院長先生に聞いた『EDと糖尿病』お悩みQ&A | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/15

Q1 糖尿病になるとEDになりやすいといわれるのは何故ですか?

A1 糖尿病は長い年月をかけて徐々に血管や末梢の神経を障害する病気です。進行すると目の網膜がおかされて失明するとか足の組織が壊死するなどのこわい合併症がでます。EDもその合併症のひとつで、ペニスに血液を送る陰茎海綿体動脈に糖尿病による動脈硬化の影響がでると、充分に勃起しないとか、勃起を維持できないなどのED症状がでてきます。

糖尿病になると40代の患者で40%、50代で50%、60代では60%にEDの症状が現れるといいます。ただし、糖尿病になるとED治療薬は効かないというのは誤解で、重い神経障害がでているような重症の糖尿病以外では効果を発揮します。60代で糖尿病の持病があるかといって、EDでもしょうがないとあきらめる必要はありません。

Q2 50代のバツイチ独身男性です。糖尿病の持病があり長いあいだセックスしていませんが、最近付き合う女性とセックスしたいという気持ちはあるのですが自信がありません。ED治療薬は効果があるでしょうか。

A2 糖尿病の人でも60~80%の人にED治療薬は効果を発揮します。不安でしたら1発勝負で彼女とのベッドインの前に初めて服用するのではなく、服用してマスターベーションをしてみるとか、何日か続けて服用してみて朝立ちのようすを見るなどの「事前準備」も可能です。ED治療薬の正式の処方にはない使い方ですが、身体に悪い影響を与えることはありません。

もしその女性との再婚話などが持ち上がったとしても、もちろん糖尿病だからといって再婚をあきらめる必要もありません。ED治療薬で性生活を復活させるのは糖尿病のコントロールにもむしろ良い影響が期待できます。

Q3 40代の夫に糖尿病の持病があります。そのせいかここ数年はセックスレスの状態です。糖尿病でもED治療薬は効果があるのでしょうか。

A3 糖尿病の治療と平行してED治療薬を服用することができます。また、糖尿病でも重大な合併症が出るほど病状が進行していない場合は、ED治療薬の効果をじゅうぶん期待できます。糖尿病だからといってあきらめてしまえばそれまでですが、EDの治療は性交の前に薬を飲むだけという簡単なものだけに早々にあきらめるのは人生の損失と言ってもよいでしょう。

最後に、ED治療薬は薬代が高いと思われている男性も多いでしょう。実際に先発薬と呼ばれるバイアグラ、レビトラ、シアリスはそうかもしれませんが、安価なジェネリック薬もありますので、継続使用しても経済的負担が大幅に低くなりました。