インテリ男性は中折れするのは本当? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/01/23

セックスの途中でペニスがしぼんでしまう「中折れ」は、女性にとっては理解しにくい現象ですし、女性としての自信を失わせる出来事でもあります。昔の女性誌には「夫に出産後膣がゆるくなったと言われます」というような相談がよく寄せられていました。もしかするとこれは、中折れした男性がその責任を妻に押し付けたというけしからん例なのかもしれません。

これも昔の話ですが、インテリ男は中折れするという都市伝説(?)もありました。これは、これからというときにシューッとしぼんでしまう男性を見て不可解に思った女性が、インテリはあの最中にも難しいことでも考えているんじゃないかと疑ったという話です。

しかし、女性には分りにくいでしょうが、たとえピストン運動の最中でも勃起を維持するというのは、そう当たり前のことでもありません。別にむずかしいことを考えていなくても、心のどこかで集中力が欠けていることもあります。女性の膣がゆるくなったのではなくて、そもそも最初からペニスの硬さが充分でなかったということもあります。

ED(勃起不全)というと、「立たない」ことだと思っている人が男性にも女性にも少なくありませんが、EDの多くを占めるのが中折れです。言い換えると中折れは立派な(?)EDなのです。EDの初期症状は「硬さの不足」や「中折れ」として現れます。

勃起はペニスへの血液の集中ですが、これは通常の血液循環から見るとたいへん異常な事態です。動脈からどんどんペニスに血液を送り込んで陰茎海綿体が膨張すると、血液の出口である静脈が圧迫されて出るに出られなくなるというが勃起の仕組みです。

この状態が4時間くらい続くと海綿体の組織がダメージを受けてしまうので、身体には勃起解除の安全装置が備わっています。そのとき働くのがPDE5という酵素です。中折れはまだ用事が済む前に安全装置が誤作動して酵素PDE5が働いてしまった状態です。

この誤作動が起きる原因には心因性のストレスや生活習慣病による血管の老化など、いろいろなものがあります。原因は何か1つではなく実際はこれらの要因が重なっていることが多いと考えられています。

したがって、原因を追究してそれを取りのぞいて中折れを治すというのは、正攻法のように見えて実現困難なことが多いものです。そんな苦労をしなくでもあっさり問題を解決してくれるのが、バイアグラシアリスレビトラなどのED治療薬です。

ED治療薬はPDE5阻害薬と呼ばれる薬で、勃起の維持をじゃまする酵素のPDE5の作用を抑えて中折れを予防します。副作用が少なく習慣性がない安全な薬なので、悩みを抱えながら服用をためらう必要はありません。中高年だけでなく、「インテリはダメね」とバカにされたことがある高学歴の若者も試してみる価値があります。

ED治療薬はこちらからご確認ください>>