むずむず脚症候群が原因で寝不足に | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/03/23

夜間に脚をじっとしていると出る症状

むずむず脚症候群は寝ているときに脚がムズムズするなどの不快感があって、睡眠の邪魔をする症状です。症状は脚がムズムズするだけではなく、ほてる、だるい、熱い、うずく、ひきつる、などさまざまです。共通するのは脚を動かすと症状が軽くなり、じっとしていると出てくることです。

したがって寝ているときも脚を動かしていないと気持ちが悪くなかなか寝つけません。たとえ眠っても、気持ちが悪くて目が覚めてしまいます。むずむず脚症候群は専門的には「レストレスレッグス症候群」といいます。眠れなくてしょっちゅう脚を動かしている様子を休みなき脚(レストレスレッグス)と表現したのです。

原因は脚ではなく脳にあります

むずむず脚症候群は脚に何かの原因があって出る症状ではなく、原因は脳にあります。私たちの身体の神経組織は、例えば肌に当たるそよ風の動きも察知するくらいに敏感ですが、そういう全身の神経が受け取る情報をいちいち意識していたらうるさくてたまらないでしょう。

脳にはそういう重要でない情報(信号)をブロックして、意識に入り込まないようにする仕組みがあります。むずむず脚症候群はその仕組みがうまく機能しないときに起きると考えられています。正常なら無視してしまうささいな刺激に過敏になり、脚を動かさないとガマンできなくなるのです。脊椎の反射も過敏になるので寝ている間に脚がピクンと痙攣することもよく生じます。

鉄分欠乏で起きることが多い

むずむず脚症候群の原因はよく分っていませんが、鉄分の不足が関係していると考えられています。それは、無駄な情報をブロックする役割をしている神経細胞に鉄分が欠かせない栄養素であること、また鉄分が不足しやすい女性に多い病気であることなどからです。女性の患者は男性の約1.5倍います。

鉄分不足の他に、ドーパミンを出す神経系統の障害や抗精神病薬などの薬の副作用としてむずむず脚症候群になることもあります。

むずむず脚症候群の治療には、まず鉄分の補給があります。それだけで症状が改善しないときはうつ病の治療にも使われるドーパミン作動薬で神経細胞に直接働きかけます。また、睡眠障害はほかの理由でも起きるので、自然な睡眠リズムを守る生活を心がけることも大切です。

補助薬やお薬での改善

むずむず脚症候群で選択的に用いられるお薬が「ドーパミン受容体作動薬」です。成分プラミペキソール(ミラペックス)は日本で初めて認可されたレストレスレッグス(むずむず脚症候群)の治療薬です。その他に「塩酸ロピニロール(レキップ)」配合のお薬もドーパミン受容体作動薬で同症状の治療に用いられます。

普段から睡眠の質が低い、不眠症、夜型などで睡眠サイクルが乱れている場合は睡眠ホルモンの「メラトニン」の分泌が減っていると考えらえますので、メラトニンの補給で睡眠の質やサイクルの改善が検討できます。

むずむず脚症候群が原因で寝不足に

夜間に脚をじっとしていると出る症状

むずむず脚症候群は寝ているときに脚がムズムズするなどの不快感があって、睡眠の邪魔をする症状です。症状は脚がムズムズするだけではなく、ほてる、だるい、熱い、うずく、ひきつる、などさまざまです。共通するのは脚を動かすと症状が軽くなり、じっとしていると出てくることです。 したがって寝ているときも脚を動かしていないと気持ちが悪くなかなか寝つけません。たとえ眠っても、気持ちが悪くて目が覚めてしまいます。むずむず脚症候群は専門的には「レストレスレッグス症候群」といいます。眠れなくてしょっちゅう脚を動かしている様子を休みなき脚(レストレスレッグス)と表現したのです。

原因は脚ではなく脳にあります

むずむず脚症候群は脚に何かの原因があって出る症状ではなく、原因は脳にあります。私たちの身体の神経組織は、例えば肌に当たるそよ風の動きも察知するくらいに敏感ですが、そういう全身の神経が受け取る情報をいちいち意識していたらうるさくてたまらないでしょう。 脳にはそういう重要でない情報(信号)をブロックして、意識に入り込まないようにする仕組みがあります。むずむず脚症候群はその仕組みがうまく機能しないときに起きると考えられています。正常なら無視してしまうささいな刺激に過敏になり、脚を動かさないとガマンできなくなるのです。脊椎の反射も過敏になるので寝ている間に脚がピクンと痙攣することもよく生じます。

鉄分欠乏で起きることが多い

むずむず脚症候群の原因はよく分っていませんが、鉄分の不足が関係していると考えられています。それは、無駄な情報をブロックする役割をしている神経細胞に鉄分が欠かせない栄養素であること、また鉄分が不足しやすい女性に多い病気であることなどからです。女性の患者は男性の約1.5倍います。 鉄分不足の他に、ドーパミンを出す神経系統の障害や抗精神病薬などの薬の副作用としてむずむず脚症候群になることもあります。 むずむず脚症候群の治療には、まず鉄分の補給があります。それだけで症状が改善しないときはうつ病の治療にも使われるドーパミン作動薬で神経細胞に直接働きかけます。また、睡眠障害はほかの理由でも起きるので、自然な睡眠リズムを守る生活を心がけることも大切です。

補助薬やお薬での改善

むずむず脚症候群で選択的に用いられるお薬が「ドーパミン受容体作動薬」です。成分プラミペキソール(ミラペックス)は日本で初めて認可されたレストレスレッグス(むずむず脚症候群)の治療薬です。その他に「塩酸ロピニロール(レキップ)」配合のお薬もドーパミン受容体作動薬で同症状の治療に用いられます。 普段から睡眠の質が低い、不眠症、夜型などで睡眠サイクルが乱れている場合は睡眠ホルモンの「メラトニン」の分泌が減っていると考えらえますので、メラトニンの補給で睡眠の質やサイクルの改善が検討できます。