自律神経失調症はどうしたら改善しますか? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/14

 

自律神経とは

身体の働きだけでなく心の作用にも関係しているのが自律神経です。交感神経と副交感神経がバランスをとりながら働いている自律神経が失調すると、心身にさまざまな不具合が現れます。

暑いと汗が出る、驚くと心臓がドキドキする、寒いと鳥肌が立つ、寝ているときも呼吸をしている、ものを食べると消化液が分泌される、これらはすべて自律神経のはたらきです。

つまり頭で考えること以外の無意識の身体の作用はすべて自律神経が引き受けています。その場に応じて交感神経が優勢になったり、副交感神経が優勢になったりしながら適切な反応をするのが自律神経なのです。

自律神経は、自分の意思とは関係なく自主的に働く神経で、手足を曲げたり伸ばしたり、食べ物を噛んだりするなどの行動は、自分の意思によって動くことも止まることもできるのです。

しかし、運動している時の呼吸や鼓動、汗をかくなどの働きは無関係です。

自律神経は、体内の臓器・器官に相反する作用のある2つの神経のバランスで成り立っているのです。

 

交感神経と副交感神経の役割

交感神経は「戦いの神経」、副交感神経は「休息の神経」です。脳はアドレナリンやセロトニンなどの脳内ホルモンを出すことで自律神経をコントロールして、環境に応じた行動をとらせます。

獲物を捕らえるとか敵と戦うという「緊張した場面」では交感神経のはたらきが必要です。食事の後の休憩とか睡眠など「リラックスした場面」では副交感神経のはたらきが必要です。

自律神経失調症とは

自律神経をコントロールするホルモンのバランスがくずれたりすると、交感神経と副交感神経のバランスもくずれて、厚くもないのに汗がどっと出るなどのトンチンカンな反応が出るようになります。これが自律神経失調症です。

活動している時や運動時、睡眠時、リラックスしている時など、その時の状況に応じて自律神経が活動し、心拍・呼吸・発汗などをコントロールしてくれています。

激しい運動をしているわけでもないもの動悸がする、胃腸の状態が悪く便秘や下痢になる、重たい肩こりが続いているなど様々ある深いな症状は、自律神経が乱れている特徴のひとつです。

厄介なのは、本人にとって負担になっているにも関わらず医師による検査を受けても異常がみられないことです。

この病気は臓器自体の異常ではなく自律神経の働きが原因であることから、検査によって原因を明らかにできません。

しかし、自律神経は適したトレーニングや医師の指導により発症を遠ざけれるものなので、ストレスをためこまずに相談することが大切です。

治療薬としては抗不安薬や抗うつ剤が用いられることがあります。

どんなときに自律神経失調症が起きるのか

女性では閉経前後の更年期にホルモンバランスが大きく変化するので、自律神経失調症が起きやすくなります。生理前なども同じです。

将来への不安感や仕事上の悩み、人間関係のトラブル、病気に対する恐怖心など、さまざまなストレスが自律神経失調症の原因になります。うつ病などの精神障害も自律神経失調症の症状をともないます。

昼夜が逆転した生活など不規則な生活、お酒の飲みすぎなども原因の1つです。ストレス→脳疲労→ホルモンバランスの異常→自律神経失調という因果関係で症状が出るのが一般的です。

自律神経失調症の治療は?

薬物治療としては、「抗不安薬」「抗うつ薬」「睡眠誘導薬」を使用します。女性の更年期や月経前の自律神経失調症には「女性ホルモン剤」を使用します。

カウンセリングなどで心の傷や重荷を修復、改善することが症状の改善につながることもあります。

そのほかいわゆるストレス解消法といわれるものが効果を発揮する場合もあります。人によって、針灸、マッサージ、アロマテラピー、スポーツ、エクササイズなども効果があります。

自律神経失調症はどうしたら改善しますか?

 

自律神経とは

身体の働きだけでなく心の作用にも関係しているのが自律神経です。交感神経と副交感神経がバランスをとりながら働いている自律神経が失調すると、心身にさまざまな不具合が現れます。 暑いと汗が出る、驚くと心臓がドキドキする、寒いと鳥肌が立つ、寝ているときも呼吸をしている、ものを食べると消化液が分泌される、これらはすべて自律神経のはたらきです。 つまり頭で考えること以外の無意識の身体の作用はすべて自律神経が引き受けています。その場に応じて交感神経が優勢になったり、副交感神経が優勢になったりしながら適切な反応をするのが自律神経なのです。 自律神経は、自分の意思とは関係なく自主的に働く神経で、手足を曲げたり伸ばしたり、食べ物を噛んだりするなどの行動は、自分の意思によって動くことも止まることもできるのです。 しかし、運動している時の呼吸や鼓動、汗をかくなどの働きは無関係です。 自律神経は、体内の臓器・器官に相反する作用のある2つの神経のバランスで成り立っているのです。  

交感神経と副交感神経の役割

交感神経は「戦いの神経」、副交感神経は「休息の神経」です。脳はアドレナリンやセロトニンなどの脳内ホルモンを出すことで自律神経をコントロールして、環境に応じた行動をとらせます。 獲物を捕らえるとか敵と戦うという「緊張した場面」では交感神経のはたらきが必要です。食事の後の休憩とか睡眠など「リラックスした場面」では副交感神経のはたらきが必要です。

自律神経失調症とは

自律神経をコントロールするホルモンのバランスがくずれたりすると、交感神経と副交感神経のバランスもくずれて、厚くもないのに汗がどっと出るなどのトンチンカンな反応が出るようになります。これが自律神経失調症です。 活動している時や運動時、睡眠時、リラックスしている時など、その時の状況に応じて自律神経が活動し、心拍・呼吸・発汗などをコントロールしてくれています。 激しい運動をしているわけでもないもの動悸がする、胃腸の状態が悪く便秘や下痢になる、重たい肩こりが続いているなど様々ある深いな症状は、自律神経が乱れている特徴のひとつです。 厄介なのは、本人にとって負担になっているにも関わらず医師による検査を受けても異常がみられないことです。 この病気は臓器自体の異常ではなく自律神経の働きが原因であることから、検査によって原因を明らかにできません。 しかし、自律神経は適したトレーニングや医師の指導により発症を遠ざけれるものなので、ストレスをためこまずに相談することが大切です。 治療薬としては抗不安薬や抗うつ剤が用いられることがあります。

どんなときに自律神経失調症が起きるのか

女性では閉経前後の更年期にホルモンバランスが大きく変化するので、自律神経失調症が起きやすくなります。生理前なども同じです。 将来への不安感や仕事上の悩み、人間関係のトラブル、病気に対する恐怖心など、さまざまなストレスが自律神経失調症の原因になります。うつ病などの精神障害も自律神経失調症の症状をともないます。 昼夜が逆転した生活など不規則な生活、お酒の飲みすぎなども原因の1つです。ストレス→脳疲労→ホルモンバランスの異常→自律神経失調という因果関係で症状が出るのが一般的です。

自律神経失調症の治療は?

薬物治療としては、「抗不安薬」「抗うつ薬」「睡眠誘導薬」を使用します。女性の更年期や月経前の自律神経失調症には「女性ホルモン剤」を使用します。 カウンセリングなどで心の傷や重荷を修復、改善することが症状の改善につながることもあります。 そのほかいわゆるストレス解消法といわれるものが効果を発揮する場合もあります。人によって、針灸、マッサージ、アロマテラピー、スポーツ、エクササイズなども効果があります。