血圧を下げるには何ができる? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/24

日本人に高血圧が多いのはなぜ?

厚生労働省の調査によると、全国の高血圧の患者数は906万人でした。糖尿病の270万人、高脂血症の183万人と比べると、生活習慣病の中でも高血圧の患者が突出して多いことが分ります。

これに高血圧でも病院にかかっていない人や高血圧予備軍といわれる血圧が高めの人を加えると、40歳以上の日本人の半数が該当すると言われています。これほど患者の多い病気はほかにありませんが、そもそも人が高血圧になる原因は何なのでしょうか?

実はそれがよく分っていません。高血圧の人の約9割は、どういう訳か分らないけどとにかく血圧が高いのです。両親が高血圧だとかなりの確率(2分の1)で子どもも高血圧になります。しかし、高血圧を発症するきっかけは分らなくても、それを悪化させる要因は分っています。それは動脈硬化と塩分の摂りすぎです。

血管年齢を下げよう

高血圧は動脈硬化(血管の老化)を早める要因ですが、動脈硬化が進行することで血圧はさらに上がります。血管が柔らかくスムーズに収縮や拡張が行われることで、適正な血圧が維持できるからです。

血管年齢が高くなると、動脈硬化が進行すると同時に、まず男性に現れる症状が勃起力の低下、いわゆるEDで、ED治療薬で改善できます。これにはペニスの中折れも含まれ、40代あたりの男性でこの傾向が高まります。

では血管を柔らかく保つにはどうしたらよいのでしょうか。それには有酸素運動を継続して心肺能力、血管能力を高めるのがいちばんです。「なんだ、やっぱり運動か」などと言わないでください。

血管を血が通るためのただのパイプと思っていると運動の大切さがピンときません。血管は心臓や肺と同じように複雑な構造と機能を持っている臓器で、その機能は運動によって維持され、高まります。

1日30分間少し早足で歩くだけでも、半年一年と継続すると「血管年齢」は若返ります。心肺・血管能力だけでなく、足腰の筋肉や骨も鍛えられます。健康で長生きする条件がそろってくるのです。

肥満を予防しよう

そして忘れてはいけないのは、運動は肥満の予防にもなるということです。メタボリックシンドロームとは内臓肥満に高血圧、高血糖値、高脂血症が重なった状態ですが、メタボになると動脈硬化の進行が異常に早くなります。これらのリスク要因を1つも持っていない人に比べるとなんと36倍の速さで動脈硬化が進むといいます。

もちろん食生活に注意してカロリー制限、とくに糖分や炭水化物の摂りすぎに気をつけることも大切です。高血圧と食事の関係では塩分を控えるようにまず注意されますが、実はそのためにもっとも効果的なのは、「早食いのドカ食い」を止めることです。

ガッツリ系の食事は味付けの濃いものが多いし、量が多ければ食塩も多くなります。よく噛んでゆっくり食べれる人は、ものの味がよく分かるようになり、濃い味付けより薄味を好むようになります。

血圧を下げるには何ができる?

日本人に高血圧が多いのはなぜ?

厚生労働省の調査によると、全国の高血圧の患者数は906万人でした。糖尿病の270万人、高脂血症の183万人と比べると、生活習慣病の中でも高血圧の患者が突出して多いことが分ります。 これに高血圧でも病院にかかっていない人や高血圧予備軍といわれる血圧が高めの人を加えると、40歳以上の日本人の半数が該当すると言われています。これほど患者の多い病気はほかにありませんが、そもそも人が高血圧になる原因は何なのでしょうか? 実はそれがよく分っていません。高血圧の人の約9割は、どういう訳か分らないけどとにかく血圧が高いのです。両親が高血圧だとかなりの確率(2分の1)で子どもも高血圧になります。しかし、高血圧を発症するきっかけは分らなくても、それを悪化させる要因は分っています。それは動脈硬化と塩分の摂りすぎです。

血管年齢を下げよう

高血圧は動脈硬化(血管の老化)を早める要因ですが、動脈硬化が進行することで血圧はさらに上がります。血管が柔らかくスムーズに収縮や拡張が行われることで、適正な血圧が維持できるからです。 血管年齢が高くなると、動脈硬化が進行すると同時に、まず男性に現れる症状が勃起力の低下、いわゆるEDで、ED治療薬で改善できます。これにはペニスの中折れも含まれ、40代あたりの男性でこの傾向が高まります。 では血管を柔らかく保つにはどうしたらよいのでしょうか。それには有酸素運動を継続して心肺能力、血管能力を高めるのがいちばんです。「なんだ、やっぱり運動か」などと言わないでください。 血管を血が通るためのただのパイプと思っていると運動の大切さがピンときません。血管は心臓や肺と同じように複雑な構造と機能を持っている臓器で、その機能は運動によって維持され、高まります。 1日30分間少し早足で歩くだけでも、半年一年と継続すると「血管年齢」は若返ります。心肺・血管能力だけでなく、足腰の筋肉や骨も鍛えられます。健康で長生きする条件がそろってくるのです。

肥満を予防しよう

そして忘れてはいけないのは、運動は肥満の予防にもなるということです。メタボリックシンドロームとは内臓肥満に高血圧、高血糖値、高脂血症が重なった状態ですが、メタボになると動脈硬化の進行が異常に早くなります。これらのリスク要因を1つも持っていない人に比べるとなんと36倍の速さで動脈硬化が進むといいます。 もちろん食生活に注意してカロリー制限、とくに糖分や炭水化物の摂りすぎに気をつけることも大切です。高血圧と食事の関係では塩分を控えるようにまず注意されますが、実はそのためにもっとも効果的なのは、「早食いのドカ食い」を止めることです。 ガッツリ系の食事は味付けの濃いものが多いし、量が多ければ食塩も多くなります。よく噛んでゆっくり食べれる人は、ものの味がよく分かるようになり、濃い味付けより薄味を好むようになります。