女性の性欲が低下している理由はこの7つ | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/29

女性の性欲

性欲は人間の動物的側面と考えられていますが、実は性欲こそが他の哺乳類とは非常に異なる「人間的な特徴」が際立つ欲望です。もちろん人の性欲にも、例えば女性が生理前に性欲が高まることがあるなど、動物的な痕跡は残っていますが、その多くはもはや本能とはかけ離れた「社会化された」欲望になっています。

したがって、最近女性の性欲が低下しているという観測が事実とするなら、その理由は身体的なものというより、社会的な動向が影響していると考えるべきでしょう。

1. 若者の貧困化

若い世代の非正規雇用が進んで、現在の日本社会は若者の可処分所得がこれまでになく低下している時代です。ゆいいつ可処分所得に余裕があるのは親と同居する独身の女性会社員くらいのものです。しかし彼女たちのセックスパートナーとなるべき男性たちはまったく生活に余裕がありません。仕方がなく女性たちは女子会をして、女同士で海外旅行に行っています。これでは性欲の高まりようがありません。

2. 結婚年齢の高齢化

女性の初婚年齢がどんどん30歳に近づいています。これには男性が35になっても結婚に積極的ではないという事情も関係していますが、親もなぜか娘に強く結婚を奨めない傾向があります。娘さん本人も、今のままの方が気楽とばかりのんびり構えています。これも女性の性欲が高まる状況とは言えません。

3. 男女参画型草食化社会

「男らしさ」というものが政治的に正しくないと認定された社会で男性たちは「草食化」していると言われます。草食男性を相手に女性だけが肉食化するわけにはいかないのです。

4. 都会型ストレス社会

誰かさんと誰かさんが麦畑でエッチなことをするわけにいかないのが都会です。満員電車で通勤して、セクハラと指弾されることを恐れる男性上司とそこそこうまく付きあっている女性たちに、性欲が喚起されるシチュエーションは多くはありません。

5. 飽食・ダイエット社会

ストレスの解消策が食べ歩きで、そのつけで増えた体重はダイエットで減らすということをくり返しているのは、隠れ肥満の原因にはなっても性欲を高める要因にはなりません。

6. IT、スマホ社会

昼の余暇時間と帰宅後の夜の時間の大部分をスマホの操作で費やすのは、神経を興奮させて、睡眠時間をうばうことになります。人は自律神経が興奮気味で寝不足気味という状態では性欲はわいてきません。

7. 少子化社会

結婚すれば子どもの3人や4人はできるのが当りまえだという時代に比べて、現代は1人あるいはせいぜい2人を生んで、その数少ない子どもに教育(費)を集中せざるを得ないという時代です。このような時代に女性の性欲が抑えられ気味になるのは当然といえます。

性欲が高まり、セックスを楽しむ「人間らしい」生活を取りもどすためには、もうすこし「のんびり」とか「ぼんやり」とかいう心のあり方が必要なのかもしれません。

女性の性欲が低下している理由はこの7つ

女性の性欲

性欲は人間の動物的側面と考えられていますが、実は性欲こそが他の哺乳類とは非常に異なる「人間的な特徴」が際立つ欲望です。もちろん人の性欲にも、例えば女性が生理前に性欲が高まることがあるなど、動物的な痕跡は残っていますが、その多くはもはや本能とはかけ離れた「社会化された」欲望になっています。 したがって、最近女性の性欲が低下しているという観測が事実とするなら、その理由は身体的なものというより、社会的な動向が影響していると考えるべきでしょう。

1. 若者の貧困化

若い世代の非正規雇用が進んで、現在の日本社会は若者の可処分所得がこれまでになく低下している時代です。ゆいいつ可処分所得に余裕があるのは親と同居する独身の女性会社員くらいのものです。しかし彼女たちのセックスパートナーとなるべき男性たちはまったく生活に余裕がありません。仕方がなく女性たちは女子会をして、女同士で海外旅行に行っています。これでは性欲の高まりようがありません。

2. 結婚年齢の高齢化

女性の初婚年齢がどんどん30歳に近づいています。これには男性が35になっても結婚に積極的ではないという事情も関係していますが、親もなぜか娘に強く結婚を奨めない傾向があります。娘さん本人も、今のままの方が気楽とばかりのんびり構えています。これも女性の性欲が高まる状況とは言えません。

3. 男女参画型草食化社会

「男らしさ」というものが政治的に正しくないと認定された社会で男性たちは「草食化」していると言われます。草食男性を相手に女性だけが肉食化するわけにはいかないのです。

4. 都会型ストレス社会

誰かさんと誰かさんが麦畑でエッチなことをするわけにいかないのが都会です。満員電車で通勤して、セクハラと指弾されることを恐れる男性上司とそこそこうまく付きあっている女性たちに、性欲が喚起されるシチュエーションは多くはありません。

5. 飽食・ダイエット社会

ストレスの解消策が食べ歩きで、そのつけで増えた体重はダイエットで減らすということをくり返しているのは、隠れ肥満の原因にはなっても性欲を高める要因にはなりません。

6. IT、スマホ社会

昼の余暇時間と帰宅後の夜の時間の大部分をスマホの操作で費やすのは、神経を興奮させて、睡眠時間をうばうことになります。人は自律神経が興奮気味で寝不足気味という状態では性欲はわいてきません。

7. 少子化社会

結婚すれば子どもの3人や4人はできるのが当りまえだという時代に比べて、現代は1人あるいはせいぜい2人を生んで、その数少ない子どもに教育(費)を集中せざるを得ないという時代です。このような時代に女性の性欲が抑えられ気味になるのは当然といえます。 性欲が高まり、セックスを楽しむ「人間らしい」生活を取りもどすためには、もうすこし「のんびり」とか「ぼんやり」とかいう心のあり方が必要なのかもしれません。

女性の性欲が低下している理由はこの7つ

女性の性欲

性欲は人間の動物的側面と考えられていますが、実は性欲こそが他の哺乳類とは非常に異なる「人間的な特徴」が際立つ欲望です。もちろん人の性欲にも、例えば女性が生理前に性欲が高まることがあるなど、動物的な痕跡は残っていますが、その多くはもはや本能とはかけ離れた「社会化された」欲望になっています。 したがって、最近女性の性欲が低下しているという観測が事実とするなら、その理由は身体的なものというより、社会的な動向が影響していると考えるべきでしょう。

1. 若者の貧困化

若い世代の非正規雇用が進んで、現在の日本社会は若者の可処分所得がこれまでになく低下している時代です。ゆいいつ可処分所得に余裕があるのは親と同居する独身の女性会社員くらいのものです。しかし彼女たちのセックスパートナーとなるべき男性たちはまったく生活に余裕がありません。仕方がなく女性たちは女子会をして、女同士で海外旅行に行っています。これでは性欲の高まりようがありません。

2. 結婚年齢の高齢化

女性の初婚年齢がどんどん30歳に近づいています。これには男性が35になっても結婚に積極的ではないという事情も関係していますが、親もなぜか娘に強く結婚を奨めない傾向があります。娘さん本人も、今のままの方が気楽とばかりのんびり構えています。これも女性の性欲が高まる状況とは言えません。

3. 男女参画型草食化社会

「男らしさ」というものが政治的に正しくないと認定された社会で男性たちは「草食化」していると言われます。草食男性を相手に女性だけが肉食化するわけにはいかないのです。

4. 都会型ストレス社会

誰かさんと誰かさんが麦畑でエッチなことをするわけにいかないのが都会です。満員電車で通勤して、セクハラと指弾されることを恐れる男性上司とそこそこうまく付きあっている女性たちに、性欲が喚起されるシチュエーションは多くはありません。

5. 飽食・ダイエット社会

ストレスの解消策が食べ歩きで、そのつけで増えた体重はダイエットで減らすということをくり返しているのは、隠れ肥満の原因にはなっても性欲を高める要因にはなりません。

6. IT、スマホ社会

昼の余暇時間と帰宅後の夜の時間の大部分をスマホの操作で費やすのは、神経を興奮させて、睡眠時間をうばうことになります。人は自律神経が興奮気味で寝不足気味という状態では性欲はわいてきません。

7. 少子化社会

結婚すれば子どもの3人や4人はできるのが当りまえだという時代に比べて、現代は1人あるいはせいぜい2人を生んで、その数少ない子どもに教育(費)を集中せざるを得ないという時代です。このような時代に女性の性欲が抑えられ気味になるのは当然といえます。 性欲が高まり、セックスを楽しむ「人間らしい」生活を取りもどすためには、もうすこし「のんびり」とか「ぼんやり」とかいう心のあり方が必要なのかもしれません。