勃起力を高めるテストステロン(男性ホルモン)の増やし方 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/15

同じ年代でも分泌量の個人差が大きい

男性ホルモンの大部分を占める主要なホルモンがテストステロンです。テストステロンはほとんどが精巣で作られますが、一部は副腎でも作られます。テストステロンは第二次性徴が出現する思春期にもっとも分泌がさかんになり、加齢とともに分泌量がゆるやかに加工します。ただし、テストステロンの分泌は、年齢よりもむしろ生き方の積極性や若さに大きく影響されるので、同じ年代でも個人差が非常に大きいのが特徴です。

テストステロンの分泌は脳の視床下部というところでコントロールされ、次のような働きをしています。

男性機能の維持:性欲を喚起し、勃起能力を高める働きをします。
筋肉・骨格の増強・強化:男性らしい体型を作る働きをします。
血管機能の維持:血管内皮からの一酸化窒素の産生をうながし、動脈硬化を予防します。
精神的なバイタリティの維持:向上心、競争心、独占欲を高め、積極的な生き方をうながす働きがあります。
幸福感を増し、考え方を明るくする:脳内ホルモンのドーパミンを増やす働きがあり、生活に幸せを感じるようになります。

思っているほど「歳のせい」ではない

男性ホルモンのテストステロンは、筋肉を増強させるなど男性らしい体つきを作るホルモンであり、競争心、征服欲、縄張り意識など男性らしい心理作用をおこすホルモンでもあります。もちろん、性欲を高め、勃起力を強めるのもテストステロンの重要な作用の1つです。

テストステロンは大部分が睾丸で作られ、一部は副腎でも作られています。テストステロンの分泌量は20代をピークに年齢とともに徐々に低下していきますが、その降下曲線の勾配はゆるやかで、閉経を期に急降下する女性ホルモンとは対照的です。

また、テストステロンの低下は一般に考えられているほど「歳のせい」ではありません。60歳代の男性のテストステロンの平均値を下げているのは、加齢要因の他に定年退職という要因があると考えられます。競合他社はもちろん社内の出世競争にも負けないように頑張ってきたお父さんが、毎日家でブラブラして孫の世話をするような生活になるとテストステロンの分泌も低下するのです。

悪循環にも好循環にもなりやすい

したがってテストステロンの分泌量は個人差が非常に大きく、70歳代でも30歳代の平均値を保っている人もいれば、逆に30歳代でも強いストレスを受けたり、うつ病になったりすると70歳代の平均値を大きく下回ることになります。

テストステロンは実年齢が若いほど多いというより、考え方や行動が若いほど多いという方がむしろ正確です。好奇心を持って、競争心を燃やして、仕事・趣味・スポーツに打ち込こむほど、スケベ心も旺盛に女性の尻を追いかけるほどテストステロンは多くなります。

つまりどんどん減っていく悪循環にもなりやすいし、どんどん増えていく良い循環にもなりやすいのがテストステロンです。セックスに関しても、間を空けて遠ざかるほど性欲も勃起力も弱くなります。

そういうことが続くと「朝立ち」もほんのおしるし程度で、トイレに立つ頃にはすっかりしぼんでいるということになります。良くない兆候です。そんな状態でたまにセックスに挑んでも、勃起が維持できず中折れしてしまう可能性が高くなります。

まずED治療薬で力強い朝立ちを復活させよう

それが心配でますますセックスから遠ざかると、待っているのはセックスレスの生活です。そうならないために、もっと利用したいのがED治療薬です。よく効くうえに安全な薬です。病院に行ったら5分くらいの問診だけですぐに処方してくれます。

早々とセックスの現役からの引退を1人決めしてしまうのは、パートナーにも相済まないことになります。とりあえずセックスの予定はなくてもED治療薬を3日ほど連続して服用してみてはいかがでしょう。「シアリス」という効果の持続時間が長いED治療薬が適していますが、バイアグラでも構いません。

何のためにそんなことをするのか? まずそれで力強い朝立ちの復活を確認しておくのです。朝トイレに行っても上を向いたペニスが治まらず小便ができない、18歳の朝に毎度経験していたあの感覚を取り戻したら、せっかくだから朝立ちだけではもったいないという気にもなるはずです。

