男性更年期障害と言われる40代のEDとうつ病とは? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/01/11

更年期障害というと閉経前後の女性の病気が思い浮かびますが、最近は男性更年期という概念も一般化してきました。男性も40代から50代にかけて男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少してきます。また、この年代の男性は会社でも家庭でも責任が重くなりストレスも大きくなります。
このように身体に老化のきざしが現れ始めたころに心に大きなストレスが加わると、テストステロンの分泌は大きく低下し、男性更年期といわれるさまざまな心身の不調を生む原因になります。

減少したテストステロンを増やすには男性ホルモン剤の投与が検討できます。

男性更年期障害の典型的な精神症状は、性欲の低下、競争心・闘争心の低下、好奇心の低下、気分の落ちこみなどです。これはテストステロンの低下がそもそもの原因ですが、こういう精神状態がさらにテストステロンの分泌を低下させるので、この悪循環のループにはまると、テストステロンの血中濃度は年齢平均の数分の1にまで低下することもあります。

そういう時に発症することが多いのがED(勃起不全)とうつ病です。この2つの病気もお互いがお互いの原因になって症状が悪化する性質があります。

2014年の米国内分泌学会で、糖尿病の男性患者でテストステロンの分泌が低値の患者は正常値の患者よりも動脈硬化を発症するリスクが高いという研究が発表されました。これは糖尿病の患者に限らず、テストステロンは血管の若さを保つ役割もしているホルモンだと言われています。

40代になると、テストステロン値だけでなく、血圧・血糖値・血中コレステロール値などの生活習慣病の指標になる数値にも「異常値」がでてきます。これらはすべて血管の老化すなわち動脈硬化を進行させる要因なので、この年代の男性には多かれ少なかれ動脈硬化の兆候が現れ始めます。

EDにはこの血管の老化現象が大きく関係しています。まだ心筋梗塞や脳梗塞などの発作を起こすほど動脈硬化が進行していなくてもEDの原因にはなりえます。というのはペニスに血液を送る陰茎海綿体動脈は心臓の冠状動脈や脳の動脈に比べるとずっと細いからです。事実、心筋梗塞などの心血管系のイベントを起こした患者を調べてみると、発作の数年前にEDを発症していることが多いのです。

このようなストレス、男性ホルモンの低下、血管の老化など複数の要因が重なっておきる40代のEDには、バイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬が効果を発揮します。まだED治療薬を飲んだことのない人にはなかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、病院に行けば初診でも数分間の問診だけで処方してもらえる安全な薬です。

男性更年期障害の治療はまずED治療薬やジェネリック薬で「男の自信」を回復することが、テストステロンの分泌も増加させる要因になります。

ED治療薬はこちらからご確認ください>>

男性更年期障害と言われる40代のEDとうつ病とは?

更年期障害というと閉経前後の女性の病気が思い浮かびますが、最近は男性更年期という概念も一般化してきました。男性も40代から50代にかけて男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少してきます。また、この年代の男性は会社でも家庭でも責任が重くなりストレスも大きくなります。 このように身体に老化のきざしが現れ始めたころに心に大きなストレスが加わると、テストステロンの分泌は大きく低下し、男性更年期といわれるさまざまな心身の不調を生む原因になります。 減少したテストステロンを増やすには男性ホルモン剤の投与が検討できます。 男性更年期障害の典型的な精神症状は、性欲の低下、競争心・闘争心の低下、好奇心の低下、気分の落ちこみなどです。これはテストステロンの低下がそもそもの原因ですが、こういう精神状態がさらにテストステロンの分泌を低下させるので、この悪循環のループにはまると、テストステロンの血中濃度は年齢平均の数分の1にまで低下することもあります。 そういう時に発症することが多いのがED(勃起不全)とうつ病です。この2つの病気もお互いがお互いの原因になって症状が悪化する性質があります。 2014年の米国内分泌学会で、糖尿病の男性患者でテストステロンの分泌が低値の患者は正常値の患者よりも動脈硬化を発症するリスクが高いという研究が発表されました。これは糖尿病の患者に限らず、テストステロンは血管の若さを保つ役割もしているホルモンだと言われています。 40代になると、テストステロン値だけでなく、血圧・血糖値・血中コレステロール値などの生活習慣病の指標になる数値にも「異常値」がでてきます。これらはすべて血管の老化すなわち動脈硬化を進行させる要因なので、この年代の男性には多かれ少なかれ動脈硬化の兆候が現れ始めます。 EDにはこの血管の老化現象が大きく関係しています。まだ心筋梗塞や脳梗塞などの発作を起こすほど動脈硬化が進行していなくてもEDの原因にはなりえます。というのはペニスに血液を送る陰茎海綿体動脈は心臓の冠状動脈や脳の動脈に比べるとずっと細いからです。事実、心筋梗塞などの心血管系のイベントを起こした患者を調べてみると、発作の数年前にEDを発症していることが多いのです。 このようなストレス、男性ホルモンの低下、血管の老化など複数の要因が重なっておきる40代のEDには、バイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬が効果を発揮します。まだED治療薬を飲んだことのない人にはなかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、病院に行けば初診でも数分間の問診だけで処方してもらえる安全な薬です。 男性更年期障害の治療はまずED治療薬やジェネリック薬で「男の自信」を回復することが、テストステロンの分泌も増加させる要因になります。 ED治療薬はこちらからご確認ください>>