便秘の悩みを解消するには? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/09

便秘は病気ではありませんが、消化機能が弱っているとか自律神経のバランスがくずれているなどの不調のサインなので、できるだけ早く解消したいものです。また、便秘を放置するとニキビや切れ痔の原因になるなど身体に悪い影響がでます。

どうして女性に便秘が多いの?

女性ホルモンの黄体ホルモンは腸のぜん動を抑制する作用があります。妊娠を維持する役目をしている黄体ホルモンは流産を防ぐために子宮の収縮を抑制する作用がありますが、それが変なところに影響してしまうのです。生理前の黄体期に便秘になる人がいるのはそのためです。

また女性は更年期にも腸のぜん動をうながす副交感神経の活動が低下して便秘になりやすくなります。

また女性は家族の朝食の用意や出勤前のメイクなどで朝忙しい人が多く、つい便意をガマンしてしまうことがあります。ガマンすると便の水分が失われて、それが便秘のきっかけになることがよくあります。

ダイエットで食事の量を減らすと便意が出にくくなって便秘になることがあります。

便秘を解消する1日のリズムとは

朝起きて朝日を浴びすっきり目覚めてから朝食を食べる。こんな当たり前のことが便秘の解消にとても役立ちます。太古の昔からヒトにそなわった体内時計は朝日を浴びて、朝食を食べることでリセットされ、腸のぜん動運動も活発になります。

便秘の身体への悪影響

便が腸内で発酵して有毒物質を出すので、その一部は血液に取りこまれてニキビや肌荒れの原因になります。

便秘して硬くなった便は、排便のときに直腸壁を傷つけて切れ痔になることがあります。

便秘を改善するには?

朝起きてからの1日のリズムを整える他に、次のような心がけで便秘を改善しましょう。

・食物繊維を含むものを多く食べて便の量を増やす。
・食欲不振や消化不良などを解消し、消化器官全体の健康増進を心がける。
・ヨーグルトなどを食べて腸内環境の改善をはかる。
・便意があったときはトイレに行くのを先延ばしにしない。
・適度な運動で腹筋を鍛える。
・ストレスをためずに自律神経の安定をはかる。

便秘薬のご購入なら

人気商品