女性の薄毛(びまん性脱毛症)の原因・症状・治療薬 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/06

びまん性脱毛症について

最近は若年層の女性でも増えている脱毛症で、女性の薄毛の原因の一つがびまん性脱毛症です。

女性の抜け毛の原因で最も多いとされています。この「びまん」とは均等に広範囲に広がると言う意味で、女性の薄毛の特徴を現しています。

女性の薄毛に影響するのが女性ホルモン(エストロゲン)です。

女性ホルモンのエストロゲンには毛髪の成長を促進し、髪の寿命を長くする作用があります。

エストロゲンの分泌が盛んなときは1本の毛穴から複数の毛髪が生えて、髪全体のボリュームも豊かです。

しかし閉経によるエストロゲンの分泌の減少とともに、毛髪の寿命が短くなり、毛穴から出る毛髪の本数も減ります。1本1本の毛髪も細く、柔らかくなってきます。

それによってしだいに毛髪のボリュームが少なくなり、進行すると地肌がめだつようになります。これが女性特有のびまん性脱毛です。

女性と男性の薄毛、抜け毛の特徴は異なりますが、男性の場合は頭頂部や前頭部が薄くなります。

それに対して女性の抜け毛は均等に頭皮一面に現れやすく、一部に薄毛が現れる男性のAGAと異なり、気づいた時にはかなり全体的に薄毛になりやすいのが女性のびまん性脱毛症です。

びまん性脱毛症は若い女性にも増えています。

50代、60代など加齢が原因で髪が薄くなると思われている女性は多いですが、このびまん性脱毛症は20代の若年層にも発症します。

原因は日々のストレスであったり、過度なダイエットで栄養不足で頭皮や毛髪への栄養不足になったり、生活が不規則な女性にも出やすいのがびまん性脱毛症です。

女性の薄毛に使用する医薬品

びまん性脱毛症の治療には外用薬の低濃度ミノキシジル(1~2%)を使用します。ミノキシジルは頭皮の血行を促進して毛根を活性化する成分です。

大正製薬が製造販売する国内でも人気の女性用育毛剤リアップリジェンヌ(Riup Regenne)は低濃度ミノキシジル配合の外用薬で、大正製薬が製造販売しています。

リアップリジェンヌと同じ低濃度ミノキシジル配合の医薬品にはツゲイン2%という低価格ジェネリック外用薬があり、半額以下で通販ができる女性用育毛剤です。

先発薬のため値段が高いですが、女性用のミノキシジル配合の育毛薬は国内では他に存在しないため、利用する女性は非常に多いです。

男性の脱毛症(AGA)の治療には内服薬のフィナステリドと外用薬のミノキシジル(5~10%)が使われますが、フィナステリドは男性ホルモンに作用する薬なので女性は使うことができません。

ミノキシジルはホルモンには作用しませんが、女性は成分配合が2%までのものを使用することになっています。

脱毛の進行が早い場合は、更年期障害の治療に使われる女性ホルモン剤(エストロゲン)の服用が効果的な場合があります。女性ホルモン剤には飲み薬、貼り薬、塗り薬などがありますが、特に有名なホルモン剤がプレマリンです。

また、女性の薄毛の10人に1人は甲状腺機能低下症が原因だと言われます。その場合は甲状腺ホルモンの投与で脱毛も止まります。

その他男女ともに使えるものに、『脂漏性湿疹』を治療する薬用シャンプーの『ニゾラルシャンプー(ケトコナゾール)』、育毛をサポートするサプリメントの『L-リジン』などがあります。

