急性膀胱炎って何? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2017/07/18

尿路感染症の一つとして特に女性に多い膀胱炎ですが、いくつかの種類があります。細菌感染により膀胱が炎症を起こす急性膀胱炎のほかにも、原因不明の間質性膀胱炎、他の病気に起因する慢性膀胱炎などです。中でも患者数の多い急性膀胱炎は、女性であれば一生に一度はかかると言われるほどありふれた病気です。

急性膀胱炎の原因となるのは、ほとんどの場合大腸菌です。本来、腸内にいるはずの大腸菌が、尿道口から尿路に侵入し、尿道、膀胱、尿管、腎臓と尿の排出経路を遡るように感染を広げていきます。このような感染を、「上行性感染」と言い、尿道炎や膀胱炎、腎盂腎炎など尿路上で生じる感染症をまとめて「尿路感染症」と呼びます。

尿路感染症の中でも、尿道炎は男性に多く、膀胱炎や腎盂腎炎は女性に多く見られます。これには男女の尿道の長さの違いが関係しています。男性に比べて尿道が短く、真っ直ぐに伸びている女性は、尿道口から入った菌が膀胱まで到達しやすく、尿道炎よりも膀胱炎が多く発生すると考えられています。

膀胱炎の主な症状としては、排尿時の痛みや、頻尿、残尿感などがあげられます。これら症状は一見すると大したことのない、軽微な症状のように見えます。排尿時以外は、特に症状もなく、日常生活にも支障はありません。しかし、膀胱炎が悪化すると、非常に怖い病気になることもあるのです。

尿道口から侵入し膀胱で炎症を起こしていた菌がさらに感染を拡大し、腎臓、腎盂に到達し炎症を起こすと、腎盂腎炎となります。腎盂腎炎は高熱や脱水、時に敗血症を起こすため、治療には入院を伴う加療を必要とする病気です。腎盂腎炎は慢性化することがあり、最終的には腎不全を引き起こし透析が必要になることもあるのです。

急性膀胱炎を予防するためには、いくつか気をつけなければならないポイントがあります。

まず、もっとも大切なのは、十分な水分をとり定期的に排尿することです。排尿には尿路に侵入した菌を洗い流すという役割もあるためです。また、排尿の間隔が長すぎるのも問題です。排尿から次の排尿までの間隔が長くなると、その分だけ菌が尿路に留まり続けることになり、炎症を起こすリスクが高まってしまいます。

次に大切なのは、尿道口を清潔に保ち、菌の侵入を防ぐことです。具体的には、生理中もナプキンはこまめに交換する、排尿や排便の際には前から後ろに向かって拭く、下着が汚れたら交換するなどです。この他、性行為によっても菌が付着する恐れがあるため、性交後は速やかに排尿することが大切です。

急性膀胱炎はごく初期かつ軽度であれば自然治癒することもあります。自然治癒を促す方法は予防方法と基本的に同じです。十分な水分をとり、こまめに排尿すること。尿道口を清潔に保つこと。できるだけ安静に過ごし、十分な休養をとることです。

近年では、クランベリーに尿路感染症の予防、治癒効果があることがわかってきています。このような尿路感染症に効果のある食べ物を、積極的に摂取するのもよいかもしれません。

ドラックストアや薬局で手に入る市販の漢方薬の中にも尿路感染症への効果をうたっているものがあります。猪苓湯(ちょれいとう)や五淋散(ごりんさん)がその代表例ですが、どちらも排尿を促し、消炎鎮痛作用、止血作用のある成分をメインに構成されています。体調不良やストレスで、膀胱炎を繰り返してしまう、という方はこのような漢方薬を備えておくのもよいかもしれません。

一旦は症状が治まっても、膀胱内に菌が残っていると再発を繰り返し、慢性化、間質性化してしまうこともあります。子供の膀胱炎の場合やあまりに繰り返す場合は、器質的な問題や他の病気が隠れている場合もあります。繰り返し膀胱炎の症状が現れるようでしたら、病院を訪れ、医師による診察を受けるようにしてください。尿路感染症の一つとして特に女性に多い膀胱炎ですが、いくつかの種類があります。細菌感染により膀胱が炎症を起こす急性膀胱炎のほかにも、原因不明の間質性膀胱炎、他の病気に起因する慢性膀胱炎などです。中でも患者数の多い急性膀胱炎は、女性であれば一生に一度はかかると言われるほどありふれた病気です。

