シミくすみ・肝斑と美白クリーム | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/07

人気美白・美肌商品

ハイドロキノンクリーム
メラニン色素を漂白、還元する作用と、メラニン色素の生成を抑える作用で、シミくすみを改善する定番美白クリーム。

・ルミキシル
美白の定番クリーム、ハイドロキノンの17倍の浸透力を持ちながら、肌に優しく、ちくちく感や肌の白抜けがない、画期的な美白シミくすみクリーム。

コスメライトクリーム
シミくすみ除去クリームのハイドロキノンとトレチノインが合成された美白クリーム。トレチノインが肌のターンオーバーを早めてハイドロキノンの効果を高めます。

トラネキサム酸(トランサミン)
第一三共製薬がトラネキサム酸が主成分の美白商品(トランシーノ)を販売中で脚光を浴びた美白成分。1粒にトランシーノの3倍強のトラネキサム酸を含む。

シミは「色素の沈着」ではありません

肌のシミがメラニン色素であることは女性の常識です。しかし、この常識がすこしあやしくなるのが「メラニン色素が肌に沈着する」という考え方です。

沈着するという言葉には、いちど放出されたメラニン色素が消えずにとどまるというイメージがあるからです。

しかしシミは、メラニン色素がそこに居すわるのではなく、そこで「作り続けられている」から消えないのです。日焼けでできたメラニン色素は肌のターンオーバーで消えていきます。

シミのメラニン色素も同じですが、同じポイントでまたメラニン色素が放出されるのでいつまでも沈着しているように見えるのです。

日焼けの肌とシミの肌で違いがあるのはなぜか

メラニン色素は紫外線を浴びたときに肌がダメージを受けないように放出されます。そういう注意信号に敏感なのがメラニン色素を放出するメラノサイト(色素細胞)です。

その注意信号が消えるとメラニンの放出はストップします。いつまでも放出がやまないのは、メラノサイトがまだ何かの注意信号を感じ続けているということです。

こういうメラノサイトの過敏や誤作動が起きる原因にはつぎのようなものが考えられます。

・過去に浴びた紫外線のトラウマがメラノサイトを誤作動させる。
・乾燥や物理的刺激などによる肌のダメージ、状態の悪化が、メラノサイトに注意信号を与えている。
・内分泌(ホルモン)の変化によってメラノサイトが敏感になっている
・肌の老化でメラノサイトが色素を放出し続けている。

シミとくすみ、肝斑のちがい

くすみはシミと同じ理由でメラニン色素が肌色をわるくしている場合と、目の下の皮膚などに静脈血がとどこおって青黒く見えている場合があります。静脈血がとどこおって透けて見えている場合は、血流が改善すればくすみも消えます。

消えにくいシミといわれる肝斑は、ホルモン分泌との関係が深く、顔の左右対称の位置にできるのが特徴です。妊娠や避妊ピルの服用、閉経などのホルモンの変化であらわれたり、濃くなったりします。紫外線にあたることでも濃くなります。

肌の健康をそこなわないシミ対策がをしよう

シミの改善には、次のような対策が考えられます。

・スキンケアで肌の健康をたもち、メラノサイトの過敏さを徐々にしずめる。
・できてしまったシミを美白する。
・肌のターンオーバーを促進して、メラニン色素のある角質を排泄する。

この3つの対策を同時進行させることができれば、シミの改善はスピードアップしますが、問題は1の対策と、2、3の対策がけんかをする場合があるということです。

最近あった美白化粧品で肌に白斑ができたという事故はその例です。メラニン色素の産出をおさえたり、できたメラニン色素を漂白するという美白が、肌の健康を損なってしまった事例ということができます。

肌のターンオーバーを促進するとメラニン色素の排泄は早くなりますが、肌は新陳代謝のリズムを保つことで健康で丈夫になるという性質があるので、ターンオーバーをムリに早めることで肌の健康に悪い影響をあたえる可能性があります。

シミ対策は、1のスキンケアを基本として、2,3は皮膚科医の指導を受けるなどして注意深く行なう必要があります。

美白のために使用されている薬品や薬用化粧品の成分には、ルミキシルぺプチド、トラネキサム酸(トランサミン酸)、ハイドロキノンなどがあります。

・ルミキシルぺプチド
米国スタンフォード大学で開発された美白成分で、メラニン色素を産出するチロシナーゼを抑制する作用があります。
ハイドロキノンの70倍もの浸透力があるにもかかわらず肌への刺激が少ない美白成分といわれています。この成分を含むものには「ルミキシル」などがあります。

・トラネキサム酸
もともと止血剤の成分として使われていたものですが、メラノサイトの活性をブロックする作用があり、「のむ美白成分」として使われるようになりました。肝斑にも有効とされています。
トランシーノという商品で有名になったトラネキサム酸ですが、トラネキサム酸が贅沢に配合された商品に「トランサミン錠」「トラネキサム酸500」などの商品があります。

ハイドロキノン
強い漂白作用のある成分で、写真の現像液などにも使われていました。メラニン色素を還元するはたらきがありますが、肌への刺激があるので注意が必要です。
ハイドロキノン配合の美白商品は「ハイドロキノンクリーム」があり、美容クリニックで使われる定番の美白クリームです。

