女性化(MTF)と女性ホルモン剤 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/08

くすりエクスプレスで人気の女性ホルモン薬

プレマリン1.25mg
結合型エストロゲン」の卵胞ホルモンで、女性ホルモン補充療法に非常によく使われます。更年期障害の症状緩和や、MTFを目指す男性の女性化にも。

プレマリンクリーム
膣に塗ることで更年期の女性の膣に潤いを与えるエストロゲン補充クリーム。MTFのかたが性別適合手術(SRS)後にプレマリンクリームで膣口のケアをします。

オエストロジェル
塗るタイプのホルモン補充剤です。肝臓への負担がないメリットもあります。MTFのかたが豊胸のために乳房に塗ることが多いホルモン補充ジェルです。

アンドロキュア(アンドロクール)
「抗男性ホルモン薬」で、女性の体内に存在する男性ホルモンの影響を抑制してにきび治療、体毛の抑制などを行います。MTFのかたが体毛の除去やヒゲを薄くするために用いられます。

クリマラ
1枚で7日間ホルモン補充ができるパッチ剤です。エストロゲン不足を補充するため、更年期障害の治療や、MTFのかたがホルモン補充にもよく使われます。

エストロフェム
エストロゲン補充のホルモン薬です。エストラジオール配合で、エストロモンより作用が強く、1日1錠飲むのに忘れない便利なケースに入っています。

・リノラル
エチニルエストラジオール薬に属する作用が強めの女性ホルモン薬です。効果が強いため、同時に抗男性ホルモン(アンチアンドロゲン)を服用している場合、減量ができます。

脳が考える自分の性と身体の性が異なっているのが性同一性障害

性同一性障害は、自分は女性だという意識があるのに身体は男性であるとか、その反対に自分は男性だという意識があるのに身体は女性だという、心と身体のちぐはぐさに悩む障害です。

性同一性障害は、胎児のときの男性や女性への性分化が、脳と身体で別々になってしまうのが原因です。つまり先天的な心と身体の不一致で、性的な趣味嗜好とはまったく関係がありません。

この不一致は幼いころから本人を悩ませることになります。家族や周囲からは男として(あるいわ女として)あつかわれるけれど、本人はそれに納得がいきません。自分の体についている性器を嫌悪するような気持ちもうまれます。

家族や世間が要求する男らしさ、女らしさを受け入れられない悩み

思春期になるとますます悩みは深くなります。身体の性とは違うふるまいや服装をしたいという欲求は、家族や学校が期待し、要求することと反対で、それを受け入れてもらうことは困難だからです。

現在は世間の性同一性障害にたいする理解もすこしずつ深まりつつあり、法律的にも名前や戸籍上の性をかえる道が開かれました。

しかしまだまだ性同一性障害の人に対しては、社会的制裁にも似たあつかいがあり、カミングアウトをするにしても、しないにしても、つらい道のりがまちかまえています。

タレントとして活躍している性同一性障害の人もいるし、いわゆるニューハーフの人たちの美人コンテストなどもある時代になりましたが、そういう人たちも幼年期から思春期にかけてはだれもがつらい思いを経験してきたようです。

3つの段階をふんでおこなわれる性同一性障害の治療

性同一性障害の治療は、精神療法、ホルモン療法、外科的治療の3段階で行なわれます。

精神療法は、精神科医によるカウンセリングでこれまで受けた家族や社会から不本意なあつかいで受けた心の傷をいやし、カミングアウトするか、今後どの性で生きていくかなどの選択・決定を支援してもらうものです。

ニューハーフさんのように、男性として生まれ女性のらしい体つきに変わることをMTF(Male to Female)と呼び、世界中でMTFの方々がホルモン療法などで女性らしい丸みを帯びた体作りを続けられています。

ホルモン療法は、身体の性とちがう性を選択した場合におこないます。MTFの方が真っ先に行う女性化の方法です。18歳以上からホルモン療法をはじめることができます。
これは女性らしい身体や男性らしい身体をつくるために、女性ホルモンや男性ホルモンを摂取する治療です。ホルモン療法は、副作用や効果の限界についてよく理解したうえではじめる必要があります。

卵胞ホルモン剤

女性らしい体つきをつくるホルモン療法に使う薬は、おもに女性ホルモンのエストロゲンを補給する卵胞ホルモン剤です。

卵胞ホルモン剤には内服薬の「プレマリン」、皮膚に貼るタイプの「エストラダーム」などがあります。
これらは女性の更年期障害の薬としても使われています。プレマリンは早い効果を求めてのむ量をふやしたりせずに、2~3カ月間同じ量を服用してようすをみることがたいせつです。

『豊胸』目的でオエストロジェルを乳房に塗っているかたもいらっしゃるようです。

外科的療法は、性別適合手術とよばれるもので、男性器を切除して膣や外陰部を形成するなどの手術をおこないます。男性器の形成はまだ技術的にむずかしいのが現状です。
性別適合手術はじゅうぶんな精神療法とホルモン療法をしたうえでおこないます。20歳以上でないと受けることができません。

