まつエク(まつげのエクステ)は目の大敵です | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/03/15

まつ毛のエクステはつけまつ毛よりナチュラルでアイメイクに時間がかからないことから、一時期ブームになり、現在も「まつ毛サロン」などでの施術が盛んにおこなわれています。しかし、まつ毛のエクステでは下手な施術で目を傷つけるなどのトラブルも多く、注意が必要です。

実際に、美容クリニックで使用するまつげ育毛剤にはビマトプロスト配合のルミガンなどがあります。

まつ毛のエクステでのトラブルやリスクには次のようなものがあります。

1. 無免許のまつ毛サロン

まつ毛のエクステの施術を行なうには国家資格の美容師免許が必要です。「セルフエクステ」と称して免許を持たない人が「指導する」という建前で実際には施術を行なっているところもあるといいます。

免許がある美容サロンでも、施術前にグル―のパッチテストを行うなどの安全意識の高い、技術力のあるところを選ぶ必要があります。

2. 接着剤のグルーが体質に合わないことがある

まつ毛のエクステは本物のまつ毛にグルーと呼ばれる接着剤で人口のまつ毛を着けて「増毛」する施術です。人によってはこのグルーでアレルギー反応を起こして、まぶたが腫れる、目が充血する、結膜炎を起こす、などのダメージを受けることがあります。

3. エクステが抜けて目に入り角膜を傷つけることがある

人工まつ毛は合成繊維やシルクでできていますが、それが折れたり抜けたりして眼に入り眼球を傷つけることがあります。寝ていて無意識に目をこすったときなどに起きやすい事故です。

4. エクステの重みで本物のまつ毛が抜ける

まつ毛のエクステは、人工毛やグルーの重みで本物のまつ毛に負荷をかけることになるので、自然なサイクルよりもまつ毛が早く抜けることがあります。グルーによるまつ毛の毛根への刺激で脱毛するケースもあります。

5. トラブルになったときに誠実に対応してもらえないかもしれない

消費者センターへの相談事例などを見ると、まつ毛のエクステによるトラブルは、無免許サロンはもちろん、正規の美容サロンでも誠実に対応してもらえず泣き寝入りになるケースも多いようです。