記憶力や集中力の改善・脳の老化を防止するピラセタムとは | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/13

脳機能をアップするスマートドラッグとは?

近年の脳科学の目覚ましい発達とともに登場して、学生やビジネスマンの間で話題になっているのが、集中力や記憶力などの脳機能を高めるといわれる「スマート ドラッグ」です。

脳機能の性能は生まれつき決まっている、年齢とともに脳の機能が衰えるのは仕方がない、というのはもう昔の考え方です。

脳は鍛えれば、また正しくメンテナンスすれば、機能を高めることができます。また、高齢になっても機能を維持し続けることができます。

米国シリコンバレーでも愛用されるピラセタム

米国シリコンバレーと言えば、IT企業、スタートアップのメッカで、世界各国からプログラマー、ビジネスマンが集まる地域ですね。

そんなシリコンバレーでもピラセタムを含むスマドラの愛好家が多く、集中力、記憶力など脳の常に最高の状態にしてビジネスで勝ち抜く習慣が一般化しているようです。

普通のサラリーマンからすると、想像できないかもしれませんが、競争の激しいビジネス社会ではストレス、加齢などで脳機能が低下するということは致命傷なのでしょう。

スマートドラッグの元祖ピタセラムとは?

脳の機能を高めるといわれるのが「スマート(賢い)ドラッグ」です。20世紀に入ってから脳の認知機能の研究、いわゆる脳科学が急速に進歩しました。それにともなって脳の機能に関係する栄養素の研究や薬の開発がさかんになり、スマートドラッグといわれる製品も多くの種類が開発されるようになりました。

その元祖となったのが1960年代に開発された「ピタセラム」で、現在でももっとも使用されているスマートドラッグです。

副作用の少ない安全な薬なので、学習力や記憶力を高めるために学生が試験前に服用している他、仕事の効率を上げるためなどの目的でビジネスマンにも愛用されています。

ピタセラムの効果

ピタセラムはコリン作用性受容体といわれる、脳の信号を受け取って伝達するタンパク質の1種です。ピタセラムの脳機能向上効果には次のようなものがあります。

・脳細胞の酸素代謝、ブドウ糖代謝を向上させて、集中力を高める。
・ニューロンの情報伝達機能を活性化する。
・左右の大脳半球をつなぐ脳梁に作用して、右脳と左脳の情報交換を活性化する。
・NMDAグルタミン酸受容体に作用して、学習能力、記憶力を高める。
・脳のニューロンに加齢性色素がたまるのを防ぐ。
・脳の血管に血栓ができるのを防いで、アルツハイマー病や血管性痴呆症を予防する。
・てんかんなどにともなうけいれん発作を抑制する。

ピタセラムはどんな人が使っているのですか?

・シリコンバレーのビジネスマン、プログラマー
・効率よく、また集中して学習を継続しなければいけない受験生
・膨大なゼミの課題をこなさなければいけない大学生
・集中力と思考力が必要な仕事をこなしているビジネスマン
・最近忘れっぽくなったり、集中力が落ちてきたと感じている中年サラリーマン。
・定年退職後も脳機能を低下させずボケを予防したい高齢者

抗てんかん薬のご購入なら

記憶力や集中力の改善・脳の老化を防止するピラセタムとは

脳機能をアップするスマートドラッグとは?

近年の脳科学の目覚ましい発達とともに登場して、学生やビジネスマンの間で話題になっているのが、集中力や記憶力などの脳機能を高めるといわれる「スマート ドラッグ」です。 脳機能の性能は生まれつき決まっている、年齢とともに脳の機能が衰えるのは仕方がない、というのはもう昔の考え方です。 脳は鍛えれば、また正しくメンテナンスすれば、機能を高めることができます。また、高齢になっても機能を維持し続けることができます。

米国シリコンバレーでも愛用されるピラセタム

米国シリコンバレーと言えば、IT企業、スタートアップのメッカで、世界各国からプログラマー、ビジネスマンが集まる地域ですね。 そんなシリコンバレーでもピラセタムを含むスマドラの愛好家が多く、集中力、記憶力など脳の常に最高の状態にしてビジネスで勝ち抜く習慣が一般化しているようです。 普通のサラリーマンからすると、想像できないかもしれませんが、競争の激しいビジネス社会ではストレス、加齢などで脳機能が低下するということは致命傷なのでしょう。

スマートドラッグの元祖ピタセラムとは?

脳の機能を高めるといわれるのが「スマート(賢い)ドラッグ」です。20世紀に入ってから脳の認知機能の研究、いわゆる脳科学が急速に進歩しました。それにともなって脳の機能に関係する栄養素の研究や薬の開発がさかんになり、スマートドラッグといわれる製品も多くの種類が開発されるようになりました。 その元祖となったのが1960年代に開発された「ピタセラム」で、現在でももっとも使用されているスマートドラッグです。 副作用の少ない安全な薬なので、学習力や記憶力を高めるために学生が試験前に服用している他、仕事の効率を上げるためなどの目的でビジネスマンにも愛用されています。

ピタセラムの効果

ピタセラムはコリン作用性受容体といわれる、脳の信号を受け取って伝達するタンパク質の1種です。ピタセラムの脳機能向上効果には次のようなものがあります。 ・脳細胞の酸素代謝、ブドウ糖代謝を向上させて、集中力を高める。 ・ニューロンの情報伝達機能を活性化する。 ・左右の大脳半球をつなぐ脳梁に作用して、右脳と左脳の情報交換を活性化する。 ・NMDAグルタミン酸受容体に作用して、学習能力、記憶力を高める。 ・脳のニューロンに加齢性色素がたまるのを防ぐ。 ・脳の血管に血栓ができるのを防いで、アルツハイマー病や血管性痴呆症を予防する。 ・てんかんなどにともなうけいれん発作を抑制する。

ピタセラムはどんな人が使っているのですか?

・シリコンバレーのビジネスマン、プログラマー ・効率よく、また集中して学習を継続しなければいけない受験生 ・膨大なゼミの課題をこなさなければいけない大学生 ・集中力と思考力が必要な仕事をこなしているビジネスマン ・最近忘れっぽくなったり、集中力が落ちてきたと感じている中年サラリーマン。 ・定年退職後も脳機能を低下させずボケを予防したい高齢者