女性用ミノキシジル外用薬『リアップジェンヌ』とジェネリック

女性が使える低濃度ミノキシジル配合の育毛外用薬で有名な商品が大正製薬の『リアップジェンヌ(Riup Regenne)』です。

多くの女性が育毛に使用している塗り薬ですが、価格が高いため中長期に使用するには経済的な負担が重いミノキシジルです。

当ページで紹介のロゲインジェネリック(ツゲイン2%)は、ミノキシジル2%配合の女性用育毛薬で、リアップジェンヌの同等商品です。

ジェネリック(後発薬)のメリットはその価格の低さです。

これまでリアップジェンヌをご使用の女性は、今後の育毛コスト節約にご利用ください。

女性の薄毛には個人差があります

男性ホルモンには脱毛を促進する作用がありますが、女性ホルモンは逆に髪の寿命を長くする作用があります。

男性に多い若はげに女性が無縁なのはそのためです。

しかし女性も更年期になって女性ホルモンの分泌が減ると薄毛の兆候がでてきます。

それがびまん性脱毛症といわれる症状です。同年代の女性より薄毛の進行が早いと大きな悩みの種になります。

女性の薄毛にも男性のAGA(男性型脱毛症)のように、症状や進行度合いに個人差があります。

閉経は多少の遅い早いはあっても誰にもやってきますが、びまん性脱毛症は進行の度合いに大きな個人差があり、それが悩みの種になります。

閉経後のエストロゲンの減少がびまん性脱毛症の原因ですが、それが強く早く現れる人と、ゆるやかに現れる人がいて、その理由はよく分っていません。

体質的な個人差の他に、パーマ、ヘアカラーなどの影響、紫外線ダメージ、過激なダイエットの繰り返しなども関係していることが考えられますので、薄毛の原因となる生活習慣の改善は必須です。

20代女性の薄毛

毛髪が細くなったり、分け目が気になりだした、抜け毛の量が増えたと感じる女性は「びまん性脱毛症」の可能性があります。

多くの女性が40代の後半あたりから更年期障害の症状の一環として薄毛になるFAGA(女性男性型脱毛症)」がありますが、このFAGAもびまん性脱毛症に分類される薄毛です。

びまん性脱毛症には育毛治療薬があり、リアップリジェンヌの成分ミノキシジルやパントガールが代表的な育毛治療薬です。

リアップリジェンヌには格安なジェネリックのツゲイン2%もありますので、クリニックで高いコストを払って育毛治療をされている方、リアップリジェンヌを使われている方は低価格のツゲイン2(ミノキシジル2%配合)をお勧めします。

20代女性の薄毛に関するよくある質問

Q:髪の毛のブリーチ、カラー、パーマなどヘアスタイルを色々アレンジしてましたが、最近、髪の毛のボリュームが減った感じや細くなった感じがします。市販の女性用育毛剤をいろいろ試しましたが、改善している気がしません。

A:ヘアスタイルのアレンジやカラー、パーマなどは若年層のびまん性脱毛症の原因です。

パーマやカラリングは髪、頭皮へのダメージの原因です。パーマ液やカラー液が頭皮に付着すると頭皮へのダメージになることは容易に想像できますね。

20代は男性女性ともヘアスタイルを楽しみたい時期ですが、将来の薄毛の原因になりますので要注意です。スカルプDなど頭皮ケアシャンプーは頭皮の汚れや脂を取りますが、発毛を起こすには『ミノキシジル1~2%』の外用薬は必須です。パントガールも若い女性の育毛に使われます。

Q:昔からダイエット、リバウンドの繰り返しを経験してきました。特に運動で痩せようとはせず、食べる量を抑えるプチ断食や食べ物を限定するダイエットなどもやってきました。そのせいかは分かりませんが、髪のボリュームが減ってる気がします。ダイエットすると髪の毛に影響がありますか?

A:過剰なダイエットは髪や肌への悪影響となります。人間の体は摂取カロリーが低かったり、栄養が偏った食生活をしていると、髪の毛、肌などへの栄養の伝達が後回しになります。

臓器、脳など生存に必要な器官への栄養伝達が優先されるからです。わかめを食べると髪が増える、濃くなると言われることもありますが、それだけ食べていても効果は期待できません。

過度なダイエットは控え、バランスの取れた食生活を心がけましょう。育毛剤としては薬局や楽天で購入できる育毛剤は医薬品ではないため、パントガールやミノキシジル外用薬のような国の機関が推奨する育毛成分は含まれませんので、育毛剤に過度な期待は禁物です。

20代女性の薄毛のまとめ

「20代だから髪の心配はなし」ではなく、「20代から将来の対策を始めよう」が大切です!

