男性のEDに対する「女性の心理」は? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/15

いつからのEDかで変わる女性の心理

パートナーがEDかもしれない、そんな疑いをもったときの女性の心理は、お互いの関係の「どの段階で発症したか」によって異なります。

・新婚初夜での「合体」に失敗、その後も未遂の状態が続いている ― 新婚ED
・子作りを志してから、チャンス日に限って勃起が不調になる ― 排卵日ED。
・出産後セックスを再開しようと思ったら、夫がED気味 ― 出産立会いEDなど
・仕事で帰りが遅く疲れているみたいで ― ストレスによる心因性ED
・40代になってから夫からの誘いがなくなった ― 妻とだけEDなど
・30~50代になって何回かの「中折れ」があってからセックスレス気味 ― 中折れED

もっとも不安が大きいのが新婚ED

1の結婚後、あるいは付き合いはじめてから一度も合体に成功していないというのは非常に深刻な事態で、男性が対策に消極的であいまいな態度を取っていると女性の不安や不信感がつのって、お互いの関係が破局にいたることもあります。

2の排卵日EDは、ふだんは勃起するのですから妻にもその原因が「予定日セックス」のプレッシャーにあることは気が付くはずです。どうすればプレッシャーを与えないかと妻が工夫するほどプレッシャーが強くなったりするのが難しいところですが、話し合ってED治療薬の使用にふみきるのがもっともシンプルかつ効果的です。

3~5は妻には夫がセックスに消極的になった理由が分らず、EDなのか他に女性ができたのかなど、いろいろ悩み疑心暗鬼にもなります。EDだとしたら治療してほしいし、そのための協力もしようと思うのですが、なかなか言い出せないし聞くのが怖いという気持ちもあります。

このままセックスレス?と不安になるのが中年からの中折れED

6の何回か中折れがあってからセックスレス気味で、妻は夫がEDではないかと心配しているというのは、もっとも多いケースだと考えられます。このままセックスレスになってしまうのか、夫はどう思っているのか、などやはり妻はいろいろ悩まないわけにはいきません。

このようなEDを疑われるパートナーにたいする女性の心理の中心には、性的な欲求不満より、コミュニケーションの不足とそれを放置する男性への不満や不信があります。2012年に行われたED治療薬シアリスの製薬メーカーのアンケートでも、EDを疑われる夫を持つ妻の32.9%が「夫のことが理解できなくなり、真剣に離婚を考えたことがある」と答えています。

女性はEDやED治療薬についての知識がとぼしいというせいもあって、途方に暮れるばかりというケースが多いのですが、それだけに男性の治療する気があるのかないのか分からない態度が女性をもっともイラつかせかつ不安にすると言ってよいでしょう。

男性のEDに対する「女性の心理」は?

いつからのEDかで変わる女性の心理

パートナーがEDかもしれない、そんな疑いをもったときの女性の心理は、お互いの関係の「どの段階で発症したか」によって異なります。 ・新婚初夜での「合体」に失敗、その後も未遂の状態が続いている ― 新婚ED ・子作りを志してから、チャンス日に限って勃起が不調になる ― 排卵日ED。 ・出産後セックスを再開しようと思ったら、夫がED気味 ― 出産立会いEDなど ・仕事で帰りが遅く疲れているみたいで ― ストレスによる心因性ED ・40代になってから夫からの誘いがなくなった ― 妻とだけEDなど ・30~50代になって何回かの「中折れ」があってからセックスレス気味 ― 中折れED

もっとも不安が大きいのが新婚ED

1の結婚後、あるいは付き合いはじめてから一度も合体に成功していないというのは非常に深刻な事態で、男性が対策に消極的であいまいな態度を取っていると女性の不安や不信感がつのって、お互いの関係が破局にいたることもあります。 2の排卵日EDは、ふだんは勃起するのですから妻にもその原因が「予定日セックス」のプレッシャーにあることは気が付くはずです。どうすればプレッシャーを与えないかと妻が工夫するほどプレッシャーが強くなったりするのが難しいところですが、話し合ってED治療薬の使用にふみきるのがもっともシンプルかつ効果的です。 3~5は妻には夫がセックスに消極的になった理由が分らず、EDなのか他に女性ができたのかなど、いろいろ悩み疑心暗鬼にもなります。EDだとしたら治療してほしいし、そのための協力もしようと思うのですが、なかなか言い出せないし聞くのが怖いという気持ちもあります。

このままセックスレス?と不安になるのが中年からの中折れED

6の何回か中折れがあってからセックスレス気味で、妻は夫がEDではないかと心配しているというのは、もっとも多いケースだと考えられます。このままセックスレスになってしまうのか、夫はどう思っているのか、などやはり妻はいろいろ悩まないわけにはいきません。 このようなEDを疑われるパートナーにたいする女性の心理の中心には、性的な欲求不満より、コミュニケーションの不足とそれを放置する男性への不満や不信があります。2012年に行われたED治療薬シアリスの製薬メーカーのアンケートでも、EDを疑われる夫を持つ妻の32.9%が「夫のことが理解できなくなり、真剣に離婚を考えたことがある」と答えています。 女性はEDやED治療薬についての知識がとぼしいというせいもあって、途方に暮れるばかりというケースが多いのですが、それだけに男性の治療する気があるのかないのか分からない態度が女性をもっともイラつかせかつ不安にすると言ってよいでしょう。