群発頭痛の症状と治療薬 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/13

群発頭痛とは?

群発頭痛は、非常に激しい痛みがある慢性頭痛です。偏頭痛が女性に多いのに対して群発頭痛は男性に多く(女性の4~5倍)、1000人に1人くらいの割合でこの病気にかかります。病気の原因ははっきりわかっていませんが、患者は20~40代の働き盛りに多いのが特徴です。

群発頭痛の発作は半年から2年に1回程度起こります。一度発作が起こると1~2か月持続し、それを群発期といいます。群発期には夜中の決まった時間に毎日痛みの発作が出るのが群発頭痛の特徴です。また、群発期は春先や秋口などの季節の変わり目に始まることが多いといわれます。

群発頭痛の症状と原因は?

群発頭痛は、左右どちらかの目の奥に激しい痛みが生じ、痛みが15分から長い人では3時間程度続きます。痛みは、じっとしていられないくらい強く、部屋を歩きまわる人もいるといわれます。偏頭痛がじっとしていないと痛みが増すのと対照的です。

痛みが起きた方の目が充血したり、涙が出ることがあります。その他に人によって、鼻水、鼻づまり、顔と額の発汗、まぶたのむくみなどの症状が出ます。

群発頭痛の痛みは偏頭痛と同様に三叉神経の周りの血管拡張によって起きると考えられていますが、なぜそれが一定の人に慢性症状として現れるかは分かっていません。決まった時間に発作が起きるので、脳の体内時計に関係しているとする説や、男性ホルモンに関係しているとする説、三叉神経に潜伏するウィルスが関与しているのではないかとする説などがあります。

群発頭痛の治療は?

群発頭痛は痛みが激しく、患者のQOL(生活の質)に大きな影響を与えるので、治療には経験の豊富な「頭痛外来」の医師の診断を受けることが望まれます。

発作の予防には、神経細胞膜を安定する作用のあるベラパミル塩酸塩(ワソラン錠)や、大脳皮質の過敏性を抑えるバルプロ酸ナトリウム(デパケン錠)などが処方されます。

発作時の痛みを抑えるにはスマトリプタンが有効で、内服薬の他に糖尿病のインスリンのように自分で注射するタイプのものやスマトリプタン点鼻剤があります。酸素カプセルを用意して発作時に吸引するのも、痛みを和らげる効果があります。

群発期には痛みを誘発しないように、お酒をひかえて、睡眠をたっぷりとる、規則正しい生活が望まれます。また群発頭痛は喫煙者に多いことが分っているので、発症した人はとくに禁煙することが治療の条件になります。

「市販薬」と薬物乱用頭痛のリスク

偏頭痛は、痛みが出だしたらなるべく早く鎮痛剤を飲むのが正しい対応ですが、痛みへの恐怖から予防的に頭痛薬をひんぱんに飲んでいると、薬が効かなくなるだけでなく、発作の回数そのものを増やしてしまうことがあります。それが「薬物乱用頭痛」です。

偏頭痛や群発頭痛のきつい痛みが始まってから服用しても素早く効果があるお薬がスマトリプタン薬で、市販薬より効果が確実なため、「乱用のリスク」が低くなるとされています。スマトリプタン薬は拡張した血管を収縮させ、神経の炎症をしずめる作用で効果的に偏頭痛の頭痛発作を沈めます。

群発頭痛の症状と治療薬

群発頭痛とは?

群発頭痛は、非常に激しい痛みがある慢性頭痛です。偏頭痛が女性に多いのに対して群発頭痛は男性に多く(女性の4~5倍)、1000人に1人くらいの割合でこの病気にかかります。病気の原因ははっきりわかっていませんが、患者は20~40代の働き盛りに多いのが特徴です。 群発頭痛の発作は半年から2年に1回程度起こります。一度発作が起こると1~2か月持続し、それを群発期といいます。群発期には夜中の決まった時間に毎日痛みの発作が出るのが群発頭痛の特徴です。また、群発期は春先や秋口などの季節の変わり目に始まることが多いといわれます。

群発頭痛の症状と原因は?

群発頭痛は、左右どちらかの目の奥に激しい痛みが生じ、痛みが15分から長い人では3時間程度続きます。痛みは、じっとしていられないくらい強く、部屋を歩きまわる人もいるといわれます。偏頭痛がじっとしていないと痛みが増すのと対照的です。 痛みが起きた方の目が充血したり、涙が出ることがあります。その他に人によって、鼻水、鼻づまり、顔と額の発汗、まぶたのむくみなどの症状が出ます。 群発頭痛の痛みは偏頭痛と同様に三叉神経の周りの血管拡張によって起きると考えられていますが、なぜそれが一定の人に慢性症状として現れるかは分かっていません。決まった時間に発作が起きるので、脳の体内時計に関係しているとする説や、男性ホルモンに関係しているとする説、三叉神経に潜伏するウィルスが関与しているのではないかとする説などがあります。

群発頭痛の治療は?

群発頭痛は痛みが激しく、患者のQOL(生活の質)に大きな影響を与えるので、治療には経験の豊富な「頭痛外来」の医師の診断を受けることが望まれます。 発作の予防には、神経細胞膜を安定する作用のあるベラパミル塩酸塩(ワソラン錠)や、大脳皮質の過敏性を抑えるバルプロ酸ナトリウム(デパケン錠)などが処方されます。 発作時の痛みを抑えるにはスマトリプタンが有効で、内服薬の他に糖尿病のインスリンのように自分で注射するタイプのものやスマトリプタン点鼻剤があります。酸素カプセルを用意して発作時に吸引するのも、痛みを和らげる効果があります。 群発期には痛みを誘発しないように、お酒をひかえて、睡眠をたっぷりとる、規則正しい生活が望まれます。また群発頭痛は喫煙者に多いことが分っているので、発症した人はとくに禁煙することが治療の条件になります。

「市販薬」と薬物乱用頭痛のリスク

偏頭痛は、痛みが出だしたらなるべく早く鎮痛剤を飲むのが正しい対応ですが、痛みへの恐怖から予防的に頭痛薬をひんぱんに飲んでいると、薬が効かなくなるだけでなく、発作の回数そのものを増やしてしまうことがあります。それが「薬物乱用頭痛」です。 偏頭痛や群発頭痛のきつい痛みが始まってから服用しても素早く効果があるお薬がスマトリプタン薬で、市販薬より効果が確実なため、「乱用のリスク」が低くなるとされています。スマトリプタン薬は拡張した血管を収縮させ、神経の炎症をしずめる作用で効果的に偏頭痛の頭痛発作を沈めます。