体型とED(勃起不全)は意外と深い関係が? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/16

肥満はEDのリスクを高めます

メタボリックシンドロームの認知度が上がって「メタボ」と略して言われるようになり、肥満と生活習慣病の関係もよく知られるようになりました。内臓脂肪がついてお腹まわりがポッコリとふくれるような太り方をしている人は、高血糖、高血圧、高脂血症のリスクが高くなるのです。

メタボすなわち「肥満+高血糖・高血圧・高脂血症」がなぜ怖いかというと、これらのリスク要因が重なることによって動脈硬化の進行が非常に早くなるからです。動脈硬化は進行するとやがて心筋梗塞や脳梗塞などの心血管系のイベントをひき起こすようになりますが、その前に陰茎海綿体の動脈など細い血管にまず影響が出てきます。

どうも昔ほど勃起に硬さがないとか中折れしがちだというような、EDの初期症状は、動脈硬化が影響している場合があるのです。そして、肥満の人が動脈硬化がはやく進むとすると、ED症状が出るのもそうでない人よりも早いということになります。

肥満は男性ホルモンのテストステロンの分泌を減少させる

血液中の総テストステロン量と遊離テストステロン量は、正常体重の男性より肥満した男性の方が少なくなっています。その理由ははっきりとは分かっていませんが、肥満すると脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンが増えて、それがテストステロンの産生を阻害するからだという説があります。

テストステロンの分泌は年齢に左右されるだけでなく、仕事や趣味、スポーツへの取り組みなどの生活意欲にも大きく左右されますが、肥満もその要素の1つということになります。

糖分摂取後の高血糖が勃起の邪魔をする

肥満の人は炭酸飲料などの甘い飲み物を好む傾向にありますが、セックスの前にこういう糖質の高い飲み物を飲んで血糖値が上がると、勃起のパワーが弱くなるという研究があります。

勃起には陰茎海綿体に血液を送り込む陰茎動脈の平滑筋が弛緩して血管が広がるというプロセスが不可欠ですが、高い血糖値が平滑筋の弛緩を妨げると考えられます。したがって、肥満している人に限らず性行為直前の甘い物の摂取は「中折れ」などを誘発するリスクがあると言えます。

運動不足はEDの1要因

肥満している人の多くが運動不足なのは言うまでもないことですが、運動不足は血管機能を弱めるのでEDの原因になることがあります。運動によって心肺機能、血管機能をたかめて動脈硬化を予防することで男としての「現役期間」を延長することができます。

EDとED治療薬

男性のED(勃起不全)は、大きく分けて心因性EDと器質性EDの2つにわけられます。いずれも症状は勃起力の低下、ペニスの中折れ、マスターベーションでは勃起するが性行為では勃起しない、全く勃起できないなど多岐に及びます。

心因性EDは経験不足による緊張や過去のトラウマ、失敗、不安、うつ病による性欲の低下などで勃起しないまたは中折れする症状です。器質性EDは糖尿病やメタボなどで血管が老化して勃起不全が発症します。

いずれのタイプのEDにも、バイアグラ、シアリス、レビトラやジェネリックのED治療薬が高い効果を発揮します。重度の糖尿病患者の場合、お薬が効かないというケースもありますが、特にレビトラ、バイアグラ系のお薬では効果があったという男性が多いとも言われています。

体型とED(勃起不全)は意外と深い関係が?

肥満はEDのリスクを高めます

メタボリックシンドロームの認知度が上がって「メタボ」と略して言われるようになり、肥満と生活習慣病の関係もよく知られるようになりました。内臓脂肪がついてお腹まわりがポッコリとふくれるような太り方をしている人は、高血糖、高血圧、高脂血症のリスクが高くなるのです。 メタボすなわち「肥満+高血糖・高血圧・高脂血症」がなぜ怖いかというと、これらのリスク要因が重なることによって動脈硬化の進行が非常に早くなるからです。動脈硬化は進行するとやがて心筋梗塞や脳梗塞などの心血管系のイベントをひき起こすようになりますが、その前に陰茎海綿体の動脈など細い血管にまず影響が出てきます。 どうも昔ほど勃起に硬さがないとか中折れしがちだというような、EDの初期症状は、動脈硬化が影響している場合があるのです。そして、肥満の人が動脈硬化がはやく進むとすると、ED症状が出るのもそうでない人よりも早いということになります。

肥満は男性ホルモンのテストステロンの分泌を減少させる

血液中の総テストステロン量と遊離テストステロン量は、正常体重の男性より肥満した男性の方が少なくなっています。その理由ははっきりとは分かっていませんが、肥満すると脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンが増えて、それがテストステロンの産生を阻害するからだという説があります。 テストステロンの分泌は年齢に左右されるだけでなく、仕事や趣味、スポーツへの取り組みなどの生活意欲にも大きく左右されますが、肥満もその要素の1つということになります。

糖分摂取後の高血糖が勃起の邪魔をする

肥満の人は炭酸飲料などの甘い飲み物を好む傾向にありますが、セックスの前にこういう糖質の高い飲み物を飲んで血糖値が上がると、勃起のパワーが弱くなるという研究があります。 勃起には陰茎海綿体に血液を送り込む陰茎動脈の平滑筋が弛緩して血管が広がるというプロセスが不可欠ですが、高い血糖値が平滑筋の弛緩を妨げると考えられます。したがって、肥満している人に限らず性行為直前の甘い物の摂取は「中折れ」などを誘発するリスクがあると言えます。

運動不足はEDの1要因

肥満している人の多くが運動不足なのは言うまでもないことですが、運動不足は血管機能を弱めるのでEDの原因になることがあります。運動によって心肺機能、血管機能をたかめて動脈硬化を予防することで男としての「現役期間」を延長することができます。

EDとED治療薬

男性のED(勃起不全)は、大きく分けて心因性EDと器質性EDの2つにわけられます。いずれも症状は勃起力の低下、ペニスの中折れ、マスターベーションでは勃起するが性行為では勃起しない、全く勃起できないなど多岐に及びます。 心因性EDは経験不足による緊張や過去のトラウマ、失敗、不安、うつ病による性欲の低下などで勃起しないまたは中折れする症状です。器質性EDは糖尿病やメタボなどで血管が老化して勃起不全が発症します。 いずれのタイプのEDにも、バイアグラ、シアリス、レビトラやジェネリックのED治療薬が高い効果を発揮します。重度の糖尿病患者の場合、お薬が効かないというケースもありますが、特にレビトラ、バイアグラ系のお薬では効果があったという男性が多いとも言われています。