接触性皮膚炎と治療薬 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/13

接触性皮膚炎とは

接触性皮膚炎とは「うるしでかぶれた」とか「ネックレスが当たるところがかぶれた」など何かに接触して「かぶれる」ことです。かぶれの原因になるものにはいろいろありますが大ざっぱに分けると、この2つに分類されます。

・うるしのように刺激性ある物質でかぶれてしまうもの
・ネックレスの金属のようにたいがいの人は接触してもなんともないもの

刺激物による接触性皮膚炎

刺激性のある物質でかぶれるのはある意味当然ですが、何を「刺激性」と感じるかは人によって、肌の状態によって異なります。うるしなど刺激の強い物には多くの人がかぶれますが、慣れるとかぶれなくなるという面もあります。反対にふだんは平気な石けんのアルカリにも『肌のバリア機能』が弱っているときはかぶれることがあります。

シミやくすみをなくすためにつける美白化粧品でごく弱い接触性皮膚炎を起こして、使い続けるうちにかえって色素沈着を増やしているというケースもあります。短期的には効果があるが、長期的には少しずつ肌にわるい影響を与えているという化粧品は少なくありません。なかなかそれに気づきにくいのがやっかいなところです。

化粧品を変えたことによるかぶれももちろん接触性皮膚炎の1種です。前髪が触れる額のブプがかぶれる、頬杖をつく癖で頬にくすみができるなどもそうです。

金属などによるアレルギー性接触皮膚炎

アクセサリーに使われている金属など特定の物質に免疫が過剰に反応するのがアレルギー性接触皮膚炎です。これはアトピー性皮膚炎とは区別されます。アトピー性皮膚炎は何がアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)になっているかはっきりしない複雑なアレルギー反応ですが、アレルギー性接触皮膚炎は何が原因かはっきりしている場合です。

したがって、原因となる物質に接触しなければこの皮膚炎は発症しません。化粧品によるかぶれでも本来刺激性のない成分にかぶれた場合は、アレルギー性とみなされます。どんな物質にアレルギーがあるかはパッチテストで判定することができます。

接触皮膚炎の治療

接触性皮膚炎はまずなにが原因となっているかを見つけて、それに接触しないようにすることが必要です。かぶれた皮膚はベトネベート系のステロイド剤の軟膏などで比較的簡単に治ることがほとんどです。症状が治まったら、ヒルドイドクリームなど保湿力な高い医薬品クリームなどでスキンケアを行い、『肌のバリア層』を回復しておくことが大切です。

先ほど述べたように難しいのは、ごく弱い接触性皮膚炎を起こしている可能性のある化粧品の選択です。成分の肌への浸透性とは言い換えると刺激性なので、注意が必要です。

ステロイド剤の強さ

ステロイド剤には以下の5段階の成分の強さ・効果があります。

・I群:もっとも強力(Strongest) – テノベートクリーム、デルモートクリーム、ダイアコートクリーム
・II群:かなり強力(Very Strong) – ベトネベートS軟膏、ベトネベートスキンクリーム
・III群:強力(Strong) – ベトネベートNクリーム
・IV群:中(Medium)
・X群:弱(Weak)

接触性皮膚炎と治療薬

接触性皮膚炎とは

接触性皮膚炎とは「うるしでかぶれた」とか「ネックレスが当たるところがかぶれた」など何かに接触して「かぶれる」ことです。かぶれの原因になるものにはいろいろありますが大ざっぱに分けると、この2つに分類されます。 ・うるしのように刺激性ある物質でかぶれてしまうもの ・ネックレスの金属のようにたいがいの人は接触してもなんともないもの

刺激物による接触性皮膚炎

刺激性のある物質でかぶれるのはある意味当然ですが、何を「刺激性」と感じるかは人によって、肌の状態によって異なります。うるしなど刺激の強い物には多くの人がかぶれますが、慣れるとかぶれなくなるという面もあります。反対にふだんは平気な石けんのアルカリにも『肌のバリア機能』が弱っているときはかぶれることがあります。 シミやくすみをなくすためにつける美白化粧品でごく弱い接触性皮膚炎を起こして、使い続けるうちにかえって色素沈着を増やしているというケースもあります。短期的には効果があるが、長期的には少しずつ肌にわるい影響を与えているという化粧品は少なくありません。なかなかそれに気づきにくいのがやっかいなところです。 化粧品を変えたことによるかぶれももちろん接触性皮膚炎の1種です。前髪が触れる額のブプがかぶれる、頬杖をつく癖で頬にくすみができるなどもそうです。

金属などによるアレルギー性接触皮膚炎

アクセサリーに使われている金属など特定の物質に免疫が過剰に反応するのがアレルギー性接触皮膚炎です。これはアトピー性皮膚炎とは区別されます。アトピー性皮膚炎は何がアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)になっているかはっきりしない複雑なアレルギー反応ですが、アレルギー性接触皮膚炎は何が原因かはっきりしている場合です。 したがって、原因となる物質に接触しなければこの皮膚炎は発症しません。化粧品によるかぶれでも本来刺激性のない成分にかぶれた場合は、アレルギー性とみなされます。どんな物質にアレルギーがあるかはパッチテストで判定することができます。

接触皮膚炎の治療

接触性皮膚炎はまずなにが原因となっているかを見つけて、それに接触しないようにすることが必要です。かぶれた皮膚はベトネベート系のステロイド剤の軟膏などで比較的簡単に治ることがほとんどです。症状が治まったら、ヒルドイドクリームなど保湿力な高い医薬品クリームなどでスキンケアを行い、『肌のバリア層』を回復しておくことが大切です。 先ほど述べたように難しいのは、ごく弱い接触性皮膚炎を起こしている可能性のある化粧品の選択です。成分の肌への浸透性とは言い換えると刺激性なので、注意が必要です。

ステロイド剤の強さ

ステロイド剤には以下の5段階の成分の強さ・効果があります。 ・I群:もっとも強力(Strongest) - テノベートクリーム、デルモートクリーム、ダイアコートクリーム ・II群:かなり強力(Very Strong) - ベトネベートS軟膏、ベトネベートスキンクリーム ・III群:強力(Strong) - ベトネベートNクリーム ・IV群:中(Medium) ・X群:弱(Weak)