冷え性の悩みを解消するには? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/09

冷え症とは?

冷え症とは、手や足などの毛細血管が収縮して血行がわるくなり、その部分の体温が下がることです。冷えたところは酸素や栄養の供給がわるくなり、さまざまな不快な二次症状が出てきます。

冷え症は女性に多い症状で、原因の多くはホルモンバランスの変化による自律神経の失調です。身体の冷えはさまざまな不快な症状を引き起こし、女性のQOLに大きな影響を与えます。

冷え症からくる症状でもっとも多いのが、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、肌荒れ、不眠などです。

冷え症の原因は?

・ホルモンバランスの変化による自律神経の失調
女性は生理周期で女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスが変化します。その変化が自律神経の交感神経と副交感神経のバランスにも影響を与えると、冷え症になることがあります。交感神経が過剰に緊張すると毛細血管が収縮して手足などの末端が血行不足になるからです。
女性は更年期で女性ホルモンの分泌が急激に減少したときも自律神経が失調しやすく、冷え症がきつくなることがあります。

・食生活の乱れ
糖質にかたよった食事やビタミン、ミネラルの不足は体温を一定に保つ身体の働きを弱めてしまいます。
とくに、女性は鉄分が不足しやすいので気をつける必要があります。ビタミンではB群、Eがとくに重要です。

・不規則な生活と運動不足
昼と夜が逆転するなど、睡眠時間が不規則なのも自律神経を失調させる原因になります。適度な運動は自律神経のバランスを強化するのに役立ちます。

冷え症の治療は?

女性ホルモンのバランスの変化や原因になっているときは、避妊用の低用量ピルの使用が冷え症の改善にもつながります。これまで欧米と比較して日本での普及率が低かったピルですが、ピルの避妊以外の効果、いわゆる『副効能』が日本でも認知されるようになり、日本でもピルの使用率が高まっています。

低用量ピルが一般的ですが、なかでも『トリキュラー』、『マーベロン』と言ったホルモン含有量が低い低用量ピルが人気です。クリニックでは1シート2,000円ほどしますが、個人輸入通販では数分の一の価格で購入できるメリットがあります。まとめ買いで割引が適用されるのがピルの個人輸入通販で、12シートを1セットとして購入もできます。

閉経で女性ホルモンの分泌が減ったことが原因の冷え症は、女性ホルモンのエストロゲンの補給が症状を緩和してくれます。女性ホルモン剤で最も有名なブランドが『プレマリン』で特にホルモン含有量が最も多いプレマリン1.25が一番人気です。女性の体調や健康はホルモンバランスが大きな影響を与えます。

更年期障害による不快な症状もその1つですが、冷え性もホルモンバランス、特にエストロゲンの減少により発症する症状の1つです。

冷え性やむくみ改善薬のご購入なら

人気商品