仕事、趣味、スポーツ、セックスなどをすればするほどテストステロンは増加し、そこから離れれば離れるほど減少します。

勃起力を高めるテストステロン(男性ホルモン)の増やし方

同じ年代でも分泌量の個人差が大きい

男性ホルモンの大部分を占める主要なホルモンがテストステロンです。テストステロンはほとんどが精巣で作られますが、一部は副腎でも作られます。テストステロンは第二次性徴が出現する思春期にもっとも分泌がさかんになり、加齢とともに分泌量がゆるやかに加工します。ただし、テストステロンの分泌は、年齢よりもむしろ生き方の積極性や若さに大きく影響されるので、同じ年代でも個人差が非常に大きいのが特徴です。 テストステロンの分泌は脳の視床下部というところでコントロールされ、次のような働きをしています。 ・男性機能の維持:性欲を喚起し、勃起能力を高める働きをします。 ・筋肉・骨格の増強・強化:男性らしい体型を作る働きをします。 ・血管機能の維持:血管内皮からの一酸化窒素の産生をうながし、動脈硬化を予防します。 ・精神的なバイタリティの維持:向上心、競争心、独占欲を高め、積極的な生き方をうながす働きがあります。 ・幸福感を増し、考え方を明るくする:脳内ホルモンのドーパミンを増やす働きがあり、生活に幸せを感じるようになります。

思っているほど「歳のせい」ではない

男性ホルモンのテストステロンは、筋肉を増強させるなど男性らしい体つきを作るホルモンであり、競争心、征服欲、縄張り意識など男性らしい心理作用をおこすホルモンでもあります。もちろん、性欲を高め、勃起力を強めるのもテストステロンの重要な作用の1つです。 テストステロンは大部分が睾丸で作られ、一部は副腎でも作られています。テストステロンの分泌量は20代をピークに年齢とともに徐々に低下していきますが、その降下曲線の勾配はゆるやかで、閉経を期に急降下する女性ホルモンとは対照的です。 また、テストステロンの低下は一般に考えられているほど「歳のせい」ではありません。60歳代の男性のテストステロンの平均値を下げているのは、加齢要因の他に定年退職という要因があると考えられます。競合他社はもちろん社内の出世競争にも負けないように頑張ってきたお父さんが、毎日家でブラブラして孫の世話をするような生活になるとテストステロンの分泌も低下するのです。

悪循環にも好循環にもなりやすい

したがってテストステロンの分泌量は個人差が非常に大きく、70歳代でも30歳代の平均値を保っている人もいれば、逆に30歳代でも強いストレスを受けたり、うつ病になったりすると70歳代の平均値を大きく下回ることになります。 テストステロンは実年齢が若いほど多いというより、考え方や行動が若いほど多いという方がむしろ正確です。好奇心を持って、競争心を燃やして、仕事・趣味・スポーツに打ち込こむほど、スケベ心も旺盛に女性の尻を追いかけるほどテストステロンは多くなります。 つまりどんどん減っていく悪循環にもなりやすいし、どんどん増えていく良い循環にもなりやすいのがテストステロンです。セックスに関しても、間を空けて遠ざかるほど性欲も勃起力も弱くなります。 そういうことが続くと「朝立ち」もほんのおしるし程度で、トイレに立つ頃にはすっかりしぼんでいるということになります。良くない兆候です。そんな状態でたまにセックスに挑んでも、勃起が維持できず中折れしてしまう可能性が高くなります。

まずED治療薬で力強い朝立ちを復活させよう

それが心配でますますセックスから遠ざかると、待っているのはセックスレスの生活です。そうならないために、もっと利用したいのがED治療薬です。よく効くうえに安全な薬です。病院に行ったら5分くらいの問診だけですぐに処方してくれます。 早々とセックスの現役からの引退を1人決めしてしまうのは、パートナーにも相済まないことになります。とりあえずセックスの予定はなくてもED治療薬を3日ほど連続して服用してみてはいかがでしょう。「シアリス」という効果の持続時間が長いED治療薬が適していますが、バイアグラでも構いません。 何のためにそんなことをするのか? まずそれで力強い朝立ちの復活を確認しておくのです。朝トイレに行っても上を向いたペニスが治まらず小便ができない、18歳の朝に毎度経験していたあの感覚を取り戻したら、せっかくだから朝立ちだけではもったいないという気にもなるはずです。 仕事、趣味、スポーツ、セックスなどをすればするほどテストステロンは増加し、そこから離れれば離れるほど減少します。