バイアグラジェネリック『トーワ』は割高? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/03/06

バイアグラジェネリックの『シルデナフィルOD錠 トーワ』とは?

ED治療薬の筆頭『バイアグラ』のジェネリックと言えば、カマグラゴールド、シラグラやカベルタなど、ジェネリック大国インドの大手製薬会社が開発するジェネリックED治療薬が有名です。
日本とインドでは医薬品特許の仕組みが異なるため、最近まで日本の製薬メーカーが国内向けにバイアグラジェネリックを開発販売することはできませんでした。

しかし、2014年の5月でファイザー社のバイアグラ(シルデナフィルクエン酸)の医薬品特許が切れたため、国内メーカーの東和製品が満を持してバイアグラの成分「シルデナフィル50mg」配合のジェネリック医薬品を販売開始しました。

ユーザーの多いカマグラゴールドやシラグラ、カベルタなどは、シルデナフィル100mgの商品が購入でき、カッターやピルカッターで半分に切り分けて服用することで薬代を半分に節約できます。

しかし、残念ながらジェネリックの「トーワ」は成分量が50mgの商品しか用意されていませんので、1錠まるまる服用することになり、50mgで効果が不十分な場合は2錠服用せざるを得ず、経済的な負担は解消されていないようです。

バイアグラジェネリック「OD錠トーワ」の2つの特徴

・OD錠といい、必ずしも水が無くても服用できる
・レモン味、コーヒー味の2種類がある

OD錠とは英語でOral Drops、Orodispersibleの略で、口の中で溶けやすい錠剤という意味です。通常のバイアグ ラやジェネリックはビタミン剤のように水などで飲みますが、トーワ―OD錠は水が無くても舐める感覚で成分を吸収できます 。

しかし、溶けやすいからと言って、ジェネリックトーワ―がバイアグラや他のジェネリックより『即効性』が高いわけではありません。即効性=飲んですぐに効き始めるということですが、これは成分自体に依存するため、シルデナフィル自体に『レビトラ (バルデナフィル)』のような即効性がないため、溶解度は成分の即効性とは全く関係がありません。

バイアグラやカマグラゴールドなどは無味で、水で流し込むだけですが、バイアグラジェネリックのトーワは舐めて服用する方を考慮に入れて錠剤に人工甘味料で味をつけているようです。シルデナフィル成分が勃起を起こすには、成分が毛細 血管に入り、血中濃度が高まる必要があるため、舐めようが、胃の中に流し込もうが効き始めは変わりません。

バイアグラジェネリックがなぜ人気なのか

ED治療薬を初めて体験する方の使用率が高いお薬がバイアグラです。理由は、EDクリニックや泌尿器科で処方されることが多く、ユーザーも知名度があるバイアグラを好む傾向があるからです。

実際にED治療薬には、バルデナフィル成分配合の レビトラ(バイエル社)、タダラフィル成分配合のシアリス(イーライリリー社)の3大ED治療薬があり、ジェネリック薬もそれぞれに販売されています。

バイアグラの強みはその知名度、実績のほか、勃起の強さや安定性が指摘されます。服用の40分から60分ほどで、性的な刺激を与えると、非常に硬い勃起を射精後まで安定して維持できるということです。

他のED治療薬やジェネリックでも同様のことが言えますが、シルデナフィルは特にこの点で評価が高く、射精後も性的刺激を継続させると硬さを維持できると言われています。

バイアグラ50mg/シルデナフィルOD錠 トーワ50mgは非経済的?
そんな人気のバイアグラですが、国内の泌尿器科やEDクリニックではシルデナフィル50mg配合のバイアグラ50mgまでしか 購入ができません。実際にはバイアグラ25mg/ 50mgの2種類のみが購入できます。

国外ではシルデナフィル100mg配合のバイアグラ100mgが一般的で、ジェネリックのカマグラゴールドやシラグラなども全てシルデナフィル100mgの商品が販売されています。

日本で50mgまでしか処方されない理由は、日本人の体格からして成分100mgは効きすぎる可能性があるという理由のようですが、血糖値の高い糖尿病の男性や、他の生活習慣病を患っている男性、大柄な男性、EDの症状が重い男性など、シルデナフィル50mgでは効果が不十分なケースが多々あります。

実際には成分100mgのバイアグラジェネリックを購入し、ピルカッターやカッターで半分に割って、1回50mg(半錠)だけ服用し て薬代を節約している男性が大勢おられます。

カマグラゴールドなどのジェネリックED治療薬が人気の理由の一つが、 薬代金を節約できると言うことです。以下にそれぞれの価格比較を行いますが、バイアグラジェネリック100mgのコストパフ ォーマンスがいかに優れているかが一目瞭然です。

バイアグラ・シルデナフィルOD錠トーワ・カマグラゴールドの価格比較

病院でシルデナフィル50mg OD錠トーワを購入する場合、ジェネリックと言えども価格はバイアグラとそう変わらないのが現実で、ジェネリックのメリットを生かせていない印象です。EDクリニックでバイアグラ50mgの価格は4錠で6,000円ほどです。個人輸入通販の場合はバイアグラ100mgまで購入できますので、50mgに割って節約することができます。

ジェネリックバイアグラは成分シルデナフィルが全く同じため、同等の効果をより低価格で味わえるのが特徴ですが、残念ながらシルデナフィルOD錠トーワに関しては価格メリットが非常に低いと言えます。

シルデナフィルトーワOD錠を購入するには

薬代はバイアグラ50mgとほぼ同等のためジェネリックの価格メリットは低い「シルデナフィルトーワ」ですが、ご購入を希望される場合はクリニックや泌尿器科で以下の流れとなります。

診断(診断費:約5,000円)
処方(50mg 4錠:約5,000円)
2回目以降のお薬の処方の場合は診断コストが不要で、お薬代金のみの負担になります。

バイアグラ、シルデナフィルOD錠トーワの服用方法

ジェネリックのトーワはバイアグラや他のジェネリックと違い水なしでも舐めて服用できますが、それ以外は基本的には同じです。

成人の場合、1日に1回、シルデナフィル50mgから開始します。バイアグラ100mgやカマグラゴールド100mgなどの場合、半分に割って半錠を服用します。
1日に1度だけの服用で、次回の服用までに24時間以上待ちます。
シルデナフィルは、服用後1時間弱ほどで毛中濃度が高まり、効果が表れます。勃起効果を起こすには、性的な刺激が必要のため、服用するだけでは勃起は起こりません。
効果が現れてから5、6時間ほど作用が続きます。(夜服用して、翌朝も普段起こらない「朝起ち」が現れ、効果が続いているようだと感じる男性も多いようです。)

バイアグラ・ジェネリックトーワの副作用や注意点

バイアグラに限らず、レビトラ、シアリスやそのジェネリックでも表れやすい副作用は以下ですが、使用を重ねるうちに気にならないレベルに軽減されるのが普通です。特に使い初めに副作用が出やすいため、100mgのカマグラゴールドやバイアグラを使用する場合は、ピルカッターなどで半分に割って少な目から始めると良いでしょう。

細身の方であれば半錠(シルデナフィル50mg)でも十分な勃起効果を感じることが多く、薬代を節約するためにも割って飲むことでバイアグラジェネリック(例:カマグラゴールド)のコストメリットを最大化できます。

顔や体のほてり
頭痛
鼻づまり
動悸など