喫煙とEDの関係は? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/15

長生きしたいとは思わないがEDはごめんだ

タバコがEDの原因になるかどうかを改めて考えることに意味があるの? と思うくらい、タバコは健康の大敵という評価が定まっています。肺がんのリスクは言うまでもなく、「日本人成年男性では、喫煙が心イベント発症を3~5倍、心血管イベント発症を2~3倍高めている可能性が指摘されている」などとおどかされます。

しかし、こんなふうに「命が危ないですよ」と言われても、タバコを止めない人は止めません。これだけ増えたコンビニのほとんどでタバコを売っています。そんな人は、タバコを吸ってもガンなるとは限らないと開き直っているのでしょうね。脳卒中になるまで長生きしようとは思わない、なんて粋がっているのかもしれません。

しかし、そんな人もEDになってもかまわないと思っているかどうかは別です。「えっ、そうなの? じゃあオレ禁煙するわ」という人もいるかもしれません。やっぱり喫煙とEDの関係も考えておいた方が良さそうです。

で、結論から言うと、タバコは身体にさまざまな悪い影響を与えるがEDだけは改善する、などということがあるわけもなく、やっぱりタバコはEDのリスクをかなり高めると言わざるをえません。

タバコの影響は心臓より先にペニスに現れる

タバコが心血管系のイベント、つまり心筋梗塞や脳卒中のリスクを2~3倍高めるとしたら、EDのリスクはその何倍も高くなるはずです。というのは、脳や心臓の血管は太いのに、ペニスの海綿体に血液を送る動脈は非常に細いからです。

タバコが心筋梗塞などのリスクを高めると言われるのは、喫煙によって血管の中の悪玉(LDL)コレステロールが増え、善玉(HDL)コレステロールが減ってしまうことにより、動脈硬化を早めるからです。

この動脈硬化の影響は太い心臓冠動脈よりも細い陰茎海綿体動脈に早く現れます。事実、心血管系のイベントを起こした患者さんを調べてみると発作の数年前からEDを発症していた人が非常に多いといいます。

EDといっても、まったく勃起しない症状を言うだけではありません。セックスの途中で勃起を維持できなくなるいわゆる中折れや、挿入は可能だが勃起の硬さがやや不満があるというのもEDの初期症状の1つです。

中高年なってこのような症状が出た男性はその原因をストレスや疲れだと考えがちですが、生活習慣病の影響で動脈硬化が進行していることも要因の1つである可能性があります。また喫煙はこのようなED症状を悪化させることがあるので注意しましょう。

チャンピックスがなぜ禁煙外来で使われるのか

禁煙外来と言うと、病院で禁煙治療薬を購入して最長12週間で禁煙を達成する禁煙法です。

そんな禁煙外来で選択的に処方される禁煙薬がファイザー製のチャンピックスです。チャンピックスには、初めの2週間用の『スターターセット』、その後、残りの期間使用する『メンテナスセット』の2種類があります。

どうしてチャンピックスが選択されるかというとシンプルにその禁煙成功率の高さです。禁煙薬にはニコレットのようなニコチンガムやニコチンパッチを使ってタバコを吸わずにニコチンを補充する、ニコチン置換療法が主流でしたが、チャンピックスはニコチンを含まないお薬で、現代の禁煙と言えばチャンピックスと言われるほどになりました。

芸能人でも、禁煙歴40年、毎日4パックのヘビースモーカーだった『舘ひろしさん』がチャンピックスで禁煙できたことは有名ですね。

喫煙とEDの関係は?

長生きしたいとは思わないがEDはごめんだ

タバコがEDの原因になるかどうかを改めて考えることに意味があるの? と思うくらい、タバコは健康の大敵という評価が定まっています。肺がんのリスクは言うまでもなく、「日本人成年男性では、喫煙が心イベント発症を3~5倍、心血管イベント発症を2~3倍高めている可能性が指摘されている」などとおどかされます。 しかし、こんなふうに「命が危ないですよ」と言われても、タバコを止めない人は止めません。これだけ増えたコンビニのほとんどでタバコを売っています。そんな人は、タバコを吸ってもガンなるとは限らないと開き直っているのでしょうね。脳卒中になるまで長生きしようとは思わない、なんて粋がっているのかもしれません。 しかし、そんな人もEDになってもかまわないと思っているかどうかは別です。「えっ、そうなの? じゃあオレ禁煙するわ」という人もいるかもしれません。やっぱり喫煙とEDの関係も考えておいた方が良さそうです。 で、結論から言うと、タバコは身体にさまざまな悪い影響を与えるがEDだけは改善する、などということがあるわけもなく、やっぱりタバコはEDのリスクをかなり高めると言わざるをえません。

タバコの影響は心臓より先にペニスに現れる

タバコが心血管系のイベント、つまり心筋梗塞や脳卒中のリスクを2~3倍高めるとしたら、EDのリスクはその何倍も高くなるはずです。というのは、脳や心臓の血管は太いのに、ペニスの海綿体に血液を送る動脈は非常に細いからです。 タバコが心筋梗塞などのリスクを高めると言われるのは、喫煙によって血管の中の悪玉(LDL)コレステロールが増え、善玉(HDL)コレステロールが減ってしまうことにより、動脈硬化を早めるからです。 この動脈硬化の影響は太い心臓冠動脈よりも細い陰茎海綿体動脈に早く現れます。事実、心血管系のイベントを起こした患者さんを調べてみると発作の数年前からEDを発症していた人が非常に多いといいます。 EDといっても、まったく勃起しない症状を言うだけではありません。セックスの途中で勃起を維持できなくなるいわゆる中折れや、挿入は可能だが勃起の硬さがやや不満があるというのもEDの初期症状の1つです。 中高年なってこのような症状が出た男性はその原因をストレスや疲れだと考えがちですが、生活習慣病の影響で動脈硬化が進行していることも要因の1つである可能性があります。また喫煙はこのようなED症状を悪化させることがあるので注意しましょう。

チャンピックスがなぜ禁煙外来で使われるのか

禁煙外来と言うと、病院で禁煙治療薬を購入して最長12週間で禁煙を達成する禁煙法です。 そんな禁煙外来で選択的に処方される禁煙薬がファイザー製のチャンピックスです。チャンピックスには、初めの2週間用の『スターターセット』、その後、残りの期間使用する『メンテナスセット』の2種類があります。 どうしてチャンピックスが選択されるかというとシンプルにその禁煙成功率の高さです。禁煙薬にはニコレットのようなニコチンガムやニコチンパッチを使ってタバコを吸わずにニコチンを補充する、ニコチン置換療法が主流でしたが、チャンピックスはニコチンを含まないお薬で、現代の禁煙と言えばチャンピックスと言われるほどになりました。 芸能人でも、禁煙歴40年、毎日4パックのヘビースモーカーだった『舘ひろしさん』がチャンピックスで禁煙できたことは有名ですね。