20代の女性は日々ヘアスタイルをアレンジしたり、様々なシャンプーの使用などで頭皮へのダメージは将来の薄毛リスクを高めていると言えるでしょう。

極端なカロリーオフや流行のダイエット、仕事でのストレス、長時間の残業、睡眠不足などは髪や頭皮への悪影響です。

最近では頭皮治療シャンプーや市販の女性用育毛剤を使っている女性も多いですが、市販の商品はあくまで「漢方」ととらえてください。

男女の育毛治療薬とは別物で、ご存じの女性も多いでしょうが、クリニックで使用する育毛治療薬(外用薬や服用薬)は意外と市販の育毛剤などより安価に購入できるんです。パントガールやリアップリジェンヌのジェネリックなどを検討してみてはいかがでしょうか。

30~40代女性の薄毛によくある質問

Q:40代の前半ですが、仕事での責任や負担が重くなり、それと同時に抜け毛が増えました。仕事のプレッシャーやストレスで円形脱毛症になったり白髪が増える方もいらっしゃるようですが、いずれの症状も出ておらず、ただ抜け毛だけが増えだしました。このままだと全体的に薄くなりそうで不安です・・・。

A:30代から40代にかけてお子さんの子育てや仕事量の増加、責任の増加などで心身のストレスを抱えている女性は非常に多いと言えます。特に子育てをしながら仕事もこなされる女性はなおさらです。

結論から言いますと、「ストレス」は「びまん性脱毛症」の主要原因の一つです。もちろん円形脱毛症もストレスが原因で起こりやすい症状です。

日々のストレス発散やご家族の協力を得るなど、ストレスを減らすことが一番大切ですが、女性の育毛薬(ミノキシジルやパントガール)などの使用も当然ながら検討できます。

Q:昔から生理痛がきつくて改善もかねて低用量ピルを飲んでました。ですが、最近になって子作りのためピルをやめたのですが、辞めた後に急に脱毛が増えて心配です・・・。

A:低用量ピルは女性ホルモンを補充することになるため女性らしい毛髪の維持やニキビなどの改善効果があります。そのためピル服用中はそうでない時より抜け毛も減少し、やめると抜け毛が増えるのはごく自然です。

通常はピルを休薬したばかりの時期に抜け毛が増えますが、それが続くようであれば育毛治療を検討してはどうでしょうか。

Q:30代半ばです。子供を出産した後に急に抜け毛が増えました。明らかにボリュームが減って心配しています。出産後に抜け毛が増えるのは自然ですか?また、徐々に基に戻るんでしょうか?

A:女性の抜け毛が増える理由の一つに女性ホルモンのバランスの変化があります。出産後に抜け毛が増えるのは自然です。また、これは徐々に改善します。

なぜ抜け毛が増えるかと言うと、妊娠している時は女性ホルモンが普段より大量に分泌されますが、出産すると一気にホルモン分泌量が減るのです。

徐々に改善しますが、子育てでストレス度合いが高い場合はなかなか改善しない場合もあります。

ストレスでびまん性脱毛症になる場合もありますので、ミノキシジル配合の塗り薬やパントガールでの育毛を検討できます。

30~40代女性の薄毛のまとめ

仕事もプライベートも多忙な30~40代、日々のストレスやプレッシャーなどでホルモンバランスが崩れたり、睡眠不足や過労など、髪へのダメージが増える時期です。

これらはみなびまん性脱毛症の原因ですし、抜け毛が増えた、ボリュームが減ったと感じる女性は多いでしょう。気になったら早期に育毛治療を開始するのが良いでしょう。

ただし、抜け毛や薄毛の原因を考えて、頭皮を労わる生活習慣の改善なども大切です。

びまん性脱毛症や産後の抜け毛など、気になる女性はミノキシジル外用薬やパントガールなど、クリニックでの定番育毛薬を自宅で使ってみてはいかがでしょうか。

40代後半からの女性の薄毛

Q1:40代の後半に入りましたが、特に分け目にかけて薄くなってきました。分け目以外もぱっと見て昔より全体的にボリュームが減って薄くなったと感じます。放置するとさらに進行するのでしょうか?

