排尿時痛みがあるのですが何が原因でしょうか? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2017/06/27

排尿の時の痛みの原因としては大きく分けると二つあり、下腹部が痛む場合はまず細菌感染が考えられるでしょう。

一般的にそれらは膀胱炎、前立腺炎、尿道炎などを引き起こし、なんとなく違和感があるといった軽い症状から、血尿、残尿感や頻尿、尿が出にくいといったものが挙げられます。

クラミジアや淋菌など細菌が原因となるので治療には抗菌薬が用いられます。

排尿痛で膀胱炎になるのは尿道が短い女性が多いので、もし男性が膀胱炎になった場合は他の原因も考えられるので検査を行いましょう。

また背中の痛みや高熱といった症状も見られる場合は腎臓病や敗血症など他の病気も考えられ、入院が必要になることもあるので注意が必要です。

また尿道の痛みは場合によって異なり、尿が出始めた際に痛むのはクラミジア尿道炎・淋菌性尿道炎等の性感染症が考えられ、尿が出終わった際に痛む場合は尿路結石や膀胱炎、前立腺炎の疑いがあると言えるでしょう。

排尿の際の痛みには様々な病気が潜んでいますので、なるべく早めに受診するようにしましょう。

クラミジアや淋菌が原因の尿道炎にはジスロマックが処方されやすい抗生物質です。