急性膀胱炎の原因となるのは、ほとんどの場合大腸菌です。本来、腸内にいるはずの大腸菌が、尿道口から尿路に侵入し、尿道、膀胱、尿管、腎臓と尿の排出経路を遡るように感染を広げていきます。このような感染を、「上行性感染」と言い、尿道炎や膀胱炎、腎盂腎炎など尿路上で生じる感染症をまとめて「尿路感染症」と呼びます。

尿路感染症の中でも、尿道炎は男性に多く、膀胱炎や腎盂腎炎は女性に多く見られます。これには男女の尿道の長さの違いが関係しています。男性に比べて尿道が短く、真っ直ぐに伸びている女性は、尿道口から入った菌が膀胱まで到達しやすく、尿道炎よりも膀胱炎が多く発生すると考えられています。

膀胱炎の治療には原因がクラミジアや淋菌の場合が多いため、クラビットやジスロマックが使用されます。
膀胱炎の主な症状としては、排尿時の痛みや、頻尿、残尿感などがあげられます。これら症状は一見すると大したことのない、軽微な症状のように見えます。排尿時以外は、特に症状もなく、日常生活にも支障はありません。しかし、膀胱炎が悪化すると、非常に怖い病気になることもあるのです。

尿道口から侵入し膀胱で炎症を起こしていた菌がさらに感染を拡大し、腎臓、腎盂に到達し炎症を起こすと、腎盂腎炎となります。腎盂腎炎は高熱や脱水、時に敗血症を起こすため、治療には入院を伴う加療を必要とする病気です。腎盂腎炎は慢性化することがあり、最終的には腎不全を引き起こし透析が必要になることもあるのです。

急性膀胱炎を予防するためには、いくつか気をつけなければならないポイントがあります。

まず、もっとも大切なのは、十分な水分をとり定期的に排尿することです。排尿には尿路に侵入した菌を洗い流すという役割もあるためです。また、排尿の間隔が長すぎるのも問題です。排尿から次の排尿までの間隔が長くなると、その分だけ菌が尿路に留まり続けることになり、炎症を起こすリスクが高まってしまいます。

次に大切なのは、尿道口を清潔に保ち、菌の侵入を防ぐことです。具体的には、生理中もナプキンはこまめに交換する、排尿や排便の際には前から後ろに向かって拭く、下着が汚れたら交換するなどです。この他、性行為によっても菌が付着する恐れがあるため、性交後は速やかに排尿することが大切です。
急性膀胱炎はごく初期かつ軽度であれば自然治癒することもあります。自然治癒を促す方法は予防方法と基本的に同じです。十分な水分をとり、こまめに排尿すること。尿道口を清潔に保つこと。できるだけ安静に過ごし、十分な休養をとることです。

近年では、クランベリーに尿路感染症の予防、治癒効果があることがわかってきています。このような尿路感染症に効果のある食べ物を、積極的に摂取するのもよいかもしれません。

ドラックストアや薬局で手に入る市販の漢方薬の中にも尿路感染症への効果をうたっているものがあります。猪苓湯(ちょれいとう)や五淋散(ごりんさん)がその代表例ですが、どちらも排尿を促し、消炎鎮痛作用、止血作用のある成分をメインに構成されています。体調不良やストレスで、膀胱炎を繰り返してしまう、という方はこのような漢方薬を備えておくのもよいかもしれません。

一旦は症状が治まっても、膀胱内に菌が残っていると再発を繰り返し、慢性化、間質性化してしまうこともあります。子供の膀胱炎の場合やあまりに繰り返す場合は、器質的な問題や他の病気が隠れている場合もあります。繰り返し膀胱炎の症状が現れるようでしたら、病院を訪れ、医師による診察を受けるようにしてください。

膀胱炎の治療には原因がクラミジアや淋菌の場合が多いため、クラビットやジスロマックが使用されます。