バイアグラは服用からどんな感じで効いてくるの? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/03/09

知名度抜群の割に未経験者が多い薬

バイアグラという薬の名前が世界中を駆け巡り、日本の津々浦々まで知れ渡ったのは今から15年あまり前のことでした。この薬の出現によって、インポは治らないという定説はくつがえり、「中折れ」をかこっていた紳士たちの「あれは効く」という体験談がマスコミをにぎわせました。

しかし、知名度は「早めのパブロン」や太田胃酸なみに上がったにもかかわらず、使ったことがないという男性の方がまだ圧倒的に多いのが事実です。もちろん、使う必要のない人は使わなくてよいのですが、「勃起の硬さや、勃起の維持に問題がでてきて不安を抱えている」という「バイアグラ適齢期」の男性のなかにも、何となく服用をためらっている人が少なくありません。

そのためらいには、病院に行って「そういう薬」を処方してもらうことへの面映ゆさもあるでしょうが、「バイアグラを飲むとどんなふうに効いてくるのだろうか」という未経験者なら当然の不安もあります。

バイアグラへの2大誤解

飲むとモーレツにエッチがしたくなるのだろうか?
飲むといきなりカチンコチンに勃起するのだろうか?
もっとも多い誤解がこの2つですが、実際はバイアグラを飲んでも「何の変化も起きません」。

バイアグラは服用後30~40分ほどで効き目が出だします。そうすると3~4割の人に、顔が火照ってきたり、赤くなったり、あるいは少し頭痛がするなどの副作用が、薬が効いてきた証拠のように出てきますが、それも飲み慣れるとなくなってきます。それ以外の人はまったく何の変化も感じません。

バイアグラを飲んだということが心理的な刺激になって、セクシャルな妄想が暴走すると勃起が始まりますが、勃起させたのは妄想であってバイアグラではありません。バイアグラはそれをサポートしたにすぎません。服用後に急な仕事が入ったりしてそちらに気をとられていると、薬を飲んだことを忘れてしまうほど、飲んだからといってどうということはない薬です。

勃起すべきときにサポートしてくれるのがバイアグラ

妄想に限らず目や耳から性的な刺激を受けたり、女性の手でいろんなところを触られたりすると、つまり勃起すべき状況が出現するとバイアグラの効果も出現します。立ちしぶっていたペニスは素直に立つようになり、硬さも角度も充実します。セックスの途中で中折れしていたペニスにも、ゴールまで硬さを保つ体力がつきます。

また、ゴール(射精)してもそれで薬の効果が消えるわけではありません。射精後にいったん勃起は終息しますが、バイアグラの効果は4~5時間持続するので、その間に2回戦をする気になったら薬は勃起をサポートしてくれます。

したがって、「バイアグラを飲んだら2回戦でも3回戦でもいける」というのも誤解の1つです。バイアグラの言い分は、「薬の成分の血中濃度が一定レベル以上ある時間内なら何度でもお手伝いはさせていただきますが、やる気になるかどうかには当方は一切関知しません」ということです。

しかし、やはりバイアグラを飲んだという心理的な影響で、やる気が増すことはあるかもしれません。やろうと思えばできる状態になるからです。

普通なら一度射精すると「お役御免」になっていたペニスが射精後にも硬さを維持、または休憩後に硬さを取り戻すと、もう一回相手を楽しませてあげようかという気持ちになるのも自然です。ED治療薬で一晩に2回3回と楽しむ男性が多いのもそのせいで、硬さが維持できるとセックスへの意欲も高まります。

当然ながら、射精後も勃起がずっと続くわけではなく、性的興奮を感じなければ自然に戻ります。