シミくすみ・肝斑と美白クリーム

人気美白・美肌商品

ハイドロキノンクリーム メラニン色素を漂白、還元する作用と、メラニン色素の生成を抑える作用で、シミくすみを改善する定番美白クリーム。 ・ルミキシル 美白の定番クリーム、ハイドロキノンの17倍の浸透力を持ちながら、肌に優しく、ちくちく感や肌の白抜けがない、画期的な美白シミくすみクリーム。 コスメライトクリーム シミくすみ除去クリームのハイドロキノンとトレチノインが合成された美白クリーム。トレチノインが肌のターンオーバーを早めてハイドロキノンの効果を高めます。 トラネキサム酸(トランサミン) 第一三共製薬がトラネキサム酸が主成分の美白商品(トランシーノ)を販売中で脚光を浴びた美白成分。1粒にトランシーノの3倍強のトラネキサム酸を含む。

シミは「色素の沈着」ではありません

肌のシミがメラニン色素であることは女性の常識です。しかし、この常識がすこしあやしくなるのが「メラニン色素が肌に沈着する」という考え方です。 沈着するという言葉には、いちど放出されたメラニン色素が消えずにとどまるというイメージがあるからです。 しかしシミは、メラニン色素がそこに居すわるのではなく、そこで「作り続けられている」から消えないのです。日焼けでできたメラニン色素は肌のターンオーバーで消えていきます。 シミのメラニン色素も同じですが、同じポイントでまたメラニン色素が放出されるのでいつまでも沈着しているように見えるのです。

日焼けの肌とシミの肌で違いがあるのはなぜか

メラニン色素は紫外線を浴びたときに肌がダメージを受けないように放出されます。そういう注意信号に敏感なのがメラニン色素を放出するメラノサイト(色素細胞)です。 その注意信号が消えるとメラニンの放出はストップします。いつまでも放出がやまないのは、メラノサイトがまだ何かの注意信号を感じ続けているということです。 こういうメラノサイトの過敏や誤作動が起きる原因にはつぎのようなものが考えられます。 ・過去に浴びた紫外線のトラウマがメラノサイトを誤作動させる。 ・乾燥や物理的刺激などによる肌のダメージ、状態の悪化が、メラノサイトに注意信号を与えている。 ・内分泌(ホルモン)の変化によってメラノサイトが敏感になっている ・肌の老化でメラノサイトが色素を放出し続けている。

シミとくすみ、肝斑のちがい

くすみはシミと同じ理由でメラニン色素が肌色をわるくしている場合と、目の下の皮膚などに静脈血がとどこおって青黒く見えている場合があります。静脈血がとどこおって透けて見えている場合は、血流が改善すればくすみも消えます。 消えにくいシミといわれる肝斑は、ホルモン分泌との関係が深く、顔の左右対称の位置にできるのが特徴です。妊娠や避妊ピルの服用、閉経などのホルモンの変化であらわれたり、濃くなったりします。紫外線にあたることでも濃くなります。

肌の健康をそこなわないシミ対策がをしよう

シミの改善には、次のような対策が考えられます。 ・スキンケアで肌の健康をたもち、メラノサイトの過敏さを徐々にしずめる。 ・できてしまったシミを美白する。 ・肌のターンオーバーを促進して、メラニン色素のある角質を排泄する。 この3つの対策を同時進行させることができれば、シミの改善はスピードアップしますが、問題は1の対策と、2、3の対策がけんかをする場合があるということです。 最近あった美白化粧品で肌に白斑ができたという事故はその例です。メラニン色素の産出をおさえたり、できたメラニン色素を漂白するという美白が、肌の健康を損なってしまった事例ということができます。 肌のターンオーバーを促進するとメラニン色素の排泄は早くなりますが、肌は新陳代謝のリズムを保つことで健康で丈夫になるという性質があるので、ターンオーバーをムリに早めることで肌の健康に悪い影響をあたえる可能性があります。 シミ対策は、1のスキンケアを基本として、2,3は皮膚科医の指導を受けるなどして注意深く行なう必要があります。 美白のために使用されている薬品や薬用化粧品の成分には、ルミキシルぺプチド、トラネキサム酸(トランサミン酸)、ハイドロキノンなどがあります。 ・ルミキシルぺプチド 米国スタンフォード大学で開発された美白成分で、メラニン色素を産出するチロシナーゼを抑制する作用があります。 ハイドロキノンの70倍もの浸透力があるにもかかわらず肌への刺激が少ない美白成分といわれています。この成分を含むものには「ルミキシル」などがあります。 ・トラネキサム酸 もともと止血剤の成分として使われていたものですが、メラノサイトの活性をブロックする作用があり、「のむ美白成分」として使われるようになりました。肝斑にも有効とされています。 トランシーノという商品で有名になったトラネキサム酸ですが、トラネキサム酸が贅沢に配合された商品に「トランサミン錠」「トラネキサム酸500」などの商品があります。 ハイドロキノン 強い漂白作用のある成分で、写真の現像液などにも使われていました。メラニン色素を還元するはたらきがありますが、肌への刺激があるので注意が必要です。 ハイドロキノン配合の美白商品は「ハイドロキノンクリーム」があり、美容クリニックで使われる定番の美白クリームです。