睡眠時無呼吸症候群とEDの関係 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/10

睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気は、ここ数年マスコミでよく取り上げられたせいもあり、だいぶ認知度が上がったようです。そう、中高年の肥満気味の男性に多い、睡眠中に一時的な呼吸停止をくり返す症状です。

大きなイビキをかいていたかと思うと急に10秒以上も呼吸が停止し、また激しいイビキと共に呼吸が復活します。これは太っているために睡眠中に舌がのどや上気道がふさいでしまうことによって起きます。本人は気づかないのですが、睡眠の質を低下させて居眠り運転などの原因になるばかりでなく、突然死をまねくこともあります。

このSASとEDの関係について、欧米での研究報告がいくつかあります。その1つによるとED患者の約43%にSASの患者がいたといいます。「いや、63%いた」という研究もあるそうです。ただし、それがただちにEDとSASに何か直接の因果関係があるという証明にはなりません。

というより、中高年男性にED気味の人が多くなるのは当然です。また「中高年男性・肥満」というとすぐに思い浮かぶのは「メタボリックシンドローム」ですが、これはSASだけでなく、EDの大きなリスク要因でもあります。

しかし、SASによって睡眠の質が悪くなることがEDの原因になることは考えられます。SASはマウスピースなどで睡眠中の気道を確保して治療することができます。EDも怖いけど、居眠り運転や突然死はもっと怖いので、SASは早期の治療が必要です。本人は気づかないことが多い病気なので、家族が注意してあげることも大切です。

睡眠時無呼吸症候群とEDの関係

睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気は、ここ数年マスコミでよく取り上げられたせいもあり、だいぶ認知度が上がったようです。そう、中高年の肥満気味の男性に多い、睡眠中に一時的な呼吸停止をくり返す症状です。 大きなイビキをかいていたかと思うと急に10秒以上も呼吸が停止し、また激しいイビキと共に呼吸が復活します。これは太っているために睡眠中に舌がのどや上気道がふさいでしまうことによって起きます。本人は気づかないのですが、睡眠の質を低下させて居眠り運転などの原因になるばかりでなく、突然死をまねくこともあります。 このSASとEDの関係について、欧米での研究報告がいくつかあります。その1つによるとED患者の約43%にSASの患者がいたといいます。「いや、63%いた」という研究もあるそうです。ただし、それがただちにEDとSASに何か直接の因果関係があるという証明にはなりません。 というより、中高年男性にED気味の人が多くなるのは当然です。また「中高年男性・肥満」というとすぐに思い浮かぶのは「メタボリックシンドローム」ですが、これはSASだけでなく、EDの大きなリスク要因でもあります。 しかし、SASによって睡眠の質が悪くなることがEDの原因になることは考えられます。SASはマウスピースなどで睡眠中の気道を確保して治療することができます。EDも怖いけど、居眠り運転や突然死はもっと怖いので、SASは早期の治療が必要です。本人は気づかないことが多い病気なので、家族が注意してあげることも大切です。