んでいきましょう。 シミやくすみを薄くする美白医薬品はこちらからご確認ください>>