股間のアンチエイジングをご存じですか? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/24

男のアンチエイジングは股間にあり

女性のアンチエイジングというとお肌の張りやつやのことですが、男性の場合は何でしょう。最近は「コスメ男子」も増えたそうですが、やはりいつまでも若い男性といえば、股間の勢い(硬度・角度)が衰えない男ではないでしょうか。

股間に勢いがなくなると身体全体の老化も早く進みます。股間の卒業とリタイア、つまりペニスを小便だけの道具にしてしまうのは、身体だけでなく心の老化も促進します。

股間のアンチエイジングで肝心なことは2つあります。それは、「使い続ける」ことと「血管の若さを保つ」ことです。

ペニスは使い続けることで長持ちするお道具です

「生涯に発射できる精子は4斗4升。それで打ち止め」というのは俗説で、発射し続けることで生産能力を長く維持することができます。もったいないからと撃ち惜しんでいるほうが、弾切れが早く来るのです。

また、毎日硬く勃起させることで勃起能力も維持されます。これは意識しなくても男性は睡眠中に何度か勃起をくり返す生理作用があるので自然にトレーニングができます。朝立ちもこの夜間勃起の1つです。

しかし、前立腺肥大の手術をした後は神経の温存手術をしても1~2年は朝立ちもなくなります。放置すると陰茎の海綿体が線維化して勃起能力が損なわれるので、手術後に「陰茎リハビリテーション」ということをします。ED治療薬などを使って勃起させつつ、自然の勃起力の回復を待つのです。

手術後でなくても最近朝立ちが弱くなったと感じたら自主トレが必要です。場合によってはセックスする予定がなくてもED治療薬を服用して、力強い朝立ちの復活を確認しておくのが得策です。それがリハビリにもなり、血管機能に重大な問題がないことの証にもなります。

血管の若さが股間の若さです

使い続けることと同時に、血管の若さを保つ、つまり動脈硬化を進行させないことが重要です。ペニスの硬さの不足や中折れなどの「軽いED症状」の原因は男性の多くが思っているようなストレスだけでなく、ペニスの海綿体に血液を送り込む細い動脈に動脈硬化が現れ始めているケースが多いのです。

動脈硬化は進行すると心筋梗塞や脳梗塞などを起こす怖い病気ですが、それは太い血管にまで動脈硬化の影響が現れてからで、その前に症状が出てくるのが「股間」です。事実、心筋梗塞などの発作を起こした患者を調査したところ、発作の数年前からEDの症状があった人が非常に多かったといいます。

股間のアンチエイジングを心がけていれば、このような生命に関わる重大な病気の予兆も早く察知することができます。

股間のアンチエイジングをご存じですか?

男のアンチエイジングは股間にあり

女性のアンチエイジングというとお肌の張りやつやのことですが、男性の場合は何でしょう。最近は「コスメ男子」も増えたそうですが、やはりいつまでも若い男性といえば、股間の勢い(硬度・角度)が衰えない男ではないでしょうか。 股間に勢いがなくなると身体全体の老化も早く進みます。股間の卒業とリタイア、つまりペニスを小便だけの道具にしてしまうのは、身体だけでなく心の老化も促進します。 股間のアンチエイジングで肝心なことは2つあります。それは、「使い続ける」ことと「血管の若さを保つ」ことです。

ペニスは使い続けることで長持ちするお道具です

「生涯に発射できる精子は4斗4升。それで打ち止め」というのは俗説で、発射し続けることで生産能力を長く維持することができます。もったいないからと撃ち惜しんでいるほうが、弾切れが早く来るのです。 また、毎日硬く勃起させることで勃起能力も維持されます。これは意識しなくても男性は睡眠中に何度か勃起をくり返す生理作用があるので自然にトレーニングができます。朝立ちもこの夜間勃起の1つです。 しかし、前立腺肥大の手術をした後は神経の温存手術をしても1~2年は朝立ちもなくなります。放置すると陰茎の海綿体が線維化して勃起能力が損なわれるので、手術後に「陰茎リハビリテーション」ということをします。ED治療薬などを使って勃起させつつ、自然の勃起力の回復を待つのです。 手術後でなくても最近朝立ちが弱くなったと感じたら自主トレが必要です。場合によってはセックスする予定がなくてもED治療薬を服用して、力強い朝立ちの復活を確認しておくのが得策です。それがリハビリにもなり、血管機能に重大な問題がないことの証にもなります。

血管の若さが股間の若さです

使い続けることと同時に、血管の若さを保つ、つまり動脈硬化を進行させないことが重要です。ペニスの硬さの不足や中折れなどの「軽いED症状」の原因は男性の多くが思っているようなストレスだけでなく、ペニスの海綿体に血液を送り込む細い動脈に動脈硬化が現れ始めているケースが多いのです。 動脈硬化は進行すると心筋梗塞や脳梗塞などを起こす怖い病気ですが、それは太い血管にまで動脈硬化の影響が現れてからで、その前に症状が出てくるのが「股間」です。事実、心筋梗塞などの発作を起こした患者を調査したところ、発作の数年前からEDの症状があった人が非常に多かったといいます。 股間のアンチエイジングを心がけていれば、このような生命に関わる重大な病気の予兆も早く察知することができます。