A:歳をとるにつれて髪のボリュームが減るのは自然で、びまん性脱毛症と考えられます。男女にかかわらず、加齢で「毛髪のサイクル」に変化が現れます。毛髪サイクルとは(初期成長、成長、後退、休止)という4つの段階で髪が生えてから抜けるまでのサイクルを指します。

女性の薄毛の場合、最後の休止の期間が徐々に長くなって、髪がなかなか生えてこない時期が延長されるのです。頭皮の血行を改善して栄養素を送ることで改善が期待できるため、ミノキシジル配合(血管を拡張する)の外用薬やパントガールが検討できます。

Q:更年期だと思いますが、その一環で薄毛が気になっています。更年期障害の緩和にはホルモン剤の投与で改善すると聞きましたが、髪も増やせるのでしょうか?

A:更年期障害の症状の原因は女性ホルモン量が急に減ってバランスが崩れるからです。そうなると抜け毛の原因DHTと呼ばれる男性ホルモン(女性にも存在します)の影響が高まって抜け毛が増えるようになります。

この男性ホルモンが原因で起こる女性の薄毛をFAGA(女性男性型脱毛症)とよび、男性の薄毛と同様の理由で起こる女性の薄毛です。改善にはミノキシジル配合の外用薬、パントガールなどが検討できます。

40代後半からの女性の薄毛のまとめ

びまん性脱毛症や全体的な髪のボリュームが下がる時期です。市販の育毛剤ではなく、ミノキシジル外用薬やパントガールが効果的です。

女性は閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が急降下して、様々な不快な症状が現れます。

更年期ですが、髪や肌の老化が進む時期ですので、女性ホルモン剤の使用で症状の緩和や女性らしい容姿を取り戻すホルモン補充療法が検討できる時期です。もちろん、びまん性脱毛症の症状が現れた場合は早期に育毛治療薬を開始するのが理想です。

女性が使用できないAGA治療薬

フィナステリドは男性ホルモンのテストテロンが脱毛の原因になるDHTに変換されるのを防ぐ薬です。

男性型脱毛症(AGA)には効果があることが確認されていますが、脱毛の原因が違う女性の薄毛に使用しても効果はありません。

効果がないだけではなく、もし妊娠中の女性や子どもが服用すると重大な副作用があります。

DHTは男の胎児や発育中の子どもの生殖器の形成に必要なホルモンなので、それを阻害する薬であるフィナステリドを服用すると生殖器に奇形が生じたり充分に発育しないおそれがあるのです。

妊娠する可能性のある女性や子供はフィナステリドのビンに触れるのもタブーとされています。

危険である上に効果がないという海外での実験報告もあります。これは閉経後の女性で薄毛に悩む人を対象に1年間フィナステリドを投与し、プラセボグループとの比較を行ったものです。その結果は2つのグループに何ら有意な差は認められなかったといいます。

女性の脱毛症を『FAGA』ということがありますが、男性のAGAとは関係がなく、男性ホルモンのGHTが脱毛の原因になっているわけではありません。

女性の脱毛症の多くは、エストロゲンの分泌の変化を引き金になり、様々なヘアケア習慣などが重なっておきるものです。

びまん性脱毛症に効果的なミノキシジル

ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使う『血管拡張剤』でしたが、使用者の毛髪が濃くなるという副作用が見つかって育毛剤として開発されたものです。

ミノキシジルは毛根への血流を促進し毛乳頭と毛母細胞を活性化して、発毛と育毛を促進することが確認されています。

この作用は男女にかかわりなくあるので、ミノキシジルは女性でも使えます。

しかし外用薬(ぬり薬)にはミノキシジルの配合が1%、2%、5%、10%など種々ありますが、女性は2%までに使用が制限されています。

またミノキシジル・タブレットなどの内服薬は女性は飲むべきではないとされています。

これらの制限は実際に副作用などの報告があったからではなく、妊婦などの臨床試験が行われておらず安全性が確認されていないという理由からです。

女性も1%、または2%のミノキシジル外用薬は安心して使用でき、女性に対する効果も確認されています。発毛外来でも女性の薄毛の患者にはミノキシジルが処方されています。

