ナルコレプシー(睡眠発作)と治療法 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/03/02

ナルコレプシーとは?

ナルコレプシーは、昼間突然眠り込んでしまう「睡眠発作」をおこす病気です。1回の発作は20分ほどで治まり目が覚めますが、1日に何回も発作をくり返します。車の運転や機械の操作をしているときに発作が起きるとたいへん危険です。また、人と話をしているときでも突然眠り込んでしまうので、患者が奇人扱いされることもあります。

睡眠発作の他にナルコレプシーの患者には、寝入りばなに金縛りに似た症状があります。通常人は入眠するとまずノンレム睡眠に入りますが、ナルコレプシーの患者はレム睡眠が先に現れるので、眠りは浅く夢を見るが体は動かないという状態になるからです。

夜の睡眠は途切れがちで浅く、よく夢を見ます。その分日中は睡眠発作が以外にも眠気を感じることが多くなります。

その他に人によっては「情動脱力発作」が起きることがあります。これは驚いたり笑ったりという強く感情を動かされることがあると全身の力抜けるという症状です。ひざや腰を支える筋肉が突然弛緩するので、立っているときにこの発作が起きると倒れ込むことになります。

ナルコレプシーの原因は?

ナルコレプシーが発症するのは10代のときで、中年以降に発症することはきわめてまれです。原因はよく分っていませんが、脳内物質のオレキシンの不足が関係していると言われています。

オレキシンは視床下部から分泌される、睡眠と覚醒をコントロールする神経伝達物質で、1998年日本人科学者によって発見されました。

ナルコレプシーは日本人の600人に1人程度が罹患していると想定されています。これは世界平均の約4倍で、日本人は世界でもっともこの病気にかかりやすいと言われています。

ナルコレプシーの治療は?

ナルコレプシーの治療は、今のところ病気そのものを根本的治すことはできませんが、睡眠外来などで発作を予防する薬物療法を行ないます。日中の睡眠発作を予防するために使用する薬は中枢神経の働きを活発にする精神刺激薬で、最近はモディオダール(成分名はモダフィニール)が第一選択薬とされています。

情動脱力発作や睡眠麻痺の症状には、レム睡眠を減らす作用がある3環系抗うつ薬のアナフラニールが使われます。この薬は効果が高い半面、口の乾きや便秘などの副作用が強いので、最近はSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)も使われます。

ナルコレプシーは日常生活への影響が大きく、挫折を味わう機会が多い病気ですが、適切な治療によって通常の社会生活を維持することができます。

ナルコレプシー(睡眠発作)と治療法

ナルコレプシーとは?

ナルコレプシーは、昼間突然眠り込んでしまう「睡眠発作」をおこす病気です。1回の発作は20分ほどで治まり目が覚めますが、1日に何回も発作をくり返します。車の運転や機械の操作をしているときに発作が起きるとたいへん危険です。また、人と話をしているときでも突然眠り込んでしまうので、患者が奇人扱いされることもあります。 睡眠発作の他にナルコレプシーの患者には、寝入りばなに金縛りに似た症状があります。通常人は入眠するとまずノンレム睡眠に入りますが、ナルコレプシーの患者はレム睡眠が先に現れるので、眠りは浅く夢を見るが体は動かないという状態になるからです。 夜の睡眠は途切れがちで浅く、よく夢を見ます。その分日中は睡眠発作が以外にも眠気を感じることが多くなります。 その他に人によっては「情動脱力発作」が起きることがあります。これは驚いたり笑ったりという強く感情を動かされることがあると全身の力抜けるという症状です。ひざや腰を支える筋肉が突然弛緩するので、立っているときにこの発作が起きると倒れ込むことになります。

ナルコレプシーの原因は?

ナルコレプシーが発症するのは10代のときで、中年以降に発症することはきわめてまれです。原因はよく分っていませんが、脳内物質のオレキシンの不足が関係していると言われています。 オレキシンは視床下部から分泌される、睡眠と覚醒をコントロールする神経伝達物質で、1998年日本人科学者によって発見されました。 ナルコレプシーは日本人の600人に1人程度が罹患していると想定されています。これは世界平均の約4倍で、日本人は世界でもっともこの病気にかかりやすいと言われています。

ナルコレプシーの治療は?

ナルコレプシーの治療は、今のところ病気そのものを根本的治すことはできませんが、睡眠外来などで発作を予防する薬物療法を行ないます。日中の睡眠発作を予防するために使用する薬は中枢神経の働きを活発にする精神刺激薬で、最近はモディオダール(成分名はモダフィニール)が第一選択薬とされています。 情動脱力発作や睡眠麻痺の症状には、レム睡眠を減らす作用がある3環系抗うつ薬のアナフラニールが使われます。この薬は効果が高い半面、口の乾きや便秘などの副作用が強いので、最近はSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)も使われます。 ナルコレプシーは日常生活への影響が大きく、挫折を味わう機会が多い病気ですが、適切な治療によって通常の社会生活を維持することができます。