アルコールと中性脂肪の関係を知ろう | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2017/07/03

アルコールが脂肪になる?

健康診断で医師に「すこし脂肪肝ぎみだからお酒をひかえよう」とか「血液中の中性脂肪が多いからアルコールはひかえめに」などと言われた経験はありませんか? また、そのときにどうしてアルコールが脂肪になるのだろう?と疑問に思いませんでしたか?

お酒の肴に脂こいものを食べるせいか、と思った人もいるでしょう。たしかにそれもありますが、アルコールそのものも肝臓や血液の中性脂肪を増やす作用があります。アルコール自体が脂肪に変わるわけではありませんが、肝臓がアルコールを分解する過程で中性脂肪の合成を促進するのです。

アルコールによって肝臓での脂肪の合成が亢進します

したがって、アルコールの摂取量に比例して肝臓での中性脂肪の合成が多くなり、その一部は血液中に放出されて高脂血症の原因になり、一部は肝臓内に蓄積されて脂肪肝の原因になります。

血液中の中性脂肪が過剰になると、肥満の原因になるだけでなく、善玉コレステロールを減らし悪玉コレステロールを増やす作用があり、それが動脈硬化を促進する要因になります。また、肝臓内に蓄積された中性脂肪が全体の30%を超えると、つまり脂肪肝になると、長年のうちには肝炎や肝硬変をひき起こすことになります。

節酒はダイエットにも即効性があります

お酒を飲まなくてもカロリーの摂取が過剰だと脂肪肝になりますが、毎日お酒をしっかり飲んで、肴も食べるという習慣は、脂肪肝・高脂血症・肥満の最大のリスク要因になります。逆にお酒の摂取量の多い人は、お酒を止めるだけで中性脂肪値が下がり、ダイエット効果もあります。

お酒が好きな人、お酒に強いという自覚がある人は、お医者さんの「お酒は1日に1合程度に」などというアドバイスをバカにする傾向がありますが、お酒は肝臓を疲れさせるだけでなく中性脂肪を増やすということを念頭に置いて、節酒を心がけたいものです。

≪ダイエット関連全商品を見る≫

アルコールと中性脂肪の関係を知ろう

アルコールが脂肪になる?

健康診断で医師に「すこし脂肪肝ぎみだからお酒をひかえよう」とか「血液中の中性脂肪が多いからアルコールはひかえめに」などと言われた経験はありませんか? また、そのときにどうしてアルコールが脂肪になるのだろう?と疑問に思いませんでしたか? お酒の肴に脂こいものを食べるせいか、と思った人もいるでしょう。たしかにそれもありますが、アルコールそのものも肝臓や血液の中性脂肪を増やす作用があります。アルコール自体が脂肪に変わるわけではありませんが、肝臓がアルコールを分解する過程で中性脂肪の合成を促進するのです。

アルコールによって肝臓での脂肪の合成が亢進します

したがって、アルコールの摂取量に比例して肝臓での中性脂肪の合成が多くなり、その一部は血液中に放出されて高脂血症の原因になり、一部は肝臓内に蓄積されて脂肪肝の原因になります。 血液中の中性脂肪が過剰になると、肥満の原因になるだけでなく、善玉コレステロールを減らし悪玉コレステロールを増やす作用があり、それが動脈硬化を促進する要因になります。また、肝臓内に蓄積された中性脂肪が全体の30%を超えると、つまり脂肪肝になると、長年のうちには肝炎や肝硬変をひき起こすことになります。

節酒はダイエットにも即効性があります

お酒を飲まなくてもカロリーの摂取が過剰だと脂肪肝になりますが、毎日お酒をしっかり飲んで、肴も食べるという習慣は、脂肪肝・高脂血症・肥満の最大のリスク要因になります。逆にお酒の摂取量の多い人は、お酒を止めるだけで中性脂肪値が下がり、ダイエット効果もあります。 お酒が好きな人、お酒に強いという自覚がある人は、お医者さんの「お酒は1日に1合程度に」などというアドバイスをバカにする傾向がありますが、お酒は肝臓を疲れさせるだけでなく中性脂肪を増やすということを念頭に置いて、節酒を心がけたいものです。 ≪ダイエット関連全商品を見る≫