女性の薄毛(びまん性脱毛症)の原因・症状・治療薬

びまん性脱毛症について

最近は若年層の女性でも増えている脱毛症で、女性の薄毛の原因の一つがびまん性脱毛症です。 女性の抜け毛の原因で最も多いとされています。この「びまん」とは均等に広範囲に広がると言う意味で、女性の薄毛の特徴を現しています。 女性の薄毛に影響するのが女性ホルモン(エストロゲン)です。 女性ホルモンのエストロゲンには毛髪の成長を促進し、髪の寿命を長くする作用があります。 エストロゲンの分泌が盛んなときは1本の毛穴から複数の毛髪が生えて、髪全体のボリュームも豊かです。 しかし閉経によるエストロゲンの分泌の減少とともに、毛髪の寿命が短くなり、毛穴から出る毛髪の本数も減ります。1本1本の毛髪も細く、柔らかくなってきます。 それによってしだいに毛髪のボリュームが少なくなり、進行すると地肌がめだつようになります。これが女性特有のびまん性脱毛です。 女性と男性の薄毛、抜け毛の特徴は異なりますが、男性の場合は頭頂部や前頭部が薄くなります。 それに対して女性の抜け毛は均等に頭皮一面に現れやすく、一部に薄毛が現れる男性のAGAと異なり、気づいた時にはかなり全体的に薄毛になりやすいのが女性のびまん性脱毛症です。 びまん性脱毛症は若い女性にも増えています。 50代、60代など加齢が原因で髪が薄くなると思われている女性は多いですが、このびまん性脱毛症は20代の若年層にも発症します。 原因は日々のストレスであったり、過度なダイエットで栄養不足で頭皮や毛髪への栄養不足になったり、生活が不規則な女性にも出やすいのがびまん性脱毛症です。

女性の薄毛に使用する医薬品

びまん性脱毛症の治療には外用薬の低濃度ミノキシジル(1~2%)を使用します。ミノキシジルは頭皮の血行を促進して毛根を活性化する成分です。 大正製薬が製造販売する国内でも人気の女性用育毛剤リアップリジェンヌ(Riup Regenne)は低濃度ミノキシジル配合の外用薬で、大正製薬が製造販売しています。 リアップリジェンヌと同じ低濃度ミノキシジル配合の医薬品にはツゲイン2%という低価格ジェネリック外用薬があり、半額以下で通販ができる女性用育毛剤です。 先発薬のため値段が高いですが、女性用のミノキシジル配合の育毛薬は国内では他に存在しないため、利用する女性は非常に多いです。 男性の脱毛症(AGA)の治療には内服薬のフィナステリドと外用薬のミノキシジル(5~10%)が使われますが、フィナステリドは男性ホルモンに作用する薬なので女性は使うことができません。 ミノキシジルはホルモンには作用しませんが、女性は成分配合が2%までのものを使用することになっています。 脱毛の進行が早い場合は、更年期障害の治療に使われる女性ホルモン剤(エストロゲン)の服用が効果的な場合があります。女性ホルモン剤には飲み薬、貼り薬、塗り薬などがありますが、特に有名なホルモン剤がプレマリンです。 また、女性の薄毛の10人に1人は甲状腺機能低下症が原因だと言われます。その場合は甲状腺ホルモンの投与で脱毛も止まります。 その他男女ともに使えるものに、『脂漏性湿疹』を治療する薬用シャンプーの『ニゾラルシャンプー(ケトコナゾール)』、育毛をサポートするサプリメントの『L-リジン』などがあります。

女性用ミノキシジル外用薬『リアップジェンヌ』とジェネリック

女性が使える低濃度ミノキシジル配合の育毛外用薬で有名な商品が大正製薬の『リアップジェンヌ(Riup Regenne)』です。 多くの女性が育毛に使用している塗り薬ですが、価格が高いため中長期に使用するには経済的な負担が重いミノキシジルです。 当ページで紹介のロゲインジェネリック(ツゲイン2%)は、ミノキシジル2%配合の女性用育毛薬で、リアップジェンヌの同等商品です。 ジェネリック(後発薬)のメリットはその価格の低さです。 これまでリアップジェンヌをご使用の女性は、今後の育毛コスト節約にご利用ください。

女性の薄毛には個人差があります

男性ホルモンには脱毛を促進する作用がありますが、女性ホルモンは逆に髪の寿命を長くする作用があります。 男性に多い若はげに女性が無縁なのはそのためです。 しかし女性も更年期になって女性ホルモンの分泌が減ると薄毛の兆候がでてきます。 それがびまん性脱毛症といわれる症状です。同年代の女性より薄毛の進行が早いと大きな悩みの種になります。 女性の薄毛にも男性のAGA(男性型脱毛症)のように、症状や進行度合いに個人差があります。 閉経は多少の遅い早いはあっても誰にもやってきますが、びまん性脱毛症は進行の度合いに大きな個人差があり、それが悩みの種になります。 閉経後のエストロゲンの減少がびまん性脱毛症の原因ですが、それが強く早く現れる人と、ゆるやかに現れる人がいて、その理由はよく分っていません。 体質的な個人差の他に、パーマ、ヘアカラーなどの影響、紫外線ダメージ、過激なダイエットの繰り返しなども関係していることが考えられますので、薄毛の原因となる生活習慣の改善は必須です。

20代女性の薄毛

毛髪が細くなったり、分け目が気になりだした、抜け毛の量が増えたと感じる女性は「びまん性脱毛症」の可能性があります。 多くの女性が40代の後半あたりから更年期障害の症状の一環として薄毛になるFAGA(女性男性型脱毛症)」がありますが、このFAGAもびまん性脱毛症に分類される薄毛です。 びまん性脱毛症には育毛治療薬があり、リアップリジェンヌの成分ミノキシジルやパントガールが代表的な育毛治療薬です。 リアップリジェンヌには格安なジェネリックのツゲイン2%もありますので、クリニックで高いコストを払って育毛治療をされている方、リアップリジェンヌを使われている方は低価格のツゲイン2(ミノキシジル2%配合)をお勧めします。

20代女性の薄毛に関するよくある質問

Q:髪の毛のブリーチ、カラー、パーマなどヘアスタイルを色々アレンジしてましたが、最近、髪の毛のボリュームが減った感じや細くなった感じがします。市販の女性用育毛剤をいろいろ試しましたが、改善している気がしません。 A:ヘアスタイルのアレンジやカラー、パーマなどは若年層のびまん性脱毛症の原因です。 パーマやカラリングは髪、頭皮へのダメージの原因です。パーマ液やカラー液が頭皮に付着すると頭皮へのダメージになることは容易に想像できますね。 20代は男性女性ともヘアスタイルを楽しみたい時期ですが、将来の薄毛の原因になりますので要注意です。スカルプDなど頭皮ケアシャンプーは頭皮の汚れや脂を取りますが、発毛を起こすには『ミノキシジル1~2%』の外用薬は必須です。パントガールも若い女性の育毛に使われます。 Q:昔からダイエット、リバウンドの繰り返しを経験してきました。特に運動で痩せようとはせず、食べる量を抑えるプチ断食や食べ物を限定するダイエットなどもやってきました。そのせいかは分かりませんが、髪のボリュームが減ってる気がします。ダイエットすると髪の毛に影響がありますか? A:過剰なダイエットは髪や肌への悪影響となります。人間の体は摂取カロリーが低かったり、栄養が偏った食生活をしていると、髪の毛、肌などへの栄養の伝達が後回しになります。 臓器、脳など生存に必要な器官への栄養伝達が優先されるからです。わかめを食べると髪が増える、濃くなると言われることもありますが、それだけ食べていても効果は期待できません。 過度なダイエットは控え、バランスの取れた食生活を心がけましょう。育毛剤としては薬局や楽天で購入できる育毛剤は医薬品ではないため、パントガールやミノキシジル外用薬のような国の機関が推奨する育毛成分は含まれませんので、育毛剤に過度な期待は禁物です。

20代女性の薄毛のまとめ

「20代だから髪の心配はなし」ではなく、「20代から将来の対策を始めよう」が大切です! 20代の女性は日々ヘアスタイルをアレンジしたり、様々なシャンプーの使用などで頭皮へのダメージは将来の薄毛リスクを高めていると言えるでしょう。 極端なカロリーオフや流行のダイエット、仕事でのストレス、長時間の残業、睡眠不足などは髪や頭皮への悪影響です。 最近では頭皮治療シャンプーや市販の女性用育毛剤を使っている女性も多いですが、市販の商品はあくまで「漢方」ととらえてください。 男女の育毛治療薬とは別物で、ご存じの女性も多いでしょうが、クリニックで使用する育毛治療薬(外用薬や服用薬)は意外と市販の育毛剤などより安価に購入できるんです。パントガールやリアップリジェンヌのジェネリックなどを検討してみてはいかがでしょうか。

30~40代女性の薄毛によくある質問

Q:40代の前半ですが、仕事での責任や負担が重くなり、それと同時に抜け毛が増えました。仕事のプレッシャーやストレスで円形脱毛症になったり白髪が増える方もいらっしゃるようですが、いずれの症状も出ておらず、ただ抜け毛だけが増えだしました。このままだと全体的に薄くなりそうで不安です・・・。 A:30代から40代にかけてお子さんの子育てや仕事量の増加、責任の増加などで心身のストレスを抱えている女性は非常に多いと言えます。特に子育てをしながら仕事もこなされる女性はなおさらです。 結論から言いますと、「ストレス」は「びまん性脱毛症」の主要原因の一つです。もちろん円形脱毛症もストレスが原因で起こりやすい症状です。 日々のストレス発散やご家族の協力を得るなど、ストレスを減らすことが一番大切ですが、女性の育毛薬(ミノキシジルやパントガール)などの使用も当然ながら検討できます。 Q:昔から生理痛がきつくて改善もかねて低用量ピルを飲んでました。ですが、最近になって子作りのためピルをやめたのですが、辞めた後に急に脱毛が増えて心配です・・・。 A:低用量ピルは女性ホルモンを補充することになるため女性らしい毛髪の維持やニキビなどの改善効果があります。そのためピル服用中はそうでない時より抜け毛も減少し、やめると抜け毛が増えるのはごく自然です。 通常はピルを休薬したばかりの時期に抜け毛が増えますが、それが続くようであれば育毛治療を検討してはどうでしょうか。 Q:30代半ばです。子供を出産した後に急に抜け毛が増えました。明らかにボリュームが減って心配しています。出産後に抜け毛が増えるのは自然ですか?また、徐々に基に戻るんでしょうか? A:女性の抜け毛が増える理由の一つに女性ホルモンのバランスの変化があります。出産後に抜け毛が増えるのは自然です。また、これは徐々に改善します。 なぜ抜け毛が増えるかと言うと、妊娠している時は女性ホルモンが普段より大量に分泌されますが、出産すると一気にホルモン分泌量が減るのです。 徐々に改善しますが、子育てでストレス度合いが高い場合はなかなか改善しない場合もあります。 ストレスでびまん性脱毛症になる場合もありますので、ミノキシジル配合の塗り薬やパントガールでの育毛を検討できます。

30~40代女性の薄毛のまとめ

仕事もプライベートも多忙な30~40代、日々のストレスやプレッシャーなどでホルモンバランスが崩れたり、睡眠不足や過労など、髪へのダメージが増える時期です。 これらはみなびまん性脱毛症の原因ですし、抜け毛が増えた、ボリュームが減ったと感じる女性は多いでしょう。気になったら早期に育毛治療を開始するのが良いでしょう。 ただし、抜け毛や薄毛の原因を考えて、頭皮を労わる生活習慣の改善なども大切です。 びまん性脱毛症や産後の抜け毛など、気になる女性はミノキシジル外用薬やパントガールなど、クリニックでの定番育毛薬を自宅で使ってみてはいかがでしょうか。

40代後半からの女性の薄毛

Q1:40代の後半に入りましたが、特に分け目にかけて薄くなってきました。分け目以外もぱっと見て昔より全体的にボリュームが減って薄くなったと感じます。放置するとさらに進行するのでしょうか? A:歳をとるにつれて髪のボリュームが減るのは自然で、びまん性脱毛症と考えられます。男女にかかわらず、加齢で「毛髪のサイクル」に変化が現れます。毛髪サイクルとは(初期成長、成長、後退、休止)という4つの段階で髪が生えてから抜けるまでのサイクルを指します。 女性の薄毛の場合、最後の休止の期間が徐々に長くなって、髪がなかなか生えてこない時期が延長されるのです。頭皮の血行を改善して栄養素を送ることで改善が期待できるため、ミノキシジル配合(血管を拡張する)の外用薬やパントガールが検討できます。 Q:更年期だと思いますが、その一環で薄毛が気になっています。更年期障害の緩和にはホルモン剤の投与で改善すると聞きましたが、髪も増やせるのでしょうか? A:更年期障害の症状の原因は女性ホルモン量が急に減ってバランスが崩れるからです。そうなると抜け毛の原因DHTと呼ばれる男性ホルモン(女性にも存在します)の影響が高まって抜け毛が増えるようになります。 この男性ホルモンが原因で起こる女性の薄毛をFAGA(女性男性型脱毛症)とよび、男性の薄毛と同様の理由で起こる女性の薄毛です。改善にはミノキシジル配合の外用薬、パントガールなどが検討できます。

40代後半からの女性の薄毛のまとめ

びまん性脱毛症や全体的な髪のボリュームが下がる時期です。市販の育毛剤ではなく、ミノキシジル外用薬やパントガールが効果的です。 女性は閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が急降下して、様々な不快な症状が現れます。 更年期ですが、髪や肌の老化が進む時期ですので、女性ホルモン剤の使用で症状の緩和や女性らしい容姿を取り戻すホルモン補充療法が検討できる時期です。もちろん、びまん性脱毛症の症状が現れた場合は早期に育毛治療薬を開始するのが理想です。

女性が使用できないAGA治療薬

フィナステリドは男性ホルモンのテストテロンが脱毛の原因になるDHTに変換されるのを防ぐ薬です。 男性型脱毛症(AGA)には効果があることが確認されていますが、脱毛の原因が違う女性の薄毛に使用しても効果はありません。 効果がないだけではなく、もし妊娠中の女性や子どもが服用すると重大な副作用があります。 DHTは男の胎児や発育中の子どもの生殖器の形成に必要なホルモンなので、それを阻害する薬であるフィナステリドを服用すると生殖器に奇形が生じたり充分に発育しないおそれがあるのです。 妊娠する可能性のある女性や子供はフィナステリドのビンに触れるのもタブーとされています。 危険である上に効果がないという海外での実験報告もあります。これは閉経後の女性で薄毛に悩む人を対象に1年間フィナステリドを投与し、プラセボグループとの比較を行ったものです。その結果は2つのグループに何ら有意な差は認められなかったといいます。 女性の脱毛症を『FAGA』ということがありますが、男性のAGAとは関係がなく、男性ホルモンのGHTが脱毛の原因になっているわけではありません。 女性の脱毛症の多くは、エストロゲンの分泌の変化を引き金になり、様々なヘアケア習慣などが重なっておきるものです。

びまん性脱毛症に効果的なミノキシジル

ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使う『血管拡張剤』でしたが、使用者の毛髪が濃くなるという副作用が見つかって育毛剤として開発されたものです。 ミノキシジルは毛根への血流を促進し毛乳頭と毛母細胞を活性化して、発毛と育毛を促進することが確認されています。 この作用は男女にかかわりなくあるので、ミノキシジルは女性でも使えます。 しかし外用薬(ぬり薬)にはミノキシジルの配合が1%、2%、5%、10%など種々ありますが、女性は2%までに使用が制限されています。 またミノキシジル・タブレットなどの内服薬は女性は飲むべきではないとされています。 これらの制限は実際に副作用などの報告があったからではなく、妊婦などの臨床試験が行われておらず安全性が確認されていないという理由からです。 女性も1%、または2%のミノキシジル外用薬は安心して使用でき、女性に対する効果も確認されています。発毛外来でも女性の薄毛の患者にはミノキシジルが処方されています。