現在のところ、ホルモン療法も性別適合手術も健康保険が適用されず、すべて自費負担でおこなわなければなりません。

ホルモン療法で使われる女性ホルモン剤は、病院で処方してもらうか、個人輸入代行ストアから通販で購入することができます。

女性化(MTF)と女性ホルモン剤

くすりエクスプレスで人気の女性ホルモン薬

プレマリン1.25mg 結合型エストロゲン」の卵胞ホルモンで、女性ホルモン補充療法に非常によく使われます。更年期障害の症状緩和や、MTFを目指す男性の女性化にも。 プレマリンクリーム 膣に塗ることで更年期の女性の膣に潤いを与えるエストロゲン補充クリーム。MTFのかたが性別適合手術(SRS)後にプレマリンクリームで膣口のケアをします。 オエストロジェル 塗るタイプのホルモン補充剤です。肝臓への負担がないメリットもあります。MTFのかたが豊胸のために乳房に塗ることが多いホルモン補充ジェルです。 アンドロキュア(アンドロクール) 「抗男性ホルモン薬」で、女性の体内に存在する男性ホルモンの影響を抑制してにきび治療、体毛の抑制などを行います。MTFのかたが体毛の除去やヒゲを薄くするために用いられます。 クリマラ 1枚で7日間ホルモン補充ができるパッチ剤です。エストロゲン不足を補充するため、更年期障害の治療や、MTFのかたがホルモン補充にもよく使われます。 エストロフェム エストロゲン補充のホルモン薬です。エストラジオール配合で、エストロモンより作用が強く、1日1錠飲むのに忘れない便利なケースに入っています。 ・リノラル エチニルエストラジオール薬に属する作用が強めの女性ホルモン薬です。効果が強いため、同時に抗男性ホルモン(アンチアンドロゲン)を服用している場合、減量ができます。

脳が考える自分の性と身体の性が異なっているのが性同一性障害

性同一性障害は、自分は女性だという意識があるのに身体は男性であるとか、その反対に自分は男性だという意識があるのに身体は女性だという、心と身体のちぐはぐさに悩む障害です。 性同一性障害は、胎児のときの男性や女性への性分化が、脳と身体で別々になってしまうのが原因です。つまり先天的な心と身体の不一致で、性的な趣味嗜好とはまったく関係がありません。 この不一致は幼いころから本人を悩ませることになります。家族や周囲からは男として(あるいわ女として)あつかわれるけれど、本人はそれに納得がいきません。自分の体についている性器を嫌悪するような気持ちもうまれます。

家族や世間が要求する男らしさ、女らしさを受け入れられない悩み

思春期になるとますます悩みは深くなります。身体の性とは違うふるまいや服装をしたいという欲求は、家族や学校が期待し、要求することと反対で、それを受け入れてもらうことは困難だからです。 現在は世間の性同一性障害にたいする理解もすこしずつ深まりつつあり、法律的にも名前や戸籍上の性をかえる道が開かれました。 しかしまだまだ性同一性障害の人に対しては、社会的制裁にも似たあつかいがあり、カミングアウトをするにしても、しないにしても、つらい道のりがまちかまえています。 タレントとして活躍している性同一性障害の人もいるし、いわゆるニューハーフの人たちの美人コンテストなどもある時代になりましたが、そういう人たちも幼年期から思春期にかけてはだれもがつらい思いを経験してきたようです。

3つの段階をふんでおこなわれる性同一性障害の治療

性同一性障害の治療は、精神療法、ホルモン療法、外科的治療の3段階で行なわれます。 精神療法は、精神科医によるカウンセリングでこれまで受けた家族や社会から不本意なあつかいで受けた心の傷をいやし、カミングアウトするか、今後どの性で生きていくかなどの選択・決定を支援してもらうものです。 ニューハーフさんのように、男性として生まれ女性のらしい体つきに変わることをMTF(Male to Female)と呼び、世界中でMTFの方々がホルモン療法などで女性らしい丸みを帯びた体作りを続けられています。 ホルモン療法は、身体の性とちがう性を選択した場合におこないます。MTFの方が真っ先に行う女性化の方法です。18歳以上からホルモン療法をはじめることができます。 これは女性らしい身体や男性らしい身体をつくるために、女性ホルモンや男性ホルモンを摂取する治療です。ホルモン療法は、副作用や効果の限界についてよく理解したうえではじめる必要があります。

卵胞ホルモン剤

女性らしい体つきをつくるホルモン療法に使う薬は、おもに女性ホルモンのエストロゲンを補給する卵胞ホルモン剤です。 卵胞ホルモン剤には内服薬の「プレマリン」、皮膚に貼るタイプの「エストラダーム」などがあります。 これらは女性の更年期障害の薬としても使われています。プレマリンは早い効果を求めてのむ量をふやしたりせずに、2~3カ月間同じ量を服用してようすをみることがたいせつです。 『豊胸』目的でオエストロジェルを乳房に塗っているかたもいらっしゃるようです。 外科的療法は、性別適合手術とよばれるもので、男性器を切除して膣や外陰部を形成するなどの手術をおこないます。男性器の形成はまだ技術的にむずかしいのが現状です。 性別適合手術はじゅうぶんな精神療法とホルモン療法をしたうえでおこないます。20歳以上でないと受けることができません。 現在のところ、ホルモン療法も性別適合手術も健康保険が適用されず、すべて自費負担でおこなわなければなりません。 ホルモン療法で使われる女性ホルモン剤は、病院で処方してもらうか、個人輸入代行ストアから通